読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ikarugaブログ(いかるがぶろぐ)

山をこよなく愛するサイクリスト、ikarugaの自転車日記。山・峠・激坂が大好きな坂バカです。各地の激坂に挑む激坂ハンターもやっています。ロングライドイベント、ヒルクライムレースにも時々出ています。

リハビリライド in 笠置山

10/15(土)は落車後のリハビリライドということで笠置山へ行ってきました!
f:id:ikarugasan:20161017065926j:imageなんともお遊び感たっぷりの絵ですね(笑)

 

リハビリライドのくせして、笠置山まで登っちゃうという、いつものライドと何ら代わり映えの無いような今回のライド。

本来の目的はロングを走っても痛みが出ないかどうか等を確認するために走るのですが、少し走ってみても全然問題なかったので全行程走りました。

全行程のうち3箇所に勝負所を設けましたが(スプリントポイント×1、山岳ポイント×2)全て全力で踏んでも全然問題ないくらい回復してたので結果的にリハビリライドとしては大成功でした(^^)b

(勝負所を設けてたり、そもそも笠置山まで登るというコース設定の時点で既にリハビリの域を超えてる気がしないでもないですが(笑))

 

もともとはのんびり走るつもりだったので、mixiのマイミクの方々やikarugaレーシングの方々に一応声をかけてみたところ、かんぢさん、ショウスケさんから参戦表明が。

しかし、ショウスケさんは諸事情により走れなくなったため、かんぢさんと2人で走ることになりました。かんぢさんよろしくお願いしますm(_ _)m

 

朝4:40起床。6:30に落合公園にかんぢさんと合流・・・・・・・・・の予定だったが、朝にサドルを交換していたら時間がどんどん削られ、結局27分ほど遅刻して落合公園近くのローソンで合流(;´^_^`)
f:id:ikarugasan:20161017072844j:image

すみません・・・前日はタイヤ交換してて時間がなかったです・・・しかもサドル交換は初めてだったので要領が分からず苦戦^^;(言い訳)

走りながら色々話そうということですぐさま出発!

いつものように会話を交えながら走ります。今日は4月に5人で笠置山へ行った時と同じコースを走る。同じコースを走ってるとあの時を思い出すなぁ~(^^)♪

入鹿池に到着。

f:id:ikarugasan:20161017072101j:image

今回は待っててもメイシーノさんはやってこない。(笑)

草むらには霜らしき水滴が。

f:id:ikarugasan:20161017122455j:image

朝が冷え始めてきた証拠ですね。

今日は大体22/11℃くらいになるという予報だったので、秋用ジャージを着てきました。+腕にアームウォーマー。

それに対して、かんぢさんは夏用ジャージ。

さすがに夏用ジャージでは朝の走り出しはかなり寒かったみたいです(;´^_^`)

こちらが着てきた上15℃下10℃用の秋ジャージだと、朝の冷え込みにはちょうどいい感じに対応することができました。むしろ、アームウォーマーのせいでちょっと暑すぎるくらい(;´^_^`)

流石に暑すぎたため、結局すぐにアームウォーマーは脱いで走りました。

入鹿池にある橋を走行。
f:id:ikarugasan:20161017181833j:image

朝はほんとに気持ちがいい!好きな時間帯はどれかと聞かれたら即座に朝と答えます。それくらい好きです。

犬山を抜けて岐阜に入り、今度はR248を走行~
f:id:ikarugasan:20161017181950j:image今日は2人だけなのです(;´^_^`)

それでも、ネタの尽きないかんぢさんとの自転車トークでずっと盛り上がり、2人でも十分にライドを楽しんでいます(笑)

 

笠置山へ行く時にいつも止まるサークルKで休憩するが、力の源であるオニギリが置いてなかったため、もう一つのサークルK(418の登りが始まる直前に出てくるところです)で休憩。

オニギリ3個+グミ1袋を補給し、笠置山までのカロリー補給完了!

さっそく登り始めます。

f:id:ikarugasan:20161017182321j:image

天気も気温も最高。ペースに関しても、とばしたりせず穏やかなペースで合わせて走ってくれるので最高に気持ちいい!!

車も全く来ないし、会話は止まらないし、もう何もかもが楽しすぎる。こういうのを求めていたんだっ!!

