読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ikarugaブログ(いかるがぶろぐ)

山をこよなく愛するサイクリスト、ikarugaの自転車日記。山・峠・激坂が大好きな坂バカです。各地の激坂に挑む激坂ハンターもやっています。ロングライドイベント、ヒルクライムレースにも時々出ています。

超兵器・CDJ(カーボンドライジャパン)ビッグプーリー&デュラペダル【PD-9000】インプレ編!

前回の記事では各パーツの紹介をメインに話しました。
f:id:ikarugasan:20160630072120j:image
今回はその使用感について話していきます。
タイトルにもある通りインプレ編になりますね。

6/25(土)、この日のうちに各パーツの装備が完了。
時刻は14:00頃。

どうしても新パーツで雨沢TTをやりたい!
ということで、これから雨沢峠へ行きます。


ちなみにデュラペダルは行きつけのショップで、
ビッグプーリーとリアディレイラーは名古屋にある
「Y」の店で買って取り付けてもらいました。

こんな感じの写真を撮った場所も、
f:id:ikarugasan:20160630072209j:image

実は「Y」の店の前だったのです。
f:id:ikarugasan:20160630072323j:image
ビッグプーリーを取り付けてすぐの状態で撮影をしております。


さて、これから雨沢峠へ向かいます。

雨が降っていますが、そんなこともお構い無しに突撃です(笑)
雨でもレースは開催されるし、何より新パーツを試したいという欲求が抑えきれないので(笑)


ビッグプーリーを装備して、ワクワクの走り出し。

さぁ、一体どんな感じなのか・・・!?


・・・おぉ!?


ギヤが軽くなった・・・気がする!


劇的な変化ではなく、ビッグプーリーに変えたと言われれば確かにそうだな、というようなレベルでした(;´^_^`)

でも、前と同じギヤ比で走った時、前よりも確実に軽くなっているのを感じられました。

なんというか、前よりも回しやすくなったような・・・
そんな感覚。

走りに効果があるのは間違いなさそうです。

これで峠のTTをすれば、一気にタイム更新ができそうな・・・そんな気がする!(あくまで気がするだけのため、100%タイム更新できるとは断言してません(笑))


そんな感じで新たなフィーリングに感動しながら
雨沢峠に向かいます。

雨沢へ向かう途中のコンビニで休憩。
f:id:ikarugasan:20160630185959j:image
写真では晴れているように見えますが、
実際は曇ってて雨がずっと降り続けてます(;´^_^`)


走り出して瀬戸しなの。

ビッグプーリー、かなり目立ちます(笑)
f:id:ikarugasan:20160630190540j:image

瀬戸しなのも出発して、雨の中1人で雨沢峠へ。


そしてさっそくTTスタート。

前回走った時は(ブログには書いてませんが)ペース配分を誤り、終盤でたれてしまい20分すら切れなかった。

今回はその反省を生かして序盤から抑え気味で走る。

抑え気味に走るのはいいが、なんとなく今までよりも遅いような・・・。

今日はなんだか調子が悪い感じがする。
マシンの調子はすごくいいんだけど(笑)


終盤にさしかかり、序盤を抑え気味で走ってたおかげでさらにペースを上げていける。

三国山入口のところでタイムを確認すると19:00ちょっと。

明らかに今までより遅い(笑)

ゴールし、タイムを確認すると19:53でした(;´^_^`)
f:id:ikarugasan:20160630190612j:image

明らかに出力不足。今までの走りが全然できてなかった。

今回タイムが落ちた原因としては、ヒルクライムの時のペダリングを忘れてしまったとしか言いようがない。

自分不器用なもので、スポーツをやる上でより高い運動能力を発揮するための「動き」をよく忘れることがあるのです。

3月くらいにスランプを脱出して雨沢峠で久しぶりにタイム更新しましたが、スランプ期間中はまさに今回と同じ状態でした。

・・・と、ダラダラと書きましたがせっかく新パーツを導入したというのに、全く扱いこなせていない。

高い金を費やしたというのに、効果が現れてくれない時ほど寂しいものは他にありません(笑)


雨沢夢の18分切りへの道はまだまだ長そうです・・・。


時刻は現在17:00。
雨も降り続いており、このまま居ても風邪をひいてしまうだけなので下って家に帰ります。

雨の中での雨沢ダウンヒルは初めてでしたが、なかなか怖かったです。
特に縦線の入った凍結防止区間とか(笑)

いつも以上に速度を落として無事ダウンヒルを終え、ずぶ濡れになって帰宅しました。


そういえば、デュラエースのペダルについての
インプレがまだでしたね。

デュラペダル、その軽い重量となめらかすぎる回転性能により、足回りがたいへん軽やかになった感触があります。
例えるならば、クツに翼が生えたような、あんなイメージで大丈夫です(笑)
(どこのファンタジーなんだ?(;´^_^`))

