山を登りて戻り来よ

坂バカ・ikarugaの自転車日記。ハードな山岳ロングライドが大好きです。

雨雲から逃げるライド

4/8(日)はしょうすけさん、リンさん、私の3人で片知渓谷および寺尾の千本桜へ行・・・・・・く予定でしたが、雨が降りそうだったので急遽予定変更し、二ノ瀬を登ってきました。f:id:ikarugasan:20180409072556j:image

ちょうど頂上は桜がピークを迎えてました。

 

朝は愛岐大橋北にあるミニストップに7:00集合だったので、5:50に家を出てリンさんと共に集合場所へと向かう。

小牧の方に入ると、やけに路面が濡れている・・・。

しかも、遠くの空(大垣の方)を見ると真っ暗。

天気大丈夫かな・・・。とても不安になります。

大口町に入ったあたりで、しょうすけさんから決行かどうか確認のメッセージが来てることに気づく。このメッセージ、1時間前くらいに来ていたのだが、全然気づきませんでした(><)

返信するとともに、Yahoo!の雨雲レーダーを見てみると、どう見ても片知渓谷方面はこれから一雨降りそうな様子・・・。

空を見てもご覧の通り(^_^;)f:id:ikarugasan:20180409073501j:image

とりあえずミニストップまで行きますと伝えて、頑張って走ります。

しかし、この日は桜が散ったあとだというのに13/5℃というかなり冷え込んだ日。

そこそこの強風も相まって物凄く寒いです・・・。

ここら一帯も、今にも雨が降りそうだったので急いでミニストップを目指す。

・・・と思っていた矢先、さっそくポツポツと雨が降り始めてきた(゜Д゜)

リンさんと全力でダッシュするが、あまりの寒さに体が全然動かず、心拍も全然上がらない。

雨降る中、愛岐大橋を渡ってなんとかミニストップに到着!f:id:ikarugasan:20180409075154j:image既にしょうすけさんは到着しておられました。

急いでお店の中に駆け込む。

そして、すぐさま作戦会議(^_^;)

ただいまの時刻、7:30。

もうじきやってくる7:50では、こんな感じ。 f:id:ikarugasan:20180409204307j:image北西の方から雨雲が流れてきています。

これが9:30になると、こうなる(゜Д゜)f:id:ikarugasan:20180409204336j:image

片知渓谷方面は絶対無理ですね(T_T)

なんとなく、赤丸で囲った部分・・・つまり南の方ならば走れそうだということで、二ノ瀬や今井周回、モリコロなど、次なる走行予定場所の案が色々出てきます。

しかし予報を見ると10:00~11:00くらいにも赤丸で囲った部分が雨雲で覆われそうな感じ。

どこへ走ってもおそらく雨雲は避けられないだろうなぁ・・・こりゃ困った。

そこでしょうすけさんが提案。

10~11時の雨雲が来るまでの間に走行予定場所まで走り、10~11時の雨が降ってくるタイミングでどこかのお店に入って雨雲をやり過ごし、雨雲が通り過ぎたところで再び走り出すというのはどうだろう?

・・・なんというグッドアイディア!

みなさん夕方は特に用事はなく、問題ないということでその作戦で行くことに。

走る場所も色々悩んだ末、木曽川CRを通って二ノ瀬へ行くことになった。

ということで、愛岐大橋を愛知側に渡って堤防&木曽川CRを走り始める。

138タワーまで来ると、今までの天気が嘘のように晴れてきた。f:id:ikarugasan:20180409205843j:image

しかしこの青天に騙されてはいけない。

まだ伊吹山の向こう側に第二波となる雨雲が潜んでいるのだから・・・(^_^;)

リンさんとローテーションし、結構な負荷で走り続ける。

東海大橋を渡ったところにあるローソンで一旦補給を入れます。

イートスペースでまったり休憩。

補給が済んだら再び走り出し、二ノ瀬スタート地点へ。f:id:ikarugasan:20180410071839j:image

スタート地点の少し手前で止まり、準備を整えたらヒルクライムスタート!