と、テンションが上がるがそれに合わせるかの如く、気温もかなり上がってきた。

f:id:ikarugasan:20161017183541j:image

ジリジリと日差しが照りつけてきて、秋用ウェアではアームウォーマーを外して前のチャックを開けていてもかなり暑いです(;´^_^`)

こういう時こそ、夏用ジャージに軍配が上がる訳ですね。

 

そして八百津の名所のひとつ、新旅足橋に到着!
f:id:ikarugasan:20161017183949j:imageお?太陽の光によって、橋から伸びる1本の影の柱ができてた\(^^)/

この橋、谷底までの距離はなんと200mもあります。

高い場所に来たらやらざるを得ないお約束ポーズ。f:id:ikarugasan:20161017184408j:imageダイブ!!\(^^)/

前はみんなでここで記念撮影したなぁ。懐かしい。f:id:ikarugasan:20161018054600j:image

まだまだ先は長いのでどんどん進みます。
f:id:ikarugasan:20161018054652j:image

ひたすら続く緩い坂。

その道中には、小さなネタも隠れてます。f:id:ikarugasan:20161018054726j:image御嶽山が見えるかどうかは、ぜひともご自身の目で確かめて見てくださいね!

直売所のところが近づいてきた。

ここで、直売所ゴールでスプリント勝負しましょうと提案。(もちろん車が来てないことを前提に。)

目的は笠置山の前に体を高負荷に慣らしておくためである。

返答としては・・・さすがはかんぢさん。即座に承諾してくれて、突然のスプリント勝負開始!

初めは横並びだったが、ゴールが近づいてきたところで一旦背後に回り込み、一気に加速して横から抜き去る!

心拍は一瞬の間に191bpmまで上昇し、まずは本日のスプリントポイント獲得(笑)

ゼエゼエになりながら、直売所に到着です。f:id:ikarugasan:20161018054936j:image

何故かスピードが上がらなかったというかんぢさん。その理由は、アウターにすることを忘れてインナートップのまま回し続けていたせいなんだとか(;´^_^`)

通りで物凄いケイデンスだった訳です・・・。

 

軽く休んだら、笠置山目指して出発。

直売所のすぐ隣にある本日のお昼ご飯の場所、しおなみ荘。今日は回転灯が回って営業しているようだったので一安心。
f:id:ikarugasan:20161018055942j:image

たまにやってない時があるので、その時は昼ごはんが食べられなくて苦しむことになります(笑)

その後、アップダウンをこなして坂折棚田に到着。
f:id:ikarugasan:20161018060828j:image

前来た時はみんなで笠置山を指さして楽しく写真撮ってたなぁ。全てが懐かしい。

トイレを済ませて自販機でドリンク補給したら、下っていよいよ笠置山スタート地点へ。
f:id:ikarugasan:20161018061112j:image

リハビリライドだけど、足が好調のようなので山岳TTをすることにします。

ストラバのセグメントも設定されている笠置山。ここでかんぢさんとTTで勝負します。

自分が得意としている山岳TTです。

負けませんよー!(^^)/

 

・・・が、その思いは一瞬にして打ち砕かれることになる・・・

 

笠置山がスタートして、最初の左折して入っていく場所までは一緒に走行。

左折してからは、かんぢさんがパワーを上げてとばしていく。

ついていこうかなと思ったが、このペースで踏み続けると・・・確実に死ぬ!

そう思い、いつものように個人山岳TTモードに入って一定ペースを刻む。

が、やはり先行しているかんぢさんが気になっていつもより集中できず、ペースが若干乱れる(笑)

スタートが同じだったので、山岳TTといえどどこかで抜かさねば勝ちはありません。

最後の方で落ちてきてくれることを祈って、一定ペースを頑張って刻む。

その後は笠置山名物の9%坂に突入。結構なキツさです。

登っている最中、カーブが出てくる度に、かんぢさんはまだ見えないのか!?とばかり心の中で思ってしまう(笑)(;´^_^`)

広場みたいなところが後半出てきますが、今回はTTなので完全にスルーして、一気に頂上まで登ります。

広場から頂上までは距離にして大体1.5kmほど。勾配は相変わらずキツイままだ。

広場を超え、未だにかんぢさんを捕まえられていない。この時点で、もう負けはほとんど確信してます・・・(;´∀`)アハハハ・・・

(雨沢峠のタイムで僅差なのだから、実力はほとんど同じ。あとは、その日その時の調子で全ての勝敗が決まる。そして、タイムがほとんど同じということは、差も圧倒的に縮まりづらい。この時点で捕まえられていない・・・それすなわち絶対に追いつかないということである。まあ、もしもたれてきてペースが落ちているようであれば話は別だが。)

勾配がキツすぎて、とうとう出力が落ちてきた。カロリーも切れ始め、心拍も185bpm→178bpmくらいにまで低下。

もうダメだ・・・しかし今はTT中。最後まで全力を出し切るのが筋というもの。いつだって、TTは全力で走り、途中で投げ出したことなど一度も無い。

足は動かないが気力で踏んでいき、ゴールが見えてきた!

