ikarugaブログ(いかるがぶろぐ)

山をこよなく愛するサイクリスト、ikarugaの自転車日記。山・峠・激坂が大好きな坂バカです。各地の激坂に挑む激坂ハンターもやっています。ロングライドイベント、ヒルクライムレースにも時々出ています。

(地獄の)フルビワイチ達成!

7/10(日)はフルビワイチへ行ってきました!
f:id:ikarugasan:20160711073047j:image

参加者はメイシーノさん、かんぢさん、ショウスケさん!
よろしくお願いしますm(_ _)m

長浜の豊公園を7:30にスタートし、北湖・南湖を
一周してフルビワイチを目指します。

一般的なビワイチと呼ばれる北湖一周(約150km)
なら何度かやったことはあるが、フルで一周するビワイチ(約200km)は今回が初めて。

なんでフルビワイチをやろうと思ったかは・・・
きっとそのうちブログで明かされますよ(笑)


移動手段はレンタカー。
かんぢさん、メイシーノさん、自分の3人はハイエースに乗り込み、愛知を出発してショウスケさんとは現地の豊公園駐車場で待ち合わせすることにしました。


朝は3:50に起床予定・・・だったが、またいつもの体質で目覚ましよりも早く起床し、3:30くらいに目が覚める(笑)

外はまだ真っ暗闇だ。
いつもより半分の量のパンを食べて支度をし、4:50に家を出発。

レンタカーは春日井インターのすぐ近くのジャパレンで借ります。
3人の家のちょうど中間で、高速がすぐ近くにあるという理由から。

4:54くらいにジャパレンに到着。5:00にかんぢさんと自分がこのジャパレンに待ち合わせして、メイシーノさんの家まで迎えに行くというプランだ。
かんぢさんは既に到着していて、借りるための手続きなどをしていた。

その後、手続きを終えてハイエースに乗り込み
運転はかんぢさんにお願いをしてメイシーノさんを
迎えにこれから犬山まで向かいます。

なんで自分で運転しないのかというと・・・
単に運転に自身がないからです(;´^_^`)(笑)

いつかは運転できるようにならないと・・・とは思っているのですけどね・・・。


とりあえず自転車を積んで犬山へ。

3台揃うまで固定はしないので、自分は後部座席でバイクを見守ります(笑)

50分くらい?かけてメイシーノさんのお家に到着。

3台揃ったら、様々なアイテムを使って
ガッチガチに固定します(笑)
f:id:ikarugasan:20160713071929j:image

準備が整ったところで滋賀県目指して出発!

・・・が、お腹の調子があまりよろしくない・・・(;´^_^`)

2回くらいコンビニに寄ってから高速に乗ります。

この時点で7:30豊公園スタートに確実に間に合わないので、既に現地へ向かっているショウスケさんに遅れますと連絡を入れておく。

そしてようやく高速に乗って現地に向かう!

道中はワイワイと楽しかったですね~(笑)

そんなこんなで7:40。
スタート地点である長浜豊公園に到着。

ショウスケさんは既に到着していてスタートの準備をしていました。

自分らもせっせとスタートできる準備を進めます。

そしてそして7:56、準備が整い出発前の記念写真!
f:id:ikarugasan:20160713072635j:image
本日一緒に走って下さる方々です。
実力者揃いなので今日のビワイチは相当ヤバいことになりそうな予感がします。(笑)
(その予感は見事的中し・・・おっとこれ以上は言えない。)


記念写真も撮ったら、いよいよフルビワイチ
約200kmの旅が幕を開けましたー!
f:id:ikarugasan:20160713073707j:image
 
長浜城!!
f:id:ikarugasan:20160713073543j:image

スタートしてすぐはまだ元気いっぱい!
f:id:ikarugasan:20160713073811j:image
(なんで「まだ」だけ強調されているんだろう?)

初めは自分が31~33km/h程度のペースで
気持ちよく前を引いていきます。
f:id:ikarugasan:20160713074153j:image
風が今日はなさそうなので、前回の暴風の時よりかは安定して速度を維持できそう。

少し走ると、ショウスケさんから4人でローテーションして回していきましょうかという提案。

承諾しない理由などはありませんので
もちろんOKと返事をする。

というわけで4人でローテーション開始!!
f:id:ikarugasan:20160713074422j:image
楽しいですね~ヾ(*´∀`*)ノ♪


(これが悪夢の始まりになろうとは、
この時まだ誰も気づいていなかった・・・)


ローテーションが始まってからは、速度がさっきよりも増して35~40km/hで走行。

あれっ?何だかさっきよりペース上がってる・・・?

