ikarugaブログ(いかるがぶろぐ)

山をこよなく愛するサイクリスト、ikarugaの自転車日記。山・峠・激坂が大好きな坂バカです。各地の激坂に挑む激坂ハンターもやっています。ロングライドイベント、ヒルクライムレースにも時々出ています。

モチベーションが上がらない・・・

唐突ですが、最近モチベーションが上がりません。

 

なぜかといいますと・・・

 

8月に注文したヘッドパーツのベアリングが4ヵ月経った今でも未だに届かない事

これが一番の原因です。

 

事の始まりは同じ8月。

長野の美ヶ原で走ったピークス ラウンド1 再現ライドをきっかけに、ヘッドパーツの錆が酷い状態というのが発覚し、ベアリングを替えることになり、その時はすぐさまショップに取り寄せを依頼しました。

依頼した後日、ライドの帰りなどにショップに訪れ、「まだ届きませんかねー」というような話をこれまで何度もしてきました。

ショップの人も、向こうの担当者へ何度も連絡はしているというが、音沙汰無しという状況。

そうして気がついたら、4ヶ月も経過していました・・・。

 

先月の11/9に雨沢峠へ行った際、摩耗した状態のベアリングを使い続けていたことが原因で、ヘッドパーツにとうとうガタが出るようになりました。

もちろん対処するために増し締めを実施。

結果としてガタは取れましたが、代わりにハンドリングの回転が渋くなるようになってしまいました。

ベアリングが摩耗しているので、ガタがなくて回転が渋くならないというベストな位置に調整するのはできなくなったため、11/9以降のライド(木曽川堤防140kmTTとすがもりらいど)では、実はハンドリングの回転が渋い状態で走っていました。

 

回転が渋いと、色々良くないことが起こります。

①カーブを曲がる時、ハンドルの回転に抵抗があるせいで不安定になる。特に下りカーブで車体を傾けると結構コワイ。

②手放し走行がかなり不安定になる。自分の漕ぎでフロントをコントロールすることができないため、簡単にバランスが崩れる。

③ダンシングでバイクを振る時、抵抗があるせいでロスとなり、いつもより疲れやすくなる。

以上の3点がこれまでの2回のライドで特に気になったこと。

 

ベアリングがいつ入るかというのは、まだよく分からないようだし、当分こんな状態が続きそうです・・・。

 

 

そしてもうひとつ、モチベーションが上がらない原因があります。

平日でも練習ができるように、部屋にローラーを常設したはいいが、仕事が忙しすぎて全く乗れていない。

帰宅は22:30とかが当たり前で、睡眠時間を削ってまでして乗りたくはないため(体調が第一優先主義)、結果として全然乗れない。

あまりに自転車に乗れていないため、感覚はどんどん失われ、今では雨沢も多分20分が切れないことでしょう。(1回全力でアタックすれば、感覚が戻ってきて本来の走りを取り戻すでしょうが・・・)

 

 

 

と、最近の悩みをブログに書き綴りました。

ベアリング問題、何か解決する方法は無いのかなー・・・・・・・・・(困)

すがもりライド

11/25(土)は新城市にある「つくで田舎レストランすがもり」へ行ってきました~。f:id:ikarugasan:20171127200541j:image

ここは今年の9~10月頃にも一度訪れており、その雰囲気の良さから再び料理を食べに来たいと思っていた場所です。

なので今回また行ってきました!(*^o^*)

 

朝は日が昇り始める6:30にスタート。

まだかなり冷え込む市街地を駆け抜けていつもの戸越峠~県道358~香嵐渓ルートを通ります。

 

最近は平日が仕事で忙しすぎるため、せっかく部屋に常設したローラーにも乗れず、ロードに対するモチベーションが下がりつつあります。

しばらくロードのことはすっかり忘れていて、いざ自転車にまたがるとかなり久しぶりに乗る感覚がありました。(もちろんいつもと変わらない1週間ぶりのライドなのですが。)

 

矢作川を渡った所。f:id:ikarugasan:20171127201000j:image青と赤の対比がキレイですね~♪

県道358を通って香嵐渓を目指します。

普通の乗用車1台が通れるようなかなり細い県道なので、路面が悪いところもあり、前日に降った雨のせいか一部の区間で水没してるところもありました(笑)

勾配10%級の名も無き短い峠を越えますが、バロックギヤのおかげでホントに楽々登れます。

激坂を登る度、交換して良かった・・・と感じる今日この頃です。

県道358が終わって香嵐渓の前の道(R153)に出ますが、紅葉シーズンも終わりかけなのか、強烈な車の渋滞は発生していませんでした。f:id:ikarugasan:20171127201024j:image

近くまでいくとやっぱり渋滞気味になってましたが、今回の渋滞レベルとしては大したこと無かったです。

茶色いセブンで軽く補給。

今回もなるべく短時間で補給は済ませ、走りながら食べる分を買ったらすぐさま出発します。

香嵐渓といえば、この場所。f:id:ikarugasan:20171127201041j:image色づきのピークは過ぎてる感じ。

香嵐渓の次は大多賀峠を目指しますが、途中でなかなかキレイなポイントがちらほら。f:id:ikarugasan:20171127201111j:image

小学校横を過ぎて大多賀峠がスタートしますが、今回はタイム計測しません。 

キレイな景色も撮りながらヒルクライムf:id:ikarugasan:20171127201131j:image

大多賀峠ゴール!f:id:ikarugasan:20171127201158j:imagef:id:ikarugasan:20171127201209j:image通り抜ける際に写真だけ撮り、ノンストップで先の道へと下ります。(止まると寒いので熱を持った状態ですぐに下る作戦です)

段戸湖を通過。f:id:ikarugasan:20171127201231j:image

県道33から県道365へ分岐します。f:id:ikarugasan:20171127201315j:image

ここから長い下りなのですが、道幅が狭く路面が悪いため足を回して熱を発することができず、かなり冷却されてしまいます。(この区間が寒くて一番辛かったなぁ・・・)

県道365の下りの途中でまたキレイな場所発見!f:id:ikarugasan:20171127201340j:image

県道365を全て下りきるとR420に出ます。

R420に出たら足助方面へと少し走り、左手に県道35が出てくるためそこを曲がります。f:id:ikarugasan:20171127201404j:image

県道35をしばらく進めば、今回の目的地「つくで田舎レストランすがもり」に到着します!f:id:ikarugasan:20171127200541j:imagef:id:ikarugasan:20171127201429j:imagef:id:ikarugasan:20171127201440j:image

早速店内に入って休みます。 

メニューはこちら。f:id:ikarugasan:20171127201500j:image

今回も鹿ハンバーグ(¥1,200)を注文。f:id:ikarugasan:20171127201513j:imageボリューム満点で疲れた体にはとてもありがたいです。
なんと、あとから柿チップスまでついてきました!f:id:ikarugasan:20171127201532j:image甘みがあってかなり美味です!

というわけで完食、ごちそうさまでした!

帰りは三河湖を通って県道で香嵐渓まで抜け、あとは来た道を帰るルートで走ります。

日没と思われる17:00までには帰宅したかったので、それなりに高負荷で走行。ちなみにレストランを走り出した時の時刻は12:50頃で、家までの距離は90km程度である。

三河湖の横の道(県道363)を走りますが、ここの紅葉は今がベストシーズンという感じで色鮮やかな葉が多く見れました。

・・・と、走っていると紅葉と愛車の写真を撮る見覚えのあるサイクリストを発見。

あっ、この方は・・・・・・・・・ぶるほんさん!!!f:id:ikarugasan:20171127201600j:imageまたお会いしましたね!!

というのも、1週間前に背割堤を走っている時、偶然お会いしているのです。

まさか2週連続で、しかも全く違う場所でお会いするとは。

・・・1週間前に「またどこかで会いましょう!」と言ったばかりなんですが(笑)(^_^;)

次はどこで会うことになるんでしょうかね!

別れを告げて、再スタート。

三河湖からは細い県道(337、362)を通って香嵐渓へ。

こんな感じの、パンチの効いた道です(笑)f:id:ikarugasan:20171127201703j:image
景色からして、だんだん近づいてきたかな?f:id:ikarugasan:20171127201724j:image

14:20頃、香嵐渓に到着。f:id:ikarugasan:20171127201750j:imageスゲー人です・・・(;´Д`)

それだけ人気があり、評価が高いってことなんですね~。f:id:ikarugasan:20171127201812j:image

乳酸処理のためにエナジージムを1本飲んだら、すぐさま走り出して朝来た細い県道を戻っていきます。

戸越峠に差し掛かる前に塩おにぎりを1個(走りながら)補給し、戸越を大腿四頭筋で踏み倒していきますが、ハムストリングスと違って四頭筋で踏むと信じられないくらいスイスイと登れてしまう。

正直これが楽しくて楽しくて・・・。

四頭筋でヒルクライムする度に思います。「こんなに山を早く登れるのか」と。

これがまさしく山を登っていて楽しいと感じられる瞬間ですね。

あと、どんどん心拍を上げていって、ラストで全ての力を近い果たしてスパートをかける!