やはりかんぢさんは先にゴールしていて、カメラを持って待ち構えていた(笑)

ラストスパートをかけるところを撮られ、笠置山ゴール!
f:id:ikarugasan:20161018063324j:imagef:id:ikarugasan:20161018063339j:image

やっと終わりました、地獄の激坂。

そしてかんぢさん、参りました!(×_×)

聞くと3分前くらいにゴールしたんだとか。

あの抜かしていったペースで踏み続けられるとは、スゴすぎます。かんぢさん自身も、足はかなり絶好調だったようです。

さて、山を全力で登ったあとは、ご褒美の絶景とご対面♪

先にかんぢさんが岩に登って・・・

勝利のポーズ!!\(^^)/
f:id:ikarugasan:20161018131342j:image

自分も登って、絶景を眺める。

オォォー!!
f:id:ikarugasan:20161018132452j:image

今回でここへ来るのは5回目くらいですが、何回来てもこの絶景の前では声が出てしまいます。

右手に恵那山、左手に中央アルプス
f:id:ikarugasan:20161018132638j:image

景色を楽しんだら、いつものように撮影会を始める(笑) 

まずは自走ビワイチの時にもやった、あのポーズ!
f:id:ikarugasan:20161018131722j:image

そしてブログの表紙を飾っている、渋峠でのあのポーズ!!
f:id:ikarugasan:20161018131456j:image

かんぢさんバージョンも(^^)b
f:id:ikarugasan:20161018131807j:image

ブログの表紙のあの凄まじい絶景の写真は実はかんぢさんが撮影したのです。

そして、このポーズにも名前がつきました。

渋峠で撮ったから、シブポーズ。

・・・なかなかオリジナリティ溢れるネーミングですね(笑)

最後にいつもの決めポーズ\(^^)/
f:id:ikarugasan:20161019071629j:image

絶景が凄すぎて、なかなかここを立ち退くことが出来ません。

しかし、お腹が空き始め、時間も限られているということでそろそろ下ることにします。

下る途中、長めの直線でいつものショット。
f:id:ikarugasan:20161019071835j:image

・・・アレ!?

かんぢさんが・・・いない!!

少し距離が空いてただけだったのかな?

この時はまだそれほど心配はしておらず、後から来ると思ってそのままダウンヒルします。

そして最初に左折したところまで下り、かんぢさんがやってくるのを待つ。f:id:ikarugasan:20161019072929j:imageよし、いつものようにカメラを構えて待っていよう。

・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全然来ない!!!

 え?え?まさかかんぢさんの身に何かあったのか・・・??

不安になり、LINEメッセージを投げかけるも返事がない。既読もつかず。

嫌な胸騒ぎがして、待ってても仕方ないのでとりあえず登れるところまで登ってみる。

すると、かんぢさんが下ってきましたーー!ヨカッタヨカッタε-(´∀`*)ホッ

遅れた原因は何だったのかというと、どうやらパンクしていたみたいです(;´^_^`)

そしてLINEメッセージに関しては、圏外だったようで、連絡しようとも連絡できない状況にあったみたいです(笑)

確かにたった今パンクしましたと、LINE通知が来ました。たまたま運が悪かったんですね(+_+)

そして下って、スタート地点すぐのところで休憩。

パンクの原因はリム打ちだったらしい。
f:id:ikarugasan:20161019072904j:image

穴の大きさで言ったらこの前自分が神坂峠へ行った時に作ったリム打ちパンクの方が大きかった。良かった、抜かされなくて。(笑)

 

さあて、休憩が済んだところで帰路につきます。

棚田の坂を登る。
f:id:ikarugasan:20161019073141j:image

こっちからの景色もまたいいですね♪

そして帰りに待ち受ける激坂へ突入。

笠置山では調子が上がりませんでしたが、なぜかこちらの激坂ではガンガン踏めてとても調子がいい。

こうなったら・・・帰りの激坂で笠置山のリベンジだっ!!

そう思い、いきなり心拍185bpmで力を解放させ、全開で登り始める。

余裕で13%とかが出てくる激坂を超パワーで踏んでいくが、さすがにこれくらいではかんぢさんはちぎれない。

結局最後まで横並びのような状態で迎えたゴール前のスプリント。

どちらが先に仕掛けるか、互いに様子を伺う。

先に飛び出したのはikaruga!!

ギヤを素早く3枚上げ、鋭いダンシングで一気に引き離すことに成功する。

心拍は198bpmまでに上昇。あとは峠のゴールへ全力で飛び込むのみ!

うおお!!!!

そして本日の激坂山岳ポイント獲得!