まあ、そんな事は気にせず高速巡航。
f:id:ikarugasan:20160713211608j:image

この交差点は3月のビワイチライドというイベントで毎年大行列ができることでお馴染みの場所です。
f:id:ikarugasan:20160713211736j:image

信号を直進してすぐの道を左折し(なんか橋が工事してたからちょっと迂回した)
今回の数少ない山岳ポイントに突入する!

山岳ポイントと言っても4級山岳にも当てはまらないくらい大したことない山ですが(笑)

ikarugaは集団を抜け出して独走トップ通過を目指します。
f:id:ikarugasan:20160713211708j:image

先のことなど考えず、心拍を一気に上昇させて
高負荷でグイグイと登る。
f:id:ikarugasan:20160714070705j:image

かんぢさんは余裕でついてくる!
f:id:ikarugasan:20160714070843j:image

写真を撮ってるメイシーノさんも!
f:id:ikarugasan:20160714070906j:image
(写真を撮りながらだからハンパないと思う(;´^_^`))

最後はトンネルに突入。
f:id:ikarugasan:20160714071009j:image
トンネルを抜けたらゴールの絶景ポイントです♪

そして・・・!!
f:id:ikarugasan:20160714071048j:image

ゴール!!!
f:id:ikarugasan:20160714071157j:image
(実際は同着ですが山岳ポイントの1位と2位の気持ちを表した図(笑))

メイシーノさんがメチャメチャ写真撮ってくれます。
f:id:ikarugasan:20160714071416j:image

もう完全にただの遊びですが(笑)(;´^_^`)
f:id:ikarugasan:20160714071445j:image

ということで絶景ポイントに無事到着!
f:id:ikarugasan:20160714071606j:image

みんなで記念撮影♪
f:id:ikarugasan:20160714071638j:image

といってもかわりばんこで撮るのだが(;´^_^`)
f:id:ikarugasan:20160714071749j:image

ブロガーikaruga、琵琶湖に現る!!
f:id:ikarugasan:20160714071817j:image

絶景を十分堪能したらそろそろ出発。
f:id:ikarugasan:20160714071855j:image
かんぢさんが素晴らしいポーズを決めてくれます。

少しのダウンヒル
f:id:ikarugasan:20160714072115j:image
木陰のダウンヒルは涼しくて気持ちいい~!!

湖畔沿いの道路を少し進むと最初の補給ポイント、
あぢかまの里に着きます。


湖畔沿いの道路に差し掛かったところで、
ショウスケさんが猛ダッシュ!
f:id:ikarugasan:20160714072324j:image

普通に置いていかれます(笑)

後ろには一緒に置いていかれたメイシーノさん。
f:id:ikarugasan:20160714072639j:image
おそらく「まって~!!」と言っているのだろう・・・。

2人でショウスケさんを追いかけ、なんとか追いつく。

ショウスケさん&かんぢさんのコンビネーションで、普通に40km/hで爆走していく。
f:id:ikarugasan:20160714072812j:image

速すぎる。

さっきから感じていたが、このペースで200kmなんて絶対に最後まで持たない気がする。

もうちょっとペースを緩めてもらってもいいのだけれど、周りには負けたくないので(負けず嫌い)ちぎれるまで頑張ります。(笑)


そしてあぢかまの里が見えてきた!
f:id:ikarugasan:20160714072917j:image

先頭だったメイシーノさんは突然のメカトラで
止まってましたが、すぐに復帰します。
f:id:ikarugasan:20160714203827j:image

改めて、ようやくあぢかまの里に到着~!!
f:id:ikarugasan:20160714203850j:image

北側にバイクラックがあったのでそこに自転車を停め、パンやらドリンクやら色々補給して体力回復です。

冷房がガンガンに効いた室内で補給していましたが
外との温度差が半端なくて体壊しそうでしたね(笑)