これがヒルクライムでたまらなく好きなところです。

 

・・・おっと、ついついヒルクライムについて熱く語ってしまいました。

そんなこんなで、戸越をかなりの負荷で登ってクリア。

峠を下って、来た道を帰り、結局家に着いたのは17:30頃。

予定していた17:00には間に合わず、少しだけ日没の中を走ってしまいました。

 

【雑感】

最近ロングライドに凝っている。

なぜかというと、なまった体にはうってつけのトレーニングだからだ。

ヒルクライム、特に峠のTTのような短時間高強度のトレーニングは頻繁に負荷をかけていないと、すぐにその能力は衰えてしまう。(ように思う)

しかしロングライドのように長時間走り続ける持久力というのは、短時間高強度ほどすぐには衰えない。(と感じる)

つまり、なまった体にはロングライドが適しているのである。

本当は短時間高強度のヒルクライムがやりたいところだが、本来のパフォーマンスまで戻すには時間が毎回かかる。これまでの経験から、そんな気がする。

雨沢アタックも、久しぶりに行うとなんとか20分を切れたり、時には20分が切れないこともある。

毎週しっかり追い込んでないと、結果が出せない、ということです。

さあて冬のシーズン、どの能力を伸ばしていこうかな。

そして、どうやって練習していこうかな・・・。

ちなみに今年最大の目標、雨沢18分切りはもうほぼ諦めかけてます(^_^;)

 

おわり。

 

【記録】

走行距離・・・177.84
走行時間・・・8:17:50
平均速度・・・21.43
最高速度・・・61.54
平均ケイデンス・・・78
最大ケイデンス・・・144
平均パワー・・・93
最大パワー・・・295
平均心拍・・・148
最大心拍・・・188
累積標高・・・2706
最高標高・・・946
最大勾配・・・11

木曽川堤防で140kmTT!

11/19(日)、この日は木曽川堤防をひたすら爆走しました。f:id:ikarugasan:20171120062741j:imageこれは帰りに立ち寄った落合公園の写真ですけどね。

この日はものすごい寒さの日!f:id:ikarugasan:20171120063144j:imageまだ11月中旬なのに、真冬並みの寒さです。

寒い日のライドって辛いですよね。

しかしどれほど寒い日であっても、ずっと温かい状態を維持できる方法があるのです。

それはどんな方法なのかというと・・・ずっと走り続ければいいのです

ひたすらペダルを回し続け、熱をずーっと生み出し続ければいいんですよ。

補給は走りながら行えばOKです。

止まるのは、飲み物や食べる物がなくなって買い足す時、もしくはトイレの時だけ。

 

そして、最近補給が上達したこともあり、補給時間を最小限に抑えたら一体どれくらい早く走ることができるのか気になっていました。

家から犬山城まで北上し、ずっと木曽川堤防を走って木曽三川公園まで行く練習コースがあるのですが、このコースを往復するとちょうど140kmになります。

140km・・・最速で駆け抜けたら何時間で走りきれるんだろうか?

ふとそんな疑問が沸き起こり、今回140kmのタイムアタックをやってみることにしました!

目標タイムは6時間切り。片道2時間半くらいで走れれば充分達成可能なタイムである。

 

・・・という訳で、6:54家をスタート。

タイムを計測するということで、猛烈にとばしたくなりますが、そこまで高い負荷では走りません。

有酸素運動の限界点といわれる最大心拍の80%という負荷レベルを維持して常時エアロポジションで巡航します。

風向きにもよりますが、ほぼ無風の平坦ならばこれだけで30km/h付近で巡航が可能です。

途中、サークルK犬山桜海道一丁目店に立ち寄り、木曽川堤防で走りながら食べる補給食を調達。

食料調達とトイレを済ませたらすぐさま出発します。

ちなみに買ったのは果汁グミ、つぶあんぱん(5個入りのやつ)、ゆかりごはんです。

犬山城までたどり着き、ようやく木曽川堤防を走ります。

ここからは鬱陶しい信号ストップがほとんどなくなるため、快適に走り続けられます。

赤信号以外では絶対にペダルを止めることなく回し続け、馬飼大橋まで来ました。f:id:ikarugasan:20171120064453j:imageここを渡って背割堤を走り、折り返し地点のコンビニを目指します。

背割堤は序盤こそ向かい風だったものの、周りの木々がなくなる後半区間からは若干追い風となり、37km/hくらいで楽々巡航。

そして9:39頃、折り返し地点のサークルK愛西立田大橋店に到着。f:id:ikarugasan:20171120064506j:image

走行距離はちょうど70kmに達するか達しないかという数値です。f:id:ikarugasan:20171120064535j:image

6:54にスタートしたので、ここまでの70kmを2時間40分ほどで走りきったということになる。

とりあえず予想通りのタイムでひと安心。

あとは補給を最小限に済ませ、さっさと出発してタイム短縮を狙います。

ちなみにここでの具体的な補給内容としては、先ほどのコンビニで買ったゆかりごはん、果汁グミ。そして、ここのコンビニで買ったみかんゼリー、バナナ1本を補給しました。

コンビニでの補給は20分ほどで済ませ、10:00頃折り返し地点を出発!

再び背割堤を走りますが、いきなりキツい向かい風が襲いかかります。

85%くらいの心拍で踏んでも27km/hくらいしか出ない。

そんな中、前方に見覚えのあるローディーさんを発見。

この方は・・・ぶるほんさん!f:id:ikarugasan:20171121071630j:image

ぶるほんさんとは久しぶりにお会いするので、今日走るコースだとかブログの話とかで色々盛り上がります。

しばらく一緒に走らさせて頂きましたが、東海大橋あたりで先に行くことを伝え、再度負荷を上げて走り始めます。

またどこかでお会いしましょう!(*^o^*)/

背割堤を終えて木曽川堤防を走りますが、向かい風区間はまだ終わらないようで、30km/h付近を維持するために最大心拍の85%程度の負荷でしばらく走り続けます。

途中で走行距離が100kmを突破。

かかった時間は4時間1分くらい。

こんなに早く100kmを走ったのは今までに一度もない。

濃尾大橋を超えたあたりから、足がかなりヤバくなってきた。

ずっと高負荷で走り続けてきた代償である。

こういう時は補給食を食べて回復を試みます。

138タワーを超えてからは風向きが追い風へと変化。ラッキー!

しばらく堤防のサイクリングコースを走りますが、人が多いこと多いこと。f:id:ikarugasan:20171121072427j:image最初はマラソン大会でもあるのかな?と思っていましたが、この日は岐阜基地航空祭の日でした。

犬山城まで到達し、あとは南下して市街地を抜け、帰宅するのみ!

信号のストップ&ゴーをほぼインターバルトレーニングのように加速してとばしていく。

若干雨も降ってきたので、急いで帰らねば・・・(^_^;)

そして・・・ちょうど家の近くで140kmを達成!f:id:ikarugasan:20171122220023j:image

ゴールした時刻は12:39。スタート時刻は6:54。

ということはつまり、5時間45分で140kmを走りきったことになります!

目標としていた6時間切りも無事達成。

信号が少ない堤防道路だったというのもありますが、補給にかかる時間を大幅に削減することでこんなに早く140kmを走りきることができました。

サイコンの走行時間が5時間2分となっていたので、止まって休憩していた時間としてはざっと43分のみということになります。

これも補給方法を改善した結果ですね。

その他のデータとしてはこんな感じです。
平均速度は27.83km/hf:id:ikarugasan:20171122221309j:imageアベレージ30km/hを目指して走っていましたが、風向きが安定せず記録をあまり伸ばせませんでした。(風に頼っているようじゃマダマダ・・・??)

平均心拍は161bpmf:id:ikarugasan:20171122224400j:image161bpmというのは最大心拍のちょうど80%にあたる数値であり、この距離に対する平均心拍としてはかなり高い方です。レース強度といって過言ではありません(笑)

累積標高は400mf:id:ikarugasan:20171122221333j:imageほぼ平坦オンリーのコースでした。

それ以外の記録は↓を見て下さいm(_ _)m

 

それではさようならっ!

 

【今回の記録】

走行距離・・・140.07
走行時間・・・5:01:56
平均速度・・・27.83
最高速度・・・50.50
平均ケイデンス・・・88
最大ケイデンス・・・116
平均パワー・・・100
最大パワー・・・295
平均心拍・・・161
最大心拍・・・181
累積標高・・・400
最高標高・・・95
最大勾配・・・7
スタート時刻・・・6:54
ゴール時刻・・・12:39
タイム・・・5時間45分
100km地点の通過タイム・・・4時間1分

FG-540 ミノウラハイブリッドローラー 異音修理の話

これは今からちょうど1ヶ月前くらいの話。

普段から使用しているミノウラのFG-540ですが、最近異音修理をしました。f:id:ikarugasan:20171113193925j:image

このローラーを購入した日にちは2016年3月19日。

場所はカ〇ハギサイクル小牧本店で購入しました。(小牧本店って言ってる時点で隠せていないような?)