真面目に話をすると、軽いのでペダリングがほんの少しラクになった感じはありますね。
ホントにほんの少しですよ。

でも、これがヒルクライムの速さにつながるかといわれると、うーん・・・・・・。
というのが正直な感想(笑)

でも、絶対にラクにはなっているので、足を前よりも温存できたり、出力が出しやすくなるため、確実にパワーアップにはなってくれています。


いろいろとグダグダなインプレでスミマセン(;´^_^`)

新パーツには少し慣れる期間が必要みたいです。

ホイールをレーシング3に変えた時も、峠のタイムが大幅に良くなるまで結構時間がかかっていました。

いつか新パーツで18分を切って、効果を証明したいと思います。

【この日の記録】
走行距離・・・92.09
走行時間・・・3:48:46
平均速度・・・24.15
最高速度・・・58.03
平均ケイデンス・・・93
最大パワー・・・293
平均心拍・・・151
最大心拍・・・196
累積標高・・・670
獲得標高・・・481
最大勾配・・・9







翌日・・・


6/26(日)、この日は前日の雨沢での不甲斐ない結果に満足がいかず、二ノ瀬へ突撃することにしました(笑)
(実はまだまだブログは続きますよ(笑))

参戦の声をあげてくれたのはショウスケさんと
メイシーノさん。
メイシーノさんは前から一緒に二ノ瀬へ行きたかったとのことだったので、今回一緒に行くことになりました。


朝、エアポートの近くにあるコンビニで8:30に待ち合わせ、そこから市街地を通って二ノ瀬を目指して出発です。


道中は長いので省略。(笑)


唯一撮ったのは揖斐川を渡る橋にて、いつものショットです!
f:id:ikarugasan:20160703192821j:image
(後ろめっちゃ遠かった(;´^_^`))


そんなこんなで二ノ瀬TTスタート地点。

雨沢はダメだったけど、二ノ瀬ならばビッグプーリーの力を遺憾なく発揮してタイム更新ができるはず・・・!

そう信じて、いざスタート。

ショウスケさんとメイシーノさんは後ろに張り付いてのスタートです。


スタート前、ビッグプーリーによってメイシーノさんを今日超えてしまうかもしれないというような発言をして闘争心むき出し状態になります。

過激な発言・・・ではないけれど、今日こそ勝つ!というような意味合いで二ノ瀬ヒルクライムバトルを盛り上がらせます(笑)

(ヒルクライムバトルになってるけどあくまでも個人TTです(;´^_^`))


そうして序盤の平坦がやってきていつもの30km/h程度のペースで登っていく・・・・・・けど、
なんかいつもより遅い・・・??(笑)


門のところも超え、いつものペースで登っていってるつもりなんだけど、ホントに調子が上がらないのか、速度があまり乗りません・・・。

後ろからも「あれっ?いつもの走りは?」的な発言をされ、やはりこのペースは確実に遅いのか!ということを実感する(笑)


しかし、トンネルを超えてからはなんとか調子を取り戻し(ショウスケさんによると)300Wの出力でいつものように9%坂をガンガン登っていく。


途中、メイシーノさんから写真攻撃を喰らったが、
とりあえず今回はベストを出したいから走りに集中・・・(笑)
(無反応でスミマセンでしたm(_ _)m)


後ろからたくさん撮ってくれてました。
f:id:ikarugasan:20160704160438j:image

ショウスケさんはいつの間にかいなくなっており、
再びあの時(鳥ナントカ峠(笑))と同じ状況に・・・!
f:id:ikarugasan:20160704160614j:image


中盤を超えたあたりで、ついにメイシーノさん始動!!

一瞬で置き去りにし、あっという間に差が開きます。
f:id:ikarugasan:20160704161047j:image

ikaruga「このまま行かせて・・・なるものか!!!!」


ikarugaも不屈の精神でついてゆきます。


ikaruga「ビッグプーリー!!力を貸してくれーッ!!」


加速力は、前より確かに上がっている。
もしかしたら、追いつけるかも・・・?と、自分を信じてついていった。


しかし、その圧倒的な力の差はそう簡単に埋まる
はずもなく・・・
f:id:ikarugasan:20160704161105j:image


そして誰もいなくなった (2回目)

f:id:ikarugasan:20160704161514j:image

(このネタは鳥越峠へ行った時に初めて登場しました)


あらら・・・また置いていかれてしまいました。

しかし、足を緩めることなく、そのまま高負荷の状態でゴールを目指します。


終盤のカーブで、先にいるメイシーノさんがチラチラっと見えていたが、どんどん離されて見えなくなってしまった。


その後はいつものようにスパートをかけてゴール。


結果、タイムは・・・・・・21:56!