補給を終えたら再スタート。
f:id:ikarugasan:20160714204130j:image

クサリのある変なところからの出発でスミマセン(;´^_^`)
f:id:ikarugasan:20160714204226j:image

スタートしてすぐに、少しの登り坂と少しのトンネル。
f:id:ikarugasan:20160714204323j:image

トンネルを出たら少しのダウンヒル

少し平坦を走って鉄道を超えたら左折して
湖沿いの道へ出ます!
f:id:ikarugasan:20160714204620j:image

ここは海津大崎という場所。琵琶湖の北部に位置する場所で、ビワイチの中でも最も景観が良い場所とされており、かなりの人気があります。
f:id:ikarugasan:20160714204801j:image
これはトップに載せた写真でもありますね。

いつものショットパート1。
f:id:ikarugasan:20160714204947j:image

いつものショットパート2!
f:id:ikarugasan:20160714205022j:image

左手には広大な日本一の湖!
f:id:ikarugasan:20160714205103j:image

あ、景観の良い海津大崎に来たからといって、
ペースが緩むことはなく、先ほどの高速巡航と4人ローテーションはまだまだ続きますよ(笑)
f:id:ikarugasan:20160714205234j:image
35km/h前後の速度で爆走です。多分、力尽きるまで終わらないんだろうなぁ・・・(軽く怖い話ですよね)

その後もひたすら高速巡航。 
f:id:ikarugasan:20160714205536j:image
速度が落ちることなどありません。
少なくとも自分が先頭の時以外・・・(笑)

ずうっと続く、地獄のようなトレーニング。
f:id:ikarugasan:20160716083231j:image

橋のところでアタック!
f:id:ikarugasan:20160716083311j:image
足が最後まで持たないというのに、なぜ足を消耗するアタックをしたのか自分でもよく分からない。
あまりのキツさに飛び出したくなってしまったのだろうか。

あぢかまの里の次に予定していたコンビニは、
この様子じゃまだまだ走れるなぁと思いスルー。

さらに次に予定してたコンビニで休憩することにします。

名所のひとつ、白髭神社が見えてきた!
f:id:ikarugasan:20160716083830j:image

鳥居の重なるグッドなタイミングでメイシーノさんが横から撮ってくれます♪
(もちろん車が来ないこと確認した上でです。)
f:id:ikarugasan:20160716083940j:image
f:id:ikarugasan:20160716083928j:image
みなさんはまだまだいけるようですが、
自分は正直かなり限界・・・。
写真でも辛そうな顔をしている(;´^_^`)(笑)

う~~、かなりヤバイ!けどあと少しでコンビニ!
f:id:ikarugasan:20160716084436j:image
耐えろ!耐えるんだっ!!

そしてやっとコンビニに到着!!
f:id:ikarugasan:20160716084553j:image
ふう、何とか持ちこたえたようだ・・・。
けど、次はヤバイかも・・・。

予定してたコンビニ(約40km地点で、あぢかまの里から約20km走ったところにあります)をすっとばして、次なるコンビニ(約70km地点で、あぢかまの里から約50kmも走ったところにあります(^^;))で停まって休むわけですから、ほとんど補給なしで高負荷で走り続けたことになります・・・(;´^_^`)

すっとばしたコンビニと今停まったコンビニとの間にコンビニがなく、ちょうど良い位置に休める場所がなかったんですよね・・・

休まず走り続けたせいか、みんなかなりバテバテの状態(笑)

軽い脱水症状?なのか、自分は体調があまりよくなかった・・・
f:id:ikarugasan:20160716104633j:image

とにかく補給食を食べて回復を図る。


みんなと喋りながら、確実に回復するのを待つ。

そして十分休憩したら、再スタート。

再スタートしてからも、ペースは先ほどと変わらず
35~40km/h。マジで地獄。
f:id:ikarugasan:20160716105047j:image

この鉄道の横の道は・・・!
f:id:ikarugasan:20160716110826j:image
前回ビワイチした際(過去記事「暴風のビワイチ」を見てください)に先頭集団からちぎられてしまった場所。