 

異音自体は2016年の12月頃から発生。

1~7段階の負荷装置が搭載されており、負荷3~7あたりで30km/h以上の速度で走行すると、負荷装置周辺からガラガラガラ!!!!!・・・という大きな金属音が鳴り始めたのが事の発端。

装置自体の負荷と人間側の負荷を上げると異音がするようで、装置の負荷レベルを1~2に下げ、速度も17~24km/hくらいにまで落とすと異音が消える、そんな事象です。

 

初めは低負荷でしかローラーは使わないから問題ないと判断していましたが、最近(大体今年の9月頃)自分の部屋の中にローラーを常設し、平日でも空いた時間に練習をするようになり、高負荷でローラーを回す機会が増えました。

そうなってくるとどうしても避けることのできない異音問題が出てくるわけです。

今回異音問題を解決するため、ミノウラへローラーを送り、修理に至りました。

 

10月の上旬頃、ミノウラのホームページから確認できる連絡先に電話をかけ、修理の相談。

イ「FG-540から異音がするんですけど・・・」

ミ「購入はいつごろですか?」

イ「だいたい2016年の10月くらいだったと思います(この時3月に購入していたことは完全に忘れていた(笑))」

ミ「それだと、初期不良の対象品である可能性があります」

イ「費用とかはどれくらいかかりますか?」

ミ「ローラーを送っていただいて、負荷装置を点検します。初期不良品であれば無償、対策品であれば請求書を入れて返却します。」

 

最後に名前と連絡先を伝え、ローラーの修理を依頼して電話終了。

 

・・・ちなみに、「イ」とか「ミ」とかはそれぞれイカルガ、ミノウラのことです(笑)

 

話を聞くとFG-540のハイブリッドローラーには初期不良品があり、負荷装置内部に熱に弱いマグネットを使っていることが原因で異音が発生するようです。

現在ではマグネットが交換された対策品しか出回っていませんが、2016年10月(もしくはそれ以前)の購入だと初期型の可能性があるんだそう。

初期不良品であれば無償修理、対策品であれば有料修理でした。どちらになるかはミノウラに送って中を見てもらわないと分からないですね。(ガラガラガラ!!!!・・・という金属音がしている時点でほぼ確定なんですが・・・(^_^;))

ちなみに送るのは三脚の方は不要で負荷装置の付いているローラー側だけでいいようです。もしあれば納品書も一緒に送って欲しいと言われたが、納品書はどこかへいってしまったので今回はローラーだけ送ることに。

 

10月16日にミノウラへ送り、5日後の21日にはミノウラからローラーが返ってきました!早い!f:id:ikarugasan:20171114074650j:image

ミノウラの封筒の中に、今回の修理の明細が記載されていました。f:id:ikarugasan:20171114075345j:image

私が使っていたローラーはやはり初期不良品だったようで、無償での修理でした!(*^o^*)

直ったかどうか確認するため、すぐにローラーと自転車をセッティングし、高負荷で回してみます。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・確かに異音がしなくなっている!!

完全に修理完了のようです。

これで安心してローラーを回せます!

さぁ、壊れるまで回すぞ~♪♪

 

〈今回のまとめ〉

FG-540 ミノウラハイブリッドローラー

・2016年10月以前に購入した物は初期不良品の可能性があり、熱に弱いマグネットが負荷装置に使われていることにより異音が発生することがある。

・2016年10月以降?に出回っている製品であれば対策品であり、異音がすることは無い(と思われる)。少なくとも今現在の時期の購入であれば全く問題無し。

・送るのは後ろのローラー部分だけでOK。あれば一緒に納品書も送ると良い。

・送って中を分解し、初期不良品であれば無償修理。既に対策された品であれば有料修理。

 

奈良県往復自走で355km初走破!

11/3(金)は奈良県まで往復自走し、355kmを走りました!!f:id:ikarugasan:20171105073204j:image

このライドの趣旨は昨年末に行ったチャレンジライド2017(内容としては奈良にある自転車乗りの聖地・まんま亭まで往復自走するというもの)のリベンジが目的。

以前このチャレンジライド2017を走った際は320km地点で無念のリタイアをしてしまったのですが、今回はその屈辱を晴らすが如く見事走りきり、リベンジを果たすことができました!

今回はそんな長い旅の話についてまとめようと思います。

 

ちなみに、聖地まんま亭は今年の2月にどうしてもやめざるを得ない事情により閉業してしまっているため(とてもザンネンです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`))再びカレーを食べに奈良へ行くというわけにはいきません。

普通に奈良へ行くだけではつまらないため、何か立ち寄る場所が無いかなぁと考えてみた結果、そういえば奈良にはプリンの森という有名なプリンのお店があったことを思い出し、今回はそのお店のプリンを食べに奈良まで行くことにします!!

情報によると、大仏プリンなる名物のプリンがあるとのこと。f:id:ikarugasan:20171109120247j:image

丼プリンを好んで食べるほどプリン好きの自分としては是非とも一度味見してみたいものですね。

 

(・・・しかし、悲しい結末が・・・・・・)

 

今回スーパーロングなコースを走るにあたり、色々準備をしてライドに挑みました。

走るにあたって使用した機材だとか走り方だとか検討したこととか色々紹介してみます。(一度こういうのやってみたかった(笑))

 

まずは〈使用機材〉について。f:id:ikarugasan:20171105115343j:imageフレーム:MERIDA RIDE4000

ホイール:フルクラム レーシング3

タイヤ:コンチネンタル グランプリ4000s2

チューブ:どっかのメーカーのブチルチューブ(基本ブチルしか使わない)

Fギヤ:50-34t(アウター:105、インナー:バロックギヤ)

Rギヤ:11-28t(105)

F・Rブレーキ:105

トピークのサドルバッグ(Mサイズ)装備

モンベル輪行袋装備

あとは普段から標準搭載している携帯ポンプ、ツール缶など

 

ハンドル周りはこちら。f:id:ikarugasan:20171105120035j:image

サイコン:シグマ ROX10.0

ライト:キャットアイ ボルト1600

バーテープ:スパカズ

 

ぱっと見でブルベ並の超ロングを走る装備にしてはやや軽装ですよね(笑)

前回との比較をすると、ホイールはレッドウィンドからレーシング3へ。

(参考に前回走った時の写真です)
f:id:ikarugasan:20171105124859j:image

50mmディープで走りの恩恵が得られるのは30km/h以降であり、平坦で30km/h巡航をすることが少ないブルベではディープリムの恩恵を得られにくいと考え、加速が少しでも楽になるようレーシング3にしました。ゼロ発進する時は少しでも軽い方が足への負担が減るというところも意識しています。

タイヤはGP4000s2。固めのタイヤとよく言われますが、振動吸収に優れたフレームのおかげで、路面からの衝撃をイナし、かなり快適に乗ることができます。個人的にRIDE4000のCF2カーボンフレームとレーシング3+GP4000s2の組み合わせは最高の組み合わせだと思ってます(笑)(レッドウィンドの場合、正直固すぎて空気圧をいつもより下げないとレーシング3のように快適に乗れません…)

ライトはボルト1600一本のみ。本来は2灯体制にすべきなんでしょうが、ボルト1600の200ルーメン15時間点灯があまりにも強力なため、350km程度走るのであればこれ1本で十分でした( ̄▽ ̄;)

サドルバッグは普段から装備していませんでしたが、食べ物を入れるための場所として今回装備してきてます。

輪行袋も緊急用として、今回装備です。

その他の装備については、いつもと何ら変わりありません。

 

次は〈走り方〉。

主にペース配分やペダリングの仕方についてですが、ペース配分としては常に最大心拍の65~75%を守って走行。この心拍域で走るのはブルベの基本ですね。

そしてペダリング面では、パワーの出る大腿四頭筋は一切使わず、持久筋のハムストリングスだけを使って走ります。正確には四頭筋を一切使わずハムだけでペダリングするのは不可能ですが(全ての筋肉はペダリング動作の過程で必ず動員される)、使う筋肉を意識することで他の筋肉への負担をある程度軽減することができます。

 

次に〈補給の仕方〉

補給はとにかく苦手で、その食べる遅さから長らく最大の課題となっていました。(食べるのが遅いのはおそらく生まれもったもの。今まで色々なことを試してきましたが、どうしても早く食べることが出来ない。)

特におにぎりといった固形物は飲み込むまでかなり時間がかかり、タイムロスの面が目立っていました。

今回はどうしたのかというと、コンビニでの補給はゼリーやバナナといったすぐに食べ終わることのできるものだけを食べ、走りながら補給をする分(おにぎり、カロリーメイト、あんぱんなど)を買ってポケットに備えておき、それを走りながらゆっくり食べることにしたのです。