 

今日の戦績はこんな感じになりました(笑)

スプリントポイント・・・ikaruga

笠置山・・・かんぢさん

激坂山岳ポイント・・・ikaruga

笠置山で勝てなかったのがなかなか悔しいですが、2勝したので満足です(;´^_^`)

こういうのは擬似レースのようで、とてもいいトレーニングになります。

また勝負よろしくお願いしますm(_ _)m

 

その後はゆったりとアップダウンをこなしてしおなみ荘へ。 
f:id:ikarugasan:20161019075630j:image

ようやくお昼ご飯にあり付ける。

お昼ご飯といっても、時刻は既に14:30を回っている(笑)

トークや撮影会に時間を使いすぎたようだ。

日が沈むのが早いからなるべく早く食べて早く帰りたいですね、と会話をしていると、お待ちかねのお昼ご飯がやってきた。
f:id:ikarugasan:20161019080141j:image

久しぶりのあまご定食!!いただきます!

やっぱりこの味、素晴らしい。

ごちそうさまでした。

f:id:ikarugasan:20161019120153j:image

時刻は15:20を回っている。確かにちょっとヤバイ
f:id:ikarugasan:20161019120256j:image

フルビワイチの時のように地獄の高速巡航すればあっという間に帰れますよって話が出るが、あれはトラウマなので正直なところやりたくない(笑)

この時点で足は十分に追い込めているため、お互いにこれ以上疲れることなく楽に、なおかつ早く帰りたいというのがホンネのようだ。

こっからはしばらく長い下りだけなので、とりあえず走り出すことに。

若干寒いのでアームウォーマーをつけたり、ウィンドブレーカを着たりして寒さ対策してから下ります。
f:id:ikarugasan:20161019120851j:image

秋用ジャージだと、冷え始める夕暮れ時に有利ですね。

この時期は夏用ジャージでも秋用ジャージでも正解な気がする。寒さに強い人は夏用ジャージ、暑さに強い人は秋用ジャージがおすすめかな。(自分は暑さに強い・・・と信じてます(笑))

 

そして長い下りを終え、防寒着を脱いでなんとなく高速巡航開始。

先頭をMAXの80%の心拍で走ります。平坦なら速度は30km/hちょっと。30km/hを超えてくれば、ドラフティング効果が遺憾無く発揮され、後続は心拍がMAXの70~75%くらいの負荷レベルで走ることができ、大変気持ちよく快適に走ることができます。

それを2人でローテーションして維持。

2人とも「楽に、なおかつ早く帰りたい」という目的が完全に一致しているため、これ以上無いくらい絶妙なコンビネーションで協調体制をとっています(笑)

ナイスな走りです!!(^^)b
f:id:ikarugasan:20161019122035j:image

ビワイチの時もこんな風にみんなでローテして気持ちよく走るつもりだったんですけどね・・・・・・(;´^_^`)

今となっては過酷なライドも思い出の一つですので、後悔はしてませんが\(^^)/

そしてミニストップでちょっと休憩。

f:id:ikarugasan:20161019122317j:image

みかんゼリーとか食べて、最後の補給をします。

休憩を終え、先ほどと同じような感じで走って、なんとか日が沈むギリギリの17:30頃、春日井に戻ってこれた。

満月が美しい!
f:id:ikarugasan:20161019123016j:image

その後、かんぢさんと解散。

今日はありがとうございましたー!\(^^)/

 

そして何事もなく無事帰宅したのでした。

 

めでたしめでたし。

 

 

 

【今日の記録】

走行距離・・・145.91
走行時間・・・6:42:32
平均速度・・・21.75
最高速度・・・58.62
平均ケイデンス・・・80
最大ケイデンス・・・121
平均パワー・・・83
最大パワー・・・693
平均心拍・・・149
最大心拍・・・198
累積標高・・・2337
最高標高・・・1096
最大勾配・・・13

 

ヒルクライムレース開催!】

11/3(木)、池田山でヒルクライムレースをやります!

参加者は今のところ自分、メイシーノさん、かんぢさん、リンさんの4名です。

雨沢峠のタイムが17~18分台の人たちばかりなので、少々レベルが高いかも知れません(;´^_^`)

自分たち4名は自走で池田山のふもとまで行き、そこからレースをして頂上で撮影会を行った後、そのまま来た道を戻って帰るというコースを走ります。

もし参加してみたいという方がいらっしゃれば、愛知のどこかで合流して一緒に自走していってもいいですし、道の駅 池田温泉にトランポして池田山だけ一緒に登るという形でも全然構いません。

 

そんな感じで、激坂の池田山を楽しく走るライドを計画しています。

もし興味のある方は、コメント欄に書いていただければと思います。

 

それでは、また!