あの時の事は今でもよく覚えてる。

今回はまだ生きてる。
でもいつ死ぬか分からない・・・。

そんな恐怖に怯えながらローテーションで先頭に立つ。


先頭を終え、後ろへ下がって信号で停止する。
青に変わり、発進するがビンディングがたまたまハマらず、先頭が急加速していき発進のタイミングが遅れ置いていかれる。

必死に追うが差が全然縮まらず・・・。

後ろにいたかんぢさんがシビレを切らし、ブリッジをしてもらう羽目に・・・。

確実に自分だけ遅れ始めている・・・そんな気がしてならない。

とりあえず、お昼ご飯を予定してた場所・道の駅びわ湖米プラザに到着!
f:id:ikarugasan:20160716111102j:image
時刻は12:00です。

レストランからでも見える位置にバイクを停める。
f:id:ikarugasan:20160716111946j:image
ここ凄く景色いいですよね♪

レストランで食券を渡し、席に着く。

サイコンでここまでの記録を確認。
f:id:ikarugasan:20160716112046j:image
距離的には全行程の半分まで来ました。

平均速度はというと・・・
f:id:ikarugasan:20160716112230j:image

(;゜Д゜)ヤ、ヤバイ・・・


かんぢさんのガーミンは何故かもっと高いです。
f:id:ikarugasan:20160716112544j:image

前回の暴風のビワイチの時よりもアベレージが高い。
というか、過去最高の値を記録しています・・・。

疲れ過ぎて、もうここで琵琶湖大橋渡って帰っちゃおうか?みたいなヘタレ提案をするikaruga(笑)

それに対し、かんぢさん、ショウスケさんはどちらでも良いという意見。
メイシーノさんは走り足りないとのこと。どんだけ走れるんですか。

ジャンケンで決める、コイントスで決めるなど、
色々提案があったが、最終的にフルビワイチすることになった。

じゃないと、今日来た意味がないしね!
(今までの橋を渡る流れは何だったんだろう(笑))

さっき補給した場所から20kmしか走っていない。
そのため、あんまりお腹が空いてないけど、食べないと走れないからとりあえず食べる。
f:id:ikarugasan:20160716113148j:image

さようなら、琵琶湖大橋・・・!
f:id:ikarugasan:20160716190415j:image
また来るよ、渡らないけど・・・!(笑)

琵琶湖大橋を背に、南湖一周へ向けて走り出す。
f:id:ikarugasan:20160716190539j:image
ポーズしてくれてありがとうございます・・・!

戻ってきた、交通量の多い交差点。
f:id:ikarugasan:20160716190645j:image

ここからは交通量の多い道。かなり危険なので
ペースを落として走行します。
(今回走った中で唯一30km/hを下回ってゆっくり走った区間でした・・・。逆にこれが回復のチャンスとなってありがたかったり。)

止まっては発進止まっては発進の繰り返し。
f:id:ikarugasan:20160716190722j:image
(□_□)b


交通量が多いのは琵琶湖大橋の近くだけで、
そこさえ抜けてしまえば車の流れも良く、走りやすくかった。

高速巡航は復活・・・するかのように見えたが、追い風で楽に35km/hが出る。
風のおかげで速度が出ているだけで、強度的には
先ほどよりも全然大したことない。楽チンである。
なので、やや高速巡航という位置づけにしたいと思う。
(強度が全然足りなかったなんて一言も言ってませんので勘違いしないように。)

やや高速巡航。
f:id:ikarugasan:20160716191925j:image

大津港に来ました!
f:id:ikarugasan:20160716192828j:image

湖なのにフェリーがあるのは初めて見る。驚き。
f:id:ikarugasan:20160716192941j:image

その後もどんどん南下。
f:id:ikarugasan:20160716193216j:image

近江大橋を渡らず、橋の下をくぐってさらに南下します。
f:id:ikarugasan:20160716193233j:image

このへんからやや高速巡航は終了し、後ろから
飢えた魔物たちが飛び出していき、地獄の高速巡航が再び始まる・・・。
f:id:ikarugasan:20160716193036j:image

南下するにつれ、なんとなくだが京都っぽい町並みに変わってきました。
f:id:ikarugasan:20160716193014j:image

すぐお隣が京都だからかな?この雰囲気はとても好きです。
f:id:ikarugasan:20160716193251j:image

どこまで南へ行くんだと疑問を持たれている方々、お待たせしました。
ようやく目的地に到着です!
f:id:ikarugasan:20160716193318j:image

自転車乗りの間で巷で噂の和菓子屋さん、
茶丈藤村(さじょうとうそん)です(^^)b
f:id:ikarugasan:20160716193436j:image

バイクラックが設けられており、
自転車乗りWELCOME!!・・・なお店らしいです。

実は自分も行ったことがなく、某マイミクさんがこのお店に寄って、美味しそうな和菓子を食べているつぶやきを見て自分も行ってみようと思っただけであり、まだ情報がほとんど無い状態なのです(;´^_^`)

さあ一体どんなお店なのか!?