走りながら補給するトレーニングは今年の4、5月あたりから始め、最初は胃が完全に燃え尽きてエネルギーに変換されなくなったり、消化不良を起こしたりして補給が上手くいかないことが多かったですが、最近ではその失敗した経験から大量の補給食を一気に投下しなければ胃への負担が減らせることに気づき、一定の間隔で補給食を走りながら少しずつ食べるようにしています。

今回はこの補給方法で長い距離をうまく走ることができました。(・・・313km地点までは)

食べる補給食の種類に関しては、コンビニですぐに食べるものはバナナ、フルーツゼリー、果汁グミ

走りながら食べるものはおにぎり(個人的にはもち麦入りおにぎり 枝豆と塩昆布、ゆかりおむすび、秋のきのこ五目がお気に入り)、カロリーメイト果汁グミ、つぶあんぱん。これらをよく食べてます。

飲み物は水一択。スポーツドリンクとかジュースはボトルには絶対に入れません。ボトルがベタついたり汚れがつきやすくなったり匂いがついたりするのが嫌という理由からです。水しか入れない場合、ボトルを洗うのが楽というメリットがありますが、ライド中は水だけだと栄養素が不足するので、補給食からしっかり摂取する必要があります。

 

次は〈服装〉。

ライド当日の日の気温はこんな感じ。f:id:ikarugasan:20171107072526j:image(奈良の方まで行っても春日井と気温はほとんど変わりませんでした)

服装としては、上はアンダーウェア・ 15℃用ジャージの2枚、下は10℃用のジャージ1枚。

上の方が温まりにくいので上のみアームウォーマーも装着しました。暑くても外して温度調節が可能ですしね。

あとは寒さを凌ぐウィンドブレーカーと言った具合です。

グローブは指先の無い夏用のものとすべて覆われた秋用のものの2枚持っていきました。

結果的には、朝はその寒さから秋用を使ってましたが、日が昇ってからと日が沈んでからは夏用のもので十分でした。夏用の指先が無いグローブの方が補給食を食べやすいですしね。

 

 

とりあえず紹介は以上になります。

次はいよいよライド当日の様子をまとめていきます!

 

朝は2:30起床の3:35スタート。前回は1:30起床の2:17スタートだったので、今回は1時間ほど遅くスタートしてます。

1時間ほどスタートを遅らせたのには少しでも睡眠時間を確保するという意味もありますが、補給方法を改善したことによって前回の時よりも早く帰ってこれる自信があったのであえて1時間遅らせました(笑)

 

5:01岐阜県突入。f:id:ikarugasan:20171107073759j:image

6:50頃、関ヶ原を通過中。

カロリーが切れる前にコンビニにちょくちょく立ち寄り、こまめに補給をしていきます。f:id:ikarugasan:20171107074018j:image

愛知県内の早朝よりも、関ヶ原の方がかなり寒かったなぁ・・・・・・。

8:00ちょうどには、琵琶湖到着。f:id:ikarugasan:20171107074411j:image

前回は7:00ちょうどに琵琶湖に着いていたので、この時点でピッタリ1時間遅れです。

来年3月に開催されるビワイチライド(イベント)のスタート地点、彦根ビューホテルの前を通り過ぎます~f:id:ikarugasan:20171107074730j:image

気温は14℃、走っている分にはかなり快適な気温です。f:id:ikarugasan:20171107074844j:image前回は年末だったこともあり、気温が1℃くらいしかなく、なおかつ吹雪だったので大変苦労しました(^_^;)

途中でコンビニ補給もしっかりと入れていきます。f:id:ikarugasan:20171107075103j:image食べるのはバナナ、そしてゼリー。主にフルーツ系。

さきほど電光掲示板で濃霧注意報?警報?が出ているのを見つけ、その情報通りなんだか霧が立ち込めてきました(; ・`д・´)f:id:ikarugasan:20171107075231j:image

ここで濃霧とは珍しいですね。こんな光景あまり見たことがありません。

8:56、セブンに到着。f:id:ikarugasan:20171107222743j:image

ここまでで約100km。f:id:ikarugasan:20171107222955j:image

スタート時刻は3:35だったので、5時間20分で約100kmを走破。正直メッチャいいペースです(笑)

やはり無駄に時間がかかっていた休憩時間を削ることで、大幅なタイム短縮につながったようですね。

今回も簡単に補給を終わらせ、再びスタート。

気温も天気も素晴らしい、完璧なライド日和♪f:id:ikarugasan:20171107223131j:image

いつもなら交通量の多い道ですが、今回はそこまで多くありませんでした。ラッキー。

長い道のりも、ひたすら低負荷でペダルを回し続ける。f:id:ikarugasan:20171107223240j:image

コンビニもちゃんと定期的に立ち寄ります。f:id:ikarugasan:20171107223624j:image

今まで補給というのは一度にたくさんのものを食べ、腹が減ったらまたたくさん食べるものだと思っていましたが、それは大きな間違い。

今までの自分はそればかりやっていて、そこへさらに追い討ちをかけるかの如く食べるのも遅かったため、すこぶる補給効率が悪かったです。

言ってみれば、補給がド下手だったわけですね。 

それが今回、大幅に改善されて物凄く効率的に走れている気がします!

ライドの最後はどれだけ早く家につけるかが楽しみですね。

さてさて、コンビニを出発して琵琶湖の湖岸道路を走って湖の南端を目指します。f:id:ikarugasan:20171108072113j:imagef:id:ikarugasan:20171108072507j:image

湖の南端にある瀬田唐橋。f:id:ikarugasan:20171108072535j:imagef:id:ikarugasan:20171108072639j:image

橋を渡って川の西側をさらに南下していきますよっとf:id:ikarugasan:20171108072924j:imageここらへんから京都っぽい雰囲気が出てくるのがいいですよね!!

そして11:18、和菓子のお店 茶丈藤村へ到着しました~f:id:ikarugasan:20171108073145j:imagef:id:ikarugasan:20171108073217j:image来るのはこれで4回目。1年に2回のペースで訪れています(笑)

走ってきてかなり暑くなっていたので白玉氷ぜんざいを頼みました。f:id:ikarugasan:20171108073547j:image

今日は昼間は気温が高いので冷たいものでも問題なく食べられます。

100km以上走って来店したので、今回もサービスのお菓子が登場。f:id:ikarugasan:20171108073747j:image出てくるお菓子は毎回変わるようで、今回はういろうでした!

味も美味しいし、腹持ちも良さげな食べ物なので大満足です(笑)

食べ終わると外で記念撮影があり、愛車と一緒にお店の方が撮ってくれます(*^o^*)bf:id:ikarugasan:20171108073951j:image

ボトルの水も満タンにしてもらい、色々おもてなしをしてもらったら奈良を目指して出発です。f:id:ikarugasan:20171108074311j:image

山を越え、谷を越え・・・f:id:ikarugasan:20171108074345j:image

12:37、京都に突入ー!!f:id:ikarugasan:20171109124158j:image

途中でイカした銅像を発見・・・(笑)f:id:ikarugasan:20171108074803j:image

時刻は13:25、ただいま峠をいくつか越えている最中です。f:id:ikarugasan:20171108115029j:image

この時間帯ともなると気温が日中のピークに達し、かなり暑いのでアームウォーマーを外して走ります。

以前来た時は雹のようなものがたくさん降ってきた場所。f:id:ikarugasan:20171108115101j:image

今でも鮮明に覚えています。当時の写真を参考に貼っときます・・・( ̄▽ ̄;)f:id:ikarugasan:20171108222926j:image

ここの峠だけ12~13%くらいの坂が結構続きました。激坂が楽になるバロックギアが無いとやってられません・・・。

峠を超えて14:13、京都の加茂駅近くのローソンに到着。

ここまでの走行距離は182km。f:id:ikarugasan:20171108222553j:image

奈良まではあと少しです。足の方は温存に徹してきたおかげで正直まだまだ余裕があります。(心配なのはどちらかというと内蔵系だったりする・・・・・・)

住宅街のようなところを抜けて、ようやく奈良県に突入。f:id:ikarugasan:20171109181723j:image

そして14:52、ついにお目当てのプリンの森へと到着しました!!f:id:ikarugasan:20171109182025j:image

 

・・・・・・・・・が・・・・・・・・・・・・

 

なんちゅー行列!!!(;´Д`)f:id:ikarugasan:20171109181813j:image

有名なお店とは聞いてましたが、まさかここまで行列ができる場所だったとは・・・。

さすがに並んでまでプリンを食べる気にはならなかったので、せっかく奈良まで来ましたが、プリンは諦めます・・・( ´•̥ω•̥`)

でもせっかく奈良まで来たので、コンビニでいつものプリンを買って食べることにします(^_^;)f:id:ikarugasan:20171109182730j:image結局どこでも食べられるプリンっていう・・・(笑)

mixiに「せっかく奈良まで来たのに行列でプリン食べられなかったー」という悲劇のつぶやきを投稿していると、ある方から他にもプリンの森のプリンが買える場所があるという情報を教えてくれました!!

さっそく店舗を調べてみると、確かにいくつか買える場所があるみたい!