前回のベストの時が21:28なので、28秒タイムが遅くなったことになります。

・・・結局今日もビッグプーリーの力を発揮してタイムを更新することは出来なかった・・・。
悲しい。ブワッ。゚(゚´Д`゚)゚。

ちなみにメイシーノさんはというと、21:05で登ったらしいです。早すぎ。

毎回、自分と一緒にどこかの峠に行くとベストのタイムを出されて置き去りにされてしまいます。
でもいつかは勝てるといいなぁ・・・。

そして、ショウスケさんも登ってきて全員ゴール。

ゴール後はベンチに座って3人でまったりと、
今日の走りを振り返る。

そんな中、一つのある提案が出された。

「反省ライドということで、もう一回登りましょう!」

誰が言ったか忘れたが(多分自分(笑))
もう一度二ノ瀬を登ることに(笑)


というわけでダウンヒル
f:id:ikarugasan:20160704163618j:image
メイシーノさんが遠くから撮ってくれてました。
私とショウスケさんが下ってるとこです。


コースの途中にある自販機でドリンク補給を済ませ、神社近くまで下って二ノ瀬2本目がスタート!

2本目は反省ライドということでTTはしません。

各日のペースで、ゆっくりと登っていきます。
(とは言ったものの、3人で走っててペースが上がらないわけがない(笑)
きっと誰かがアタックをかけて穏やかな集団を崩壊させるに違いない・・・(笑)(;´^_^`))


その予想は見事的中し、序盤の平坦を超えたあたりでショウスケさんがダンシングで飛び出していく
…( ゚д゚)

仕方ない!ここはジワジワと差を詰めて吸収しよう!

その言葉通り、少しずつ差を詰めて無事吸収。

ふう、これで平和がまた訪れた・・・・・・・・・
とか言っときながら今度は自分がカウンターアタック(笑)

1人飛び出します。

しかしこのまま逃げ続けてもなぁと思い、足を緩めて集団に復帰します。
(何がしたかったんだろう・・・)

そして3人で走行するが、メイシーノさんがジワジワと前へ出る。

やけにペースがはやい。
でもショウスケさんはついていってる。

正直、自分はもうついてく力が
残ってない・・・・。

うーん、悔しいですがここでさようならのよう
です。゚(゚^^゚)゚。


そして1人ダラダラと登ってゴール。

ゴールではメイシーノさんがカメラを持って待ち構えてた。
f:id:ikarugasan:20160704164910j:image
(ちなみに1本目の時は撮り忘れてた
みたいです(;´^_^`))


ゴール後は再びベンチに座ってまったり休憩。

ビッグプーリー、いつになったら本気出すんだろう・・・
f:id:ikarugasan:20160704164847j:image
真の力を発揮する時こそ、金色に光り輝く・・・
とかって取説に書いておいて欲しかった。(謎)


最後に近くにいたサイクリストの方に写真を撮ってもらいました(^^)♪
f:id:ikarugasan:20160704165346j:image
いい感じです。
今日の二ノ瀬を戦い抜いた3人でした。


その後はダウンヒルして、近くに道の駅があるということでそこでお昼ご飯です。

二ノ瀬手間の信号を右に曲がって、次の信号も右に曲がって1kmくらい行った先にある道の駅、
月見の里 南濃に到着!
f:id:ikarugasan:20160704165921j:image

何でもかんでも写りたがりやがります(笑)
f:id:ikarugasan:20160704170029j:image

そして美味しいお昼ご飯。
f:id:ikarugasan:20160704170125j:image
疲れも取れます♪

道の駅で休んだら、もうあとは帰るだけ。

先ほどの信号のところまで戻ったところで、
なんとメイシーノさんが二ノ瀬もう1本登ってくると言って二ノ瀬の方へ行ってしまいました。
スゴイですね・・・まだ登るとは。流石です。
ということでここでメイシーノさんとはお別れ。

ありがとうございましたm(_ _)m

 
ここからはショウスケさんと二人旅。

朝来た道を戻り、追い風下で爆走・・・っていうほど爆走はしてないけど、高速巡航でショウスケさんを木曽川まで連れていきます。

ショウスケさんは木曽川堤防を走って帰るとのことだったので木曽川のところで解散しました。

ありがとうございましたm(_ _)m

自分は市街地を通り、真っ直ぐと家目指して走って無事帰宅しました。

【この日の記録】
走行距離・・・114.23
走行時間・・・4:36:15
平均速度・・・24.81
最高速度・・・64.44
平均ケイデンス・・・94
最大ケイデンス・・・130
最大パワー・・・423
平均心拍・・・149
最大心拍・・・192
累積標高・・・962
獲得標高・・・396
最大勾配・・・9




ということで2日分の記事終了。

インプレ回だったというのに、後半の方はほとんど
遊びでしたね、スミマセン(;´^_^`)

ビッグプーリーの効果、いつか雨沢18分切りを果たして証明して見せます!

それまで、ちょっと時間がかかるけど気長に待っててくださいね!(;´^_^`)




次回のお話はマイミクさん6人と行ってきたチタイチのお話になります。

次回もお楽しみに!
f:id:ikarugasan:20160704171453j:image