早速お邪魔させていただきます♪
f:id:ikarugasan:20160716201617j:image

まずはメニューを拝見。
f:id:ikarugasan:20160716201701j:image
オススメも聞いたけど、なんとなく右上の
抹茶くず流しが気になったので注文。

すると、お店の方がやってきて、どこから来たんですか?とトークが始まる。

そして、ここまで120km走ってきたことを伝えると・・・


!!

f:id:ikarugasan:20160716193451j:image

なんと!まんじゅうが出てきたではありませんか!
f:id:ikarugasan:20160716193509j:image

どうやら、100km以上走って来店したサイクリストにはサービスがつくらしいです。

ということは200km走って来店すれば、さらに
凄いものが出てくるかも・・・!?(嘘)

ようやく注文した抹茶くず流しが登場。
f:id:ikarugasan:20160716193546j:image
ひんやりアイスとモチモチ白玉が最高に美味しい。
抹茶もピッタリ。とっても贅沢な味わいでした♪

お店でのんびり過ごしていると、どんどんサイクリストが集まってきます。

店の外に出た時点では、とんでもない状態に(;´^_^`)
f:id:ikarugasan:20160716193619j:image

さて、お店を出て出発しようと自転車にまたがった瞬間、お店の方が慌てて出てきて呼び止められる。

何か忘れ物でもしたかな??
と思ったが予想は外れる。

なんと!!お店の方がカメラを持って写真を撮ってくれました!
f:id:ikarugasan:20160716193631j:image
なんと素晴らしいサービスなんでしょう。

ここはまさにサイクリストのオアシスですね!

さらにこんなシールまで貰いました(笑)
f:id:ikarugasan:20160717072043j:image
某コンビニ風・・・ですね(笑)

茶丈藤村さん、素敵な和菓子とサービスをありがとうございました♪
また近くを通ったら寄らさせていただきます(^^)b


さて、ここからは琵琶湖一周の旅が再び始まる。

少し北上して、京都風の橋を渡ります。
f:id:ikarugasan:20160717072350j:image
ショウスケさん曰く、この橋はフルビワイチの証なんだとか。

記念にショウスケさんが写真を撮ってくれます♪
f:id:ikarugasan:20160717072444j:image
お二方も!
f:id:ikarugasan:20160717072515j:image
おまけに363ジャージをアピール(笑)
f:id:ikarugasan:20160717072540j:image
みんなありがとうございます(^^)b
f:id:ikarugasan:20160717072659j:image

さて出発!
f:id:ikarugasan:20160716193720j:image

橋を渡ってすぐのところを左折し、あとはずっと北上すれば一本道で長浜豊公園まで帰れます!(距離は別として・・・)

さあここから再び36~40km/hの地獄の巡航が始まる・・・
f:id:ikarugasan:20160717072924j:image

下ハンで必死に食らいつく。

自分は正直限界が近く、先頭に出ても明らかに2,3km/hほど速度が落ちていた。

がんばれ!がんばるんだ!
f:id:ikarugasan:20160717073536j:image

そして琵琶湖大橋も通り過ぎ、最後のコンビニ(ローソン)に到着。

疲れのせいか、何故か写真を撮り忘れる。

とにかく回復のために、フルーツ系の補給食を
買って食べる。
少しでも回復させないと本当にヤバイ

鬼軍曹と恐れられるメイシーノさんも、この時ばかりは見たことがない形相でたたずんでいた・・・。
表情からして、かなりツラそうです・・・。

しかしそれは皆同じ。

誰かが脱落するまで必死に食らいついて、
地獄の(特に意味の無い)サバイバルを戦い抜いているんです。


最後の補給を終えた。


・・・よし。

次はゴールまでノンストップ。
これが最後の戦いになる。


最後まで生き残るために、
愛する者のために!(そんなものはいない(笑))

負けられない戦いがここにあるんだ!!