せっかくここまで来たのだからプリンの森のプリンを食べて帰りたいということで、帰り道の途中にある東大寺近くの店舗へ行くことに。

だがしかし。こちらも凄い人・・・((((;゚Д゚))))f:id:ikarugasan:20171109183304j:imageプリンの森はこの人混みを少し行った先にあります。

・・・・・・絶対無理ですね(^_^;)

プリンの森のプリンを食べるという夢はもう諦めます・・・。

奈良公園。鹿がいっぱい~(*^_^*)f:id:ikarugasan:20171110074040j:imagef:id:ikarugasan:20171110074124j:imagef:id:ikarugasan:20171110074214j:image

人が多かったのは、もしかしたら紅葉シーズン&3連休の最初の日だったことが原因かも。f:id:ikarugasan:20171110074155j:imageこのように、葉っぱがキレイに色づいてましたので。

そして、聖地まんま亭の今。閉業したあと、お店は今どんな状態になっているのかがずっと気になっていたので、直接行ってみることにしました。

・・・・・!!!f:id:ikarugasan:20171110074556j:image

かつての賑わいはどこへ行ってしまったのか、売物件の看板がポツンと置かれただけの状態になっていました。f:id:ikarugasan:20171110075038j:image

閉業しているのだから、当然といえば当然ですが・・・これはあまりにも寂しいです。゚(゚´ω`゚)゚。

よく見ると、カレー高畑まんま亭の文字は残ったままになっていました。f:id:ikarugasan:20171110074950j:image

思い出を忘れないよう、昨年末に行った時の写真を貼っておきます・・・!f:id:ikarugasan:20171110075307j:imagef:id:ikarugasan:20171110075413j:imagef:id:ikarugasan:20171110075609j:imagef:id:ikarugasan:20171110081520j:imagef:id:ikarugasan:20171110075710j:imagef:id:ikarugasan:20171110075740j:imagef:id:ikarugasan:20171110081411j:imageまんま亭よ、永遠なれ!!

 

さてさて、時刻は15:42。

奈良での用事はすべて済ませたので、これから約150km先にある家を目指して、帰路を走ります!!

帰り道は三重のR1に出るまで峠が多め。

200km以上走った足で、ひたすらアップダウンをこなします(^_^;)

途中で日も沈み、ボルト1600が峠道を明るく照らしてくれます。
長い峠を下って17:57、三重の伊賀へ到着。f:id:ikarugasan:20171110081642j:image

コンビニに寄って簡単な補給と走りながら食べる分を買っておく。f:id:ikarugasan:20171110131111j:image

この時点で時刻は18:18、距離は236kmです。f:id:ikarugasan:20171110131216j:image

休んだら出発。

ここからはR25(非名阪と呼ばれている方)を進み、R1に出るまでひたすら人気の無い真っ暗闇の道を走ります。

前来た時は何か出るんじゃないかってくらい不気味な道で、かなり怖い印象がありましたが、今回久しぶりに来てみても、やっぱりちょっと怖かったです(;´Д`)

ちょっと登って長ーい下りとなっていますが、下りの方は舗装がかなり荒れている箇所があるので注意が必要です。

ライトの光でしか路面状況が分からないくらい真っ暗闇なので、慎重に慎重に下ります・・・。

軽くホラー(?)な看板。f:id:ikarugasan:20171110130902j:imageどういう意味なんでしょうかね・・・??

長い下りが終わり、ようやくR1に合流!!

R1まで来れば、愛知までは一本道のため、安心感があります。(一本道といっても、まだ亀山にいるので、愛知までは凄まじい距離があることには変わりないのだが。)

R1に出てからはほとんど下りなので、楽に距離が稼げます♪ (俗に言うボーナス区間。)

ただし、車もかなりの速度で走っているので、注意が必要ですが・・・。

少し集中力が落ちてきたので途中のセブンで休憩。f:id:ikarugasan:20171110131314j:image

時刻は21:02、距離にして287km。f:id:ikarugasan:20171110131521j:image

さすがにここまでくると胃も疲れ始め、食欲があまり湧かなくなってきます・・・。

こういう時こそ、炭酸飲料!f:id:ikarugasan:20171110131538j:image炭酸飲料には食欲増進効果があるため、胃が疲労し始めた時などには効果的です。

炭酸を飲んでバナナもしっかり補給。f:id:ikarugasan:20171110131551j:imageこの日食べたバナナの数は7本くらいいってる気がします。

そして再出発。

長かったボーナス区間も終わり、R1の市街地区間を走行。

前回の時は凄まじい眠気に襲われた記憶があるが、今回はそこまで眠気はない。

しっかり補給しているおかげかな?とりあえずまだまだ頑張れそうだ!

途中で300kmも突破。経過時間は正確には覚えていないが、スタートしてからちょうど18時間経ったあたりだったと思う。

四日市、桑名・・・このあたりはひたすら同じ景色が長く続く区間で、走るのが辛かったです。

再び集中力が低下し始めた頃、愛知県へと突入し、前回リタイアしたファミリーマートに到着。

時刻は22:32。前回の到着時刻は22:50だったので、この時点で前回の自分を超えました!f:id:ikarugasan:20171110131615j:image

そして、走行距離は313kmに到達。

止まった瞬間、今まで走ってきた疲れが一気に体に表れ、強烈な眠気に襲われる。気を抜くとすぐにでも深い眠りについてしまいそうだ。

なんとか正気を保ちつつ、いつものように軽い補給を試みる。

・・・が、補給を終えた途端、今度は気分が悪くなり、若干の吐き気が・・・。

たまたまカスタードクリームたいやきを食べたのがまずかったのか、胃もたれを引き起こしてしまい、ちょっとでも気を緩めると食べたものが戻ってきそうな感覚に襲われます。

やばいやばい・・・・・・・・・。

でも諦めない!!

今回は長らく更新できていなかった最長記録更新のため、強い覚悟でライドにチャレンジしています。

絶対に走りきってやるんだという強い意志を持って、気力だけで再スタート!

・・・スタートしたはいいものの、胃もたれがひどいせいで、全然力が入らない。

まずは胃もたれをなんとかしなければ・・・。

途中で自販機に立ち寄って、イチかバチか、デカビタを飲んで回復を試みる。

効果の程は・・・正直大して変わらなかった。(笑)

走っていると、胃もたれに続いて今度は強烈な睡魔が襲いかかる。

アカン、眠すぎる・・・・・・。

どこかで仮眠しようかなとも考えたが、ゴールまではもう少し。

もう少しの辛抱なので、ここは寝ずに頑張ってみる。

庄内川堤防にたどり着き、見慣れた道を走るが・・・あまりの疲れと眠気から、電柱が女性に見えるという幻覚を目撃する。

ハッと我に返り、「女性が電柱になった!? ・・・あ、ただの電柱か・・・」という感じで、本気で幻覚を見てしまうほど疲労がたまっているようです。

三船さんがLELを走った中で見た幻覚というのも、こんな感じなのかなー・・・。

我に返ったことでちょっと目が覚め、ここからは眠気に襲われることなく走行することができた。

疲労度が半端ない状態なので、負荷を上げて走ることは全くと言っていいほどできなかったが。

23:51、庄内川堤防から名駅を眺める。f:id:ikarugasan:20171110131645j:image名駅のビル群を見ると、愛知に、名古屋に、春日井に帰ってきたんだなぁ~と感じられます。

そして、深夜1:00・・・ついに自宅へゴール!!!

 

ついに、ついに355kmを走りきりましたー!!

そして、自己最長距離を320kmから355kmに更新しました!!

これは個人的に快挙です。

この調子で、いずれは400kmにも挑戦してみたいが・・・正直300km以上走ると確実に引き起こす胃もたれ、そして睡魔をなんとかしないと、絶対に走りきれない気がする。

課題はまだまだありますが、400kmという夢に向かって、また1歩近づいたのでした。

めでたし、めでたし(*^o^*)

 

【記録】
走行距離・・・355.55
走行時間・・・15:36:15
平均速度・・・22.79
最高速度・・・58.95
平均ケイデンス・・・81
最大ケイデンス・・・131
平均パワー・・・77
最大パワー・・・340
平均心拍・・・129
最大心拍・・・164
累積標高・・・2198
最高標高・・・512 
最大勾配・・・12

パンク回数・・・0

スタート日時・・・11/3(金) 3:35

ゴール日時・・・11/4(土) 1:00

ゴールまでの経過時間・・・21時間25分

秋の絶景ビーナスライン!!

10/9(月) は秋のビーナスラインへ行ってきましたー!f:id:ikarugasan:20171031210544j:image

9月の頭にも輪行で一度ビーナスラインに訪れており、今回約1ヶ月ぶりにまた訪れたということになります(笑)

前回はソロでしたが、今回はメイシーノさんと一緒に走ってきました。

走ることが決まったのは前日の夜10時(笑)

ライドの翌日はお互い仕事ということで、早めに帰宅ができるようにライドの当日は早朝の2:30から行動を開始します(^_^;)

メイシーノさんが車を出していただけるという事だったので、自転車を積んで乗車させていただきます。よろしくお願いしますm(_ _)m

 

まだ頭が回らない中、色々トークをして6:50、トランポ地点である道の駅 小坂田公園に到着。f:id:ikarugasan:20171020072519j:image

乗鞍が見えます♪f:id:ikarugasan:20171025073405j:image乗鞍に限らず、今日は長野全域で天気の良い日なので、絶景が期待できそうです!