そうして(無駄に)熱い思いを抱き、ikarugaはクリートをペダルにはめたのであった。


まずはikarugaが先頭に立ち、最後の猛攻!

TTモードになってほぼ全力の95%の力で踏み倒し、
41km/h巡航で集団を鬼引き。

でも皆さん余裕でついてきます。(笑)
f:id:ikarugasan:20160717202832j:image
不死身ですかあなた達は・・・。(;´^_^`)

そしてローテーションで後ろに回る
f:id:ikarugasan:20160717202909j:image

速度が33km/hまで落ちたところで(表現が狂ってる)メイシーノさんが写真を撮ってくれます。
f:id:ikarugasan:20160717203800j:image
写真に写る瞬間だけ強がり、良い画を残そうとするとはまさにこのこと。

ikarugaは本当に本当に本当に限界が近いです(;´^_^`)

自分の出番が来て先頭に出ても、もう32~33km/hくらいしか出ない。
完全にペースダウンとみなされたのか、すぐに後ろが交代して前へと出てくる・・・。


そしてついに恐れていた事態が起こってしまう・・・


ローテーションして後ろに回った瞬間、グイグイペースを上げられ・・・・・・・・・


あ・・・・・・もうダメ・・・(>̣̣̣̣̣̥ <̣̣̣̣̣)
f:id:ikarugasan:20160717204243j:image

ikaruga、無念の脱落・・・!!


メイシーノさんが前から撮ってた(笑)
f:id:ikarugasan:20160717225819j:image

足がつったとか、カロリー切れになったとか、
そういうんじゃない。

完全に足が終了した。

ダンシングしても、足のすべての筋肉が終わってるので全く無意味。

乳酸がMAXまで溜まり、筋肉が動かなくなってしまったのだ。

回復させるには、足を止める他方法は無い。


3人はちぎれたことに気づき、近くの休憩所みたいなところで停まってくれる。


とりあえず自分もそこに向かって走り、休憩所に到着。

メイシーノさんが撮ってくれていたが、この時の自分はちぎられたショックで身も心も完全にK.O.(×_×)
f:id:ikarugasan:20160718054454j:image

くるくる回ってひたすらストレッチとかして、
乳酸処理をします。
f:id:ikarugasan:20160718054737j:image

そしてちょっと落ち着いたら再スタート。

ここからは1度ちぎれたため、ペースを落として走ろうねということで30~31km/hまでペースを落として走行。
f:id:ikarugasan:20160718054954j:image

この速度帯でついていくのはとても楽です。

ここからは30km/h巡航だけどほとんどまったりモードです(笑)


メイシーノさんがカメラを後ろに向けるので思わずポーズ(笑)
f:id:ikarugasan:20160718160818j:image

速すぎるんだよーっ!と、プロトンを代表して心の叫び。
f:id:ikarugasan:20160718160926j:image

こちらは喜びの(勝利の)拳?(*^-^*)
f:id:ikarugasan:20160718161013j:image

遠くにスタートした場所、豊公園の隣にある長浜ロイヤルホテルが見えます。
f:id:ikarugasan:20160718161204j:image

正面に見えるのは彦根ビューホテル。
f:id:ikarugasan:20160718161621j:image
だいぶ帰ってきましたねー!

メイシーノさんがバンバン撮ってくれます。
f:id:ikarugasan:20160718161924j:image
自分は何故か琵琶湖を眺めてた(;´^_^`)

今度は正面に彦根城
f:id:ikarugasan:20160718162154j:image

こちらは今年の3月にビワイチライドのイベントの際、お世話になった双葉荘!
f:id:ikarugasan:20160718162322j:image

さらに彦根ビューホテルも通り過ぎる。
f:id:ikarugasan:20160718162856j:image
ここは今年のビワイチライドのスタート地点。

来年のビワイチライドのスタート地点は長浜の豊公園に変わります。そう、今日まさにスタートした場所。

もうすぐでゴールだーっ!
f:id:ikarugasan:20160718163355j:image

タイトル・熱き漢たち!
f:id:ikarugasan:20160718163655j:image

右手に伊吹山が見えます。そして伊吹山を撮るところを撮られる(笑)
f:id:ikarugasan:20160718163846j:image

もうゴールは目の前!何故かペースを上げられ、ついていけずに置いてかれるところを撮られる(;´^_^`)
f:id:ikarugasan:20160718164553j:image


そして・・・ついに・・・・・・・・・!!