準備を済ませ、7:00ちょいにスタート!

今回走るルートは前走った時と全く同じコースです。

前走った時は塩尻駅からの往復でちょうど100kmだったので、今回は90kmくらいかな?

まずは塩尻峠を登ります。

勾配は緩く、距離もそこまで長くは無い。

歩道橋が見えたらゴールの証です。f:id:ikarugasan:20171025073530j:image

下り始めると左手に諏訪湖が眺められます♪f:id:ikarugasan:20171025074124j:image

しばらく気持ちいい平坦路を走り、霧ヶ峰の登り口にあるセブンで補給します。f:id:ikarugasan:20171025074351j:image

補給を終えたら出発し、さっそく登りに差し掛かります。f:id:ikarugasan:20171025213555j:image向かうは霧ヶ峰方面。

メイシーノさんと写真を撮り合いながら坂を登っていく・・・f:id:ikarugasan:20171030055724j:imagef:id:ikarugasan:20171026075200j:image

序盤は激坂。

それが終わったら、メイシーノさんが先頭で一定ペースを刻んでいく。

キツすぎず、かといって楽でもない、じわじわ削られてくる・・・そんなようなペース。

それでもお互い写真を撮り合う余裕はある(*^o^*)f:id:ikarugasan:20171030060040j:imagef:id:ikarugasan:20171030055654j:imagef:id:ikarugasan:20171030060124j:image

登っていると大分景色が秋らしくなってきましたよ!f:id:ikarugasan:20171030060230j:image

そして長い登りが終わり、霧ヶ峰高原に着いた!f:id:ikarugasan:20171030060306j:image看板が目印です。(通過ギリギリで撮ったのでうまく写ってない)

さーここからは高原の素晴らしい景色がバンバン出てきます!f:id:ikarugasan:20171030060518j:image

ふとハンドルに目をやると、レザインのライトの防水キャップがいつの間にか無くなっていて、充電する部分がむき出しになっていたΣ(゚д゚;f:id:ikarugasan:20171030060725j:image路面の衝撃とかでどこかに落ちたのかな・・・ちょっとショックです。

気を取り直して走りますが、ここを抜けると絶景が広がっていたはず!f:id:ikarugasan:20171030061047j:image

きたきたきたーー!!!!f:id:ikarugasan:20171030061152j:imagef:id:ikarugasan:20171030061347j:image

あれは!!

ふ・・・ふ・・・富士山が見えるー!!(*^o^*)f:id:ikarugasan:20171030061452j:image前回来た時は見れなかったので、とても嬉しいです(*^o^*)

本当に今日来て正解でした!

いざ、絶景ロードへ・・・!!f:id:ikarugasan:20171030205617j:image

左手はススキと青い空の境目が素晴らしい。f:id:ikarugasan:20171030205846j:image

右手にはこんな感じの絶景を眺めることができる!!f:id:ikarugasan:20171030205749j:image

ガンガンいきます!!(^o^*)bf:id:ikarugasan:20171030210158j:image

ちょっと暑いのでウィンドブレーカー脱ぎますよ~f:id:ikarugasan:20171030210408j:image

車が来てないタイミングを見計らい、横からメイシーノさんをカッコよく撮る!f:id:ikarugasan:20171030210619j:image

私はというと、腹が減ったのでおにぎりを食べてます(^_^;)f:id:ikarugasan:20171030210526j:image

ここも凄い・・・。f:id:ikarugasan:20171030210846j:image

秋が一面に広がってます(*´ω`*)f:id:ikarugasan:20171030210919j:image

下りもサイコー!!f:id:ikarugasan:20171030211054j:image

右手に景色がよく見える撮影ポイントがあったので、立ち寄って一息つきます。f:id:ikarugasan:20171030211211j:image

近くにいた人に、撮影のお願いをして・・・

イエイ!!f:id:ikarugasan:20171030211339j:image

最近やっていなかったバイク持ち上げも。f:id:ikarugasan:20171030211413j:image

最後は片手持ち上げでフィニッシュ(笑)f:id:ikarugasan:20171031072615j:image

軽く遊んだら再び走り出し、しばらく下りが続きます。f:id:ikarugasan:20171031072657j:image

山肌がキレイな色してますよねー!f:id:ikarugasan:20171031072819j:imagef:id:ikarugasan:20171031072911j:image

白樺湖が見えてきたら補給地点が近づいてきた証拠。f:id:ikarugasan:20171031073337j:image

そして白樺湖近くにあるローソンに到着し、一旦補給です。

サガン愛用グミ!f:id:ikarugasan:20171031073631j:image

補給をしたら来た道を戻ります。

同じ道を通るので、帰りも絶景を見られるのがこのコースのイイところ!

下ってきた道を登り返す。f:id:ikarugasan:20171031075326j:image

左手に白樺湖f:id:ikarugasan:20171031073912j:image

どんどん登る。f:id:ikarugasan:20171031205934j:image

セルフィーしたらたまたま木が1本だけ写っていた!f:id:ikarugasan:20171031210143j:image

メイシーノさんが撮ってくれた、奇跡の1枚(*^o^*)f:id:ikarugasan:20171031210318j:image雲一つない晴天!!サイコーです!!

今度は下りでバンザイ。f:id:ikarugasan:20171031210432j:image

絶景ロードの始まりの場所まで戻ってきました。f:id:ikarugasan:20171031211043j:image

ここからは来た道を戻るのではなく、新たに分岐している道を走ります。

その分岐点にて、なかなか良さげな撮影ポイントを発見!

2人で乗り込み、楽しい楽しい撮影会です♪f:id:ikarugasan:20171031211813j:image

セルフタイマーをセットし、記念写真をパシャリ。f:id:ikarugasan:20171031211600j:image

2枚目!!f:id:ikarugasan:20171031211948j:image2人とも10秒以内にこのポーズをとるのはなかなか凄いと思う(笑)

近くに意味ありげに配置された石があり、その中心で堂々とポーズをとるメイシーノさん!f:id:ikarugasan:20171031212120j:image勇ましいですね(*^_^*)b

撮影会を終えたら分岐点を進みます。

八ヶ岳方面の景色とはこれにてお別れです。f:id:ikarugasan:20171031220417j:imageサヨナラ~♪

しばらくアップダウンが続きます。f:id:ikarugasan:20171031220243j:imageずっと休むダンシングを使う私。

美ヶ原までここから24kmです。f:id:ikarugasan:20171031222300j:image美ヶ原という名前自体が今となっては懐かしく感じる。

そして今回のコース最後の絶景ポイントに到着。f:id:ikarugasan:20171101062158j:image諏訪湖と市街地が眺められます。

景色を見たら狭い県道を一気に下りますよ~。f:id:ikarugasan:20171101062553j:image

下りきると諏訪大社 下社秋宮の正面に出ます。f:id:ikarugasan:20171101062131j:image

ぷらっと観光したら、朝も通った平坦路を走り、帰りの塩尻峠に差し掛かります。

足はもう既に乳酸でいっぱいいっぱいの状態で、ハイペースで登ろうとしても登れなかった。゚(゚^ω^゚)゚。f:id:ikarugasan:20171101062307j:image置いていかれるこのザマです。

登る手前でいつものエナジージムさえ飲んでいれば、足が復活してスイスイ登れていただろうに・・・と少し後悔。

峠はスローペースで登り、登りきった後は回復走を兼ねたダウンヒルで道の駅 小坂田公園に帰ってきてライド終了です。

 

その後はメイシーノさんに家まで送ってもらって無事帰宅。

車の運転お疲れ様でした&ありがとうございましたm(_ _)m

 

【記録】

走行距離・・・91.31
走行時間・・・4:29:45
平均速度・・・20.31
最高速度・・・59.23
平均ケイデンス・・・72
最大ケイデンス・・・139
平均パワー・・・119
最大パワー・・・400
平均心拍・・・148
最大心拍・・・190
累積標高・・・1771
最高標高・・・1972
最大勾配・・・12

一宮競輪場で第2回ファミリートラックフェスティバル!