ゴール!!!

f:id:ikarugasan:20160718164724j:image

ikarugaもバンザイ!
f:id:ikarugasan:20160718164846j:image

からの・・・

今年のジロで見せたニバリのゴールポーズ(笑)
f:id:ikarugasan:20160718164924j:image
ゴールを少年の魂に捧げます・・・。


というわけで17:36、フルビワイチを無事達成して
豊公園へ帰ってきました!!

走行距離は194km。何故か200kmいかなかった。

そして平均速度はというと・・・

なんと、31.30km/h(笑)

このメンバーだったからこそ、この記録をたたき出すことができたんですね!なんて恐ろしい!

キツすぎるライドでしたが、こういう記録が出せると達成感があり、とても楽しいです。
でも、またこれをやれと言われたら、そそくさと退散します(笑)

次にビワイチする時は、普通の北湖一周150kmコースで、のんびりと景色を楽しみながら走りたいですね~(;´^_^`)

ゴール後はみんなで完走記念の撮影タイム!

みんな、疲れきってヘトヘト・・・orz
f:id:ikarugasan:20160718165526j:image
(傍から見たらナニシテルンダコイツラ( ゚д゚)って感じですよね(笑))

だけどやっぱり、ここはビワイチのイチでみんなでポーズを決めます(^o^)b

フルビワイチ、制覇!!
f:id:ikarugasan:20160718165554j:image

みなさん、大変お疲れ様でしたー!!
地獄で過酷なライドをありがとうございました・・・じゃなくて、走りごたえのあるハイレベルなライドをありがとうございました!(笑)

さて、レンタカーに最初積んできたように自転車を積み、夕飯に向かいます。
f:id:ikarugasan:20160718165728j:image

と、その前に銭湯♪
f:id:ikarugasan:20160718165614j:image
汗を流してサッパリしてから、夕飯です。
f:id:ikarugasan:20160718165629j:image

レアチャーシューというラーメン。
f:id:ikarugasan:20160718165645j:image

ボリューム満点、高カロリーな夕飯でした(;´^_^`)

その後はショウスケさんとここで解散し、
自分たち3人は高速に乗って愛知へと帰り、皆帰宅したのでした。
(かんぢさん、運転ありがとうございました!)

【この日の記録】
走行距離・・・194.49
走行時間・・・6:12:48
平均速度・・・31.30
最高速度・・・55.51
平均ケイデンス・・・96
最大ケイデンス・・・136
最大パワー・・・552
平均心拍・・・164
最大心拍・・・192
累積標高・・・487
獲得標高・・・164
最大勾配・・・7



以前ブログで伝説の峠へ行くかもしれない!
というようなことを言っていたかと思うのですが、
残念ながら天気が崩れてしまったので結局行っておりません(;´^_^`)

伝説の峠とはどこのことだったのか・・・
ヒントは「日本一標高の高い国道」ですよ!



【次回予告ライド】
7月は残念ながら土日休みがなく、バラバラなので
次回予告ライドは再びお休みします。
スミマセン(;´^_^`)

なお、以前言ってた乗鞍は8月のレースまでには
行っておきたいので、8月上旬か中旬あたりで計画することになるかと思います。
日程が決まったらまた伝えます。
(一応、日帰りとして乗鞍エコーライン(長野県側)を登ります。スタート地点の近くにトランポできたらいいなーという感じで考えてます)

乗鞍は今回のフルビワイチのように過酷なライド
にはせず、景色を楽しんで完走だけを目的に走るつもりです。なのでTTはしません。全力で登る気など一切ありませんのでよろしくです(笑)
ちなみに何故乗鞍を計画したのかというとレースまでにもう1度コースを確認しておきたかったからなのです。




・・・と、ダラダラと書いたはいいですが一緒に乗鞍登ってみたいという方なんているのでしょうか・・・??(;´^_^`)


とりあえず、乗鞍は自分が行きたいだけなので
参加者がいなくても当日天気さえ良ければ1人で行ってきます。

(もし1人だった際には輪行藪原駅からまた自走で行こうかなとも考えていたり(笑))

そういうわけなのでよろしくです。

それでは、また!