10/7(土)は一宮競輪場で開催されたファミリートラックフェスティバルへ行ってきました。f:id:ikarugasan:20171010071844j:image

これは去年から始まった、競輪場を自分の自転車で走ることができる珍しいイベントです。

参加種目には1kmTT、ケイリン、メリーモアクロウ、シクロクロスなど、いくつか種類があって、自分が参加したのは1kmTT、ケイリン、メリーモアクロウの3種目。

参加費は5000円とそれなりにお手頃価格でした。

 

参加に至った経緯はアディさんから自分向きの種目があるよと誘われたのがきっかけ。

ブログメンバーの中では自分の脚質はどうもスプリンター寄りらしく、ケイリンといったトラック種目で活躍ができるかも・・・という理由もあるのだが、一番の本命種目はメリーモアクロウという珍種目。

競技の詳しい説明はあとでしますが、この種目は日本初開催と言われるくらいマイナーなトラック種目。

簡単に言うとスタンディング力とスプリント力の両方が試される種目で、どちらも得意分野ということで自分向き・・・という訳なのです。(^_^;)

 

朝は7:00から開門。

6:00に家を出て1時間くらいで一宮競輪場に到着。f:id:ikarugasan:20171010072613j:imagef:id:ikarugasan:20171010072650j:image

初めて競輪場に来ました!f:id:ikarugasan:20171010072849j:image

待機所のようなところに行くと、たて輪ブースが展開されていました。f:id:ikarugasan:20171010073017j:image

アディさんとも早速お会いできました。おはようございます!

競技開始の前に試走ができるのですが、始まるまでまだかなり時間があるようなのでそのへんをぶらぶらして時間を潰します。

たて輪ブースに重量測定器が置いてあったので愛車の気になる重さを測ってみます。

まずはボトルに水が入っていてツールボトルや携帯ポンプ等を装備した普段の重量。f:id:ikarugasan:20171011221022j:image約9.8kg!

続いてボトルケージを外し、ボトル等がなくなった最軽量の状態。(ホイールはレッドウインド)f:id:ikarugasan:20171011221204j:image8.4kg!

完成車(ペダル無し)の状態で公称8.3kgなので、まあ妥当な数値。

極端な軽量化などは行ってませんからね。サドルも300g以上となかなかの重量のものを使ってますし。

 

受付を済ませていなかったので受付を済ませます。

番号のついたヘルメットカバーが入ってました。f:id:ikarugasan:20171011221255j:image空気抵抗が少なそう。なかなかいいかも!

気がついたら試走が開始されていたようなので、自分らも早速試走に行きます。f:id:ikarugasan:20171011221347j:image

初めてバンクを走ってみた感想。

かなり傾斜のついたところを走るので、純粋に怖い

周りの人は走り慣れているのか、普通に上の方を平気で走っていました。

それを見て、普通に走っても倒れることはないんだなと自分に言い聞かせ、勇気を持って上の方を走ってみると・・・意外と簡単にバンクを走ることが出来ました。

思い切って速度を上げてみたりダンシングをしたりと色々試してみますが、思ったよりも普通に走行できるみたいです。

ある程度走り回ったら1kmTTを想定して少し負荷を上げて走行します。

そうして満足するまで走ったら時間が来て試走終了。

試走が終わったら開会式です。f:id:ikarugasan:20171011221436j:image

挨拶が終わると、早速1kmTTの競技が開始。

スタートリストを見てみると、ヘルメットの番号通りになっているらしく、まさかの9番目。アディさんに至ってはなんと5番目である。(全体の参加人数は60人くらいだったかと思います)

噂によると、申し込みを行った順番に番号が割り振られているんだとかいないんだとか・・・。

とりあえず、先に走った人を見て参考にする作戦は通用しないことが分かった。(笑)

ぶっつけ本番で頑張ろう・・・(;´^_^`)

 

スタート位置は待機所とは反対側。

戦地へと赴くアディさん・・・とたて輪の店長さん。f:id:ikarugasan:20171011221606j:image

1kmTTに限らず、今大会でビックリなのが、練習なしでいきなり発送機を使うということ。

発送機とは、競輪のスタート待ちの際にバイクを倒れない状態でセットしておく機械のことである。

発送機から出走するには、体重移動でバイクを前に持っていけば簡単に出走できるらしいのですが、使ったこともない初心者がいきなりぶっつけ本番で発送機を使うというのはどうかなという思いがチョットありました(; ・`д・´)

まあ、時間の関係とかで色々事情があるんだろうけど、とりあえずなんとかやってみます。

 

先にアディさんたちがスタート。

先にスタートした人たちの走りを見ていると、後半たれてスピードが落ちている人が多いように見える。

1kmTTだと終始全力は絶対に持たないので、最初の方で出し過ぎてたれやすいのかも・・・。

 

そしていよいよ自分の番が回ってくる。

後輪を発送機にセットして、バイクにまたがり、ビンディングをはめて準備完了!

かなり緊張します・・・。

1kmTTは3人1組となっていて、10秒おきにスタートとなっています。

自分は組の中のトップバッター。集中力を高めてスタートの合図を待ちます・・・。

「よーい・・・・・・スタート!!!」

いよいよ1kmTTがスタート!!

スタートからいきなり下ハンダンシングで急加速し、一気にトップスピードにもっていきます。

トラックは1周400mなので、半周+2周走ることで1kmとなります。

全開で走り、かなりの早さで半周を終える。

アディさんいわく、この時MCが「なかなかいいペース!」と言っていたらしい。自分はこの時全く聞こえていなかったが。

そして、残りは2周。

かなりの負荷を出して走るが、いきなりこの辺からたれ始める!

ヤバイヤバイ!!乳酸が異常な早さで溜まり、足が全然回らない!!

最初は47km/h以上出せていたのに、一気に39km/hくらいにまで速度が落ちてしまう。

↓足が回らなさすぎて死んでる写真(。_ 。)f:id:ikarugasan:20171013074408j:image

そして残りは1周!

なんとか速度を維持しようと気合いで踏んでいく。

そして最終バンクを終えてゴール前のストレート。f:id:ikarugasan:20171011221948j:image

最後は残った力を全て解放させ、下ハンスプリント体制に入る。

なんとかゴール前で息を吹き返して踏み直し、フィニッシュ!!f:id:ikarugasan:20171011222019j:image

こうして1kmTTが終了。

とにかく半端ないキツさでした・・・(;´Д`)

今回計測チップを取り付けてタイム計測を行っているため、あとで正式なタイムが発表されることになります!楽しみですねー♪

 

(だが、しかし・・・)

 

まだケイリン、メリーモアクロウの2種目残っているにも関わらず足が疲労困憊の状態になってしまったので、補給をとって足を回復させます。(次の種目まではあと2時間)

次の競技が始まるまでの間はプロの競輪選手がトラックを走り、普段の練習風景を見せてくれますをf:id:ikarugasan:20171011222156j:image

プロのスプリントが間近で見られたり。f:id:ikarugasan:20171011222314j:image70km/h近く出てるそうです(^_^;)

時間が空き、再び試走可能という情報があったのでアディさんと一緒に試走します。

先に試走を始めるアディさん!f:id:ikarugasan:20171011222413j:image

試走が終わると、いよいよケイリンです!

ルールはトラックを4周し、一番にゴールラインを切った者が勝者です。

2周半は誘導員がゆったりとした速度で先頭を走り、風よけによってレースが不公平にならないようにしてくれます。

残り1周半になると、誘導員がコースアウトして駆け引き有りのガチンコ勝負が始まります!

発送機にバイクをセットし、順次スタートしていきます。f:id:ikarugasan:20171012075401j:image

アディさんの組が先にスタートし、色々参考にさせてもらいます。f:id:ikarugasan:20171012075320j:image

いよいよ自分の番。f:id:ikarugasan:20171012073612j:image

1kmTTよりも緊張します。

スタートの合図が鳴り、ケイリンスタート!!

最初は誘導員が先導してくれますが、もうこの時から位置取り争いなど、駆け引きが始まっています。f:id:ikarugasan:20171012073730j:image

初めは2番手か3番手くらいについていたが、横にライバルが並んできて、誘導員が外れたら飛び出せなくなると思い、一旦最後尾へ下がる。f:id:ikarugasan:20171012073657j:image

最後尾に下がってからは横から徐々に前へ上がっていき、外側の2番手を確保。(位置取り完了)

理想的な位置を保ったまま、誘導員が離れる残り1周半に差し掛かる。

誘導員がコースアウトしたところで・・・・・・先頭のピンクのジャージの選手が急加速!!!!

死ぬ気で食らいつき、2番手を確保。これはいい位置だ!!

急激に加速するスプリント力には自信があったので、今回の作戦としてはゴール手前まで後ろに張り付き続け、ゴール直前で一気に加速し抜き去る作戦でいくことにする!

超高負荷で2番手を確保したまま1周走り、残りは半周!!

仕掛けるとしたら最後のバンクのところだな。

作戦通り、最後のバンクに差し掛かったところで右側から一気に追い抜く!

・・・が、1kmTTでのダメージがまだ足に残っているせいか、思うように足が回らない!!

結局横並びのような状態が続き、最終ストレートに突入!

と、ここでイン側から第三の刺客(青いジャージの選手)が勢いよく飛び出し、引き離しにかかる!!f:id:ikarugasan:20171012073903j:image

いかせるかぁぁぁぁ!!!!(死ぬ気で猛追するが足が残ってないの図)f:id:ikarugasan:20171012074011j:imagef:id:ikarugasan:20171012074107j:image

最後は気合いで踏み倒し、フィニッシュ!!f:id:ikarugasan:20171012073808j:image

結果は3位。上の写真通りの結果でした(^_^;)

敗因は足が十分に回復していなかったこと。踏める足が残ってなければスプリントで勝てるわけがありません。

そして仕掛けるタイミングが少し遅かったように感じました。

足さえ残っていれば、バンクに入ったタイミングで飛び出し、一気に引き離すことができていたかもしれない。

そしてもう一つ、ターゲットの選手を1人に絞っていたせいで、ノーマークの選手に先を行かれてしまったこと。

普段からやっているブログメンバーとのライドでは1VS1での勝負が多かったため、複数人での戦い方に慣れていなかった・・・ということが考えられる。

何にせよ、勝つことはできなかったがとてもいい経験をすることができました!

ケイリンが終わったら再び2時間ほど空き、その間はプロの競輪選手によるガチンコ勝負が行われていました。f:id:ikarugasan:20171012073007j:image1位が誰か当てるというものです。

見事当たった人には抽選で豪華商品(?)が貰えるんだとか。

アディさんはグライペル似の1番の選手に賭ける模様。

自分は紫の9番の選手に賭けてみる。理由は特に無いが・・・。

そしてレースが行われ・・・f:id:ikarugasan:20171012073048j:image

大混戦の中、まさかの9番の選手が勝利!!

抽選会が行われ、固定ギヤのクロスバイクがほかの人に当たり、残った商品を巡って激しいジャンケンバトルが繰り広げられる。

死闘の末、ジャンケンに勝ってまたしてもまさかのアイテムをゲット!!(*^o^*)f:id:ikarugasan:20171012073134j:imageメリダのドアマットです。ショップとかで玄関口などに敷いてあるやつです。ちなみに非売品とのこと。

メリダ好きの自分としてはとても嬉しい出来事です!

お次の競技はお待ちかね、メリーモアクロウです!!

まずは競技の説明。

まずはみんなで1周し、15~20mくらいの定められた範囲がスタート地点に設けられており、選手全員がその範囲の中に入ったら競技スタート。

決められた範囲の中でスタンディング等を駆使し、その場を維持します。

この時、スタートの合図が鳴るまでの間にUターンしたり、足をついたり、ほかの選手と接触したり、壁に手をついたり、スタートラインを切ったりしたら失格です。

3分間の中のどこかで鳴るスタートの合図に備えてその場を維持し、合図が鳴ったらトラックを一周して順位を競い合います!

スタートの合図は主催者のきまぐれによって決まるため、いつスタートの合図が来るか分からないというところも駆け引きのポイントとなっています。

日本初開催とも言われるこの競技、さてはて、どうなることやら・・・。

ちなみにこの種目は事前の申込みではなく当日エントリーとなっています。

そしてMCがこの競技に対して誰にでも勝てるチャンスがあると謳っており、ちびっ子から大人まで、オープン参加の種目となっております(^_^;)

・・・本当にどうなることやら・・・( ̄▽ ̄;)

 

いよいよ競技開始。

まずはゆっくりとトラック一周。

みんなが一周して定められた範囲内に入らないと競技が始まらないため、一番最後に範囲内に入った人の方が多少有利になるという性質上、ちびっ子がいつまで経っても後ろから上がってこない事象が発生(;´^_^`)

自分は集団の先頭でリアクトトラックに乗る大会主催者の児玉さんと先頭で「全然来ないね~」的な会話をして、後ろが来るのをのんびり走りながら待ちます。

一周して戻ってきたところを撮ってもらう♪ f:id:ikarugasan:20171012074420j:image

先頭で先に範囲内へ入るほどスタンディングの時間が増えるので相対的に不利になるが、スタンディングには絶対的な自信があったのでほぼ先頭でイン。

そして全員が範囲内に入り、競技スタート!!

スタンディング中のワタクシ。f:id:ikarugasan:20171012074241j:image

一部の選手は完全に止まっていたのだと思われるが、ほかの選手らは徐々に前進していくのが見えた。

MCが「スタートライン切ったら失格ですよー!」「まだ1分も経ってませんよー!」と徐々に前進していく選手たちを煽っていく(笑)

自分は初めは中間位置をキープしていたが、合図がそろそろ来るかな?と思い、徐々に前へと上がっていく。

そして突如スタートの合図が鳴り、レース開始!!

ここで来たか!!

だが「そろそろ来るかな作戦」であらかじめ前の方に上がっていたため、かなりいい位置からスタートを切ることができた。

前の選手が急加速していくので、それに引き離されぬよう死ぬ気で食らいついていく!

今回もケイリンの時と同じように、2番手をキープ!!

またしてもかなりいい位置だ。今度こそ勝てるかもしれない!(フラグ)

最終バンクに差し掛かったところで、右側から一気に追い抜きにかかる!!

やはり足は全快の状態ではなかったが、ケイリンの時よりかはまだマシだ。

今度こそ勝つ!!

こうして気合いを込めてスプリント開始!!

・・・が!!またしてもイン側から第三の刺客が現れ、一気に距離が開いてしまう!!

(な、なにぃ~!?!?)

ゴールスプリントの図。f:id:ikarugasan:20171012074458j:image白のジャージの選手が突然イン側から現れ、自分は後ろに付けていた黒と緑のジャージの選手と2位争いを行う。

・・・結果は3位。

順位も敗北パターンも、ケイリンの時と全く一緒である。(笑)

スタンディングではかなりいい位置でスタートできていたので、あとはやはり状況を読む力が足りなかったか・・・。

白のジャージの選手が来ていたなんて、全く気づけなかった。

・・・今回の反省を活かして、来年度の大会では絶対に勝つ!!

 

こうして、全ての参加種目を終えたのでした。

残す競技はシクロクロスのみ。

初級、中級、上級という3つのカテゴリに分かれており、アディさんと一緒に全ての競技を観戦します♪

まずはシクロクロス初級から。f:id:ikarugasan:20171012074639j:image

たて輪の店長さんもMTBで出ており、観客を楽しませてくれます!f:id:ikarugasan:20171012074737j:image

最後はOGPのキャプテンさんとスプリント勝負!!f:id:ikarugasan:20171012074823j:imageこういうアツい展開大好きです(笑)

そして中級カテゴリがレース開始。f:id:ikarugasan:20171012074931j:imageMC曰く、このクラスからは東海シクロでもよく見かける選手が勢ぞろいなんだそうです(^_^;)

そして見覚えのある青いジャージの選手が1位フィニッシュ!!f:id:ikarugasan:20171012075106j:image(すごい!おめでとうございます!(*^o^*))

見覚えのあると書いたが、この選手はケイリンの時に同じ組で1位だった人。

ケイリンでも強かったしシクロクロスでも優勝するとは。かなりの実力者だったのですね!

最後はシクロクロス上級カテゴリがスタートしていきます!f:id:ikarugasan:20171012075131j:image

熱い勝負が繰り広げられ・・・f:id:ikarugasan:20171012075200j:image

またしても見覚えのある選手が堂々の1位ゴール!(おめでとうございます!)

見覚えのある選手・・・今度はメリーモアクロウの時、ずっと後ろに張り付いていたにも関わらず勝てなかった黒と緑のジャージの選手です。

 

シクロクロスでの結果から、私はどうやらケイリンでもメリーモアクロウでもかなりスゴイ選手たちと勝負を繰り広げていたのかもしれません(^_^;)

 

シクロクロスの全てのカテゴリが終わると閉会式。f:id:ikarugasan:20171012075243j:image

 

ファミリートラックフェスティバル。

家族向け?のような優しいイベント名とは裏腹に、各地から猛者が集うかなりのガチイベントでした。(ブログには書いてませんが、キッズレース等もちゃんと行われています(^_^;))

一宮競輪場は既に廃止されており、撤去される計画が進む中、今回開催されたトラックイベントは大成功だったんじゃないかと個人的に思います。

競輪場を走れるというまたとない機会、また来年も開催を楽しみにしています!!

主催の104サイクルさん、熱い勝負を繰り広げた選手のみなさん、楽しいイベントをありがとうございました!(*^_^*)

 

【記録(家から一宮競輪場までの往復分含む)】

走行距離・・・65.10
走行時間・・・2:38:40
平均速度・・・24.62
最高速度・・・57.18(競輪場の中とはいえ、スプリントで57km/h出ていたことになる。自分でもビックリ)
平均ケイデンス・・・80
最大ケイデンス・・・139
平均パワー・・・99
最大パワー・・・665
平均心拍・・・144
最大心拍・・・184
累積標高・・・99
最高標高・・・35
最大勾配・・・9

 

【久しぶりの次回予告ライド】

10/28(土)は天気が良ければ秋の笠置山ライドをしようかと思います。

そこで、久しぶりに参加者を募集してみます。

希望の方はコメント欄にて、よろしくお願いしますm(_ _)m