しょうすけさんはかなりキツそうだったので、リンさんと自分の2人でハイペースを刻み登っていく。

木曽川堤防でのダメージが残っているせいか、足が少し重い。

だが、それはリンさんも同じことのはず。

条件は同じで、どちらが先にちぎれるだろうか・・・。

リンさんが先頭となり、ダンシングで猛攻を加えてくる。

重い足をなんとか回し、後ろで耐え続けるikaruga。

時々休むダンシングで応戦する。

しかし、水飲み場のあたりで徐々に引き離され始める・・・。

もう乳酸溜まりまくって足が回らない。

しかし、まだ諦めない!

引き離されつつも、なんとか開いた距離を最小限に抑えるため、歯を食いしばって追走。

でもやっぱり追いつくことは叶わず、大体20~30秒遅れでゴール。無念なり。f:id:ikarugasan:20180410072023j:image

ちなみにストラバのタイムでは23:20だった。

リンさんにあとから聞いた話だが、「かんぢさんお別れライド」の時に二ノ瀬で負けたことを意識していたという。

ダンシングを使った攻撃頻度の高さからして、きっとあの時を意識してるんだろうな~と自分も感じていました…(笑)

そして、登ってくる途中とゴール地点でのサイクリストの多さに驚いた。

ようやく開通されたから、たくさん人が訪れるのかな?桜が目当てというのもあるのかも。

しょうすけさんもゴールし、みんな揃ったところで記念撮影。f:id:ikarugasan:20180410073327j:image

セルフタイマーを使って撮影したら、なんだかいい感じに撮れました♪

記念撮影を終えたら、頂上と下りはかなり冷えるため、急いで下ることに。

下ってると、雨が降り始めてきたΣ(´Д`;)

現在時刻は10:30。最初のミニストップで見た雨雲レーダーの予報通りだった。

しかし、雨といっても小雨程度なので走る分にはそこまで問題ありませんでした。

とりあえず雨雲をやり過ごすため、近くにある道の駅・月見の里へ行くことに。

そして到着。f:id:ikarugasan:20180410074423j:image

駐輪場にバイクを停める。f:id:ikarugasan:20180410073527j:image

時刻は11:00、ちょっと早いですがお昼ご飯にします。f:id:ikarugasan:20180410203449j:image

この前アディさんと来た時にも食べたみかんラーメン定食を注文しました。

お昼ご飯を食べて、雨雲の様子を見るが・・・f:id:ikarugasan:20180410203644j:image点々と存在する雨雲のため、こりゃあどのタイミングで走り出しても絶対にどこかで降られるだろうなぁ(^_^;)

こうなってしまっては、いつまでも雨宿りしているわけにはいかないため、意を決して走り出すことに。

養老山地の方はこんな感じでどんよりしてます…f:id:ikarugasan:20180410204048j:image

風向き的にも、こっちに向かってきてるし、いつ降られてもおかしくないだろう・・・。

こうなったら、雨雲TTをするしか無いな・・・。

・・・ついに、禁断の雨雲TTをする時が来たのか・・・。

 

雨雲TTとは、雨雲から1分1秒でも早く逃げるため、各所で不定期に行われている競技(?)である。

明確なルールは決められていないが、ただ一つ共通して言えることは、全力で逃げ続ける事、ただそれだけ。

 

かなり暑くなることが予想されるので、ウィンドブレーカーを脱いで、準備完了。

 

さあ、始めよう・・・!!

 

いよいよ熱い逃走劇の火蓋が切られた。

ちょうど逃げる方向と雨雲の流れる方向が同じで、なおかつ進行方向が追い風となるため、通常よりも追いつかれにくいと思われる。

追い風&さっき食べたみかんラーメンの力によって40~42km/hで爆走。

心拍は180bpm付近を維持。

これは最大心拍の大体90%にあたり、峠で全力TTしてる時と同じくらいの負荷。

足の調子は良く、かなりいい感じに追い込めているようだ。

前日に雨沢峠でベストタイムとほぼ同等の18:24を出しており、今の私はおそらく自分史上最速・・・・・・と思いたい(笑)

全力でもがき続け、稲沢市北名古屋市へ突入。

途中でしょうすけさんと別れる。

今日はありがとうございました!

自分とリンさんは庄内緑地からの庄内川堤防で帰路につく。

松河戸らへんでリンさんとも別れた。

お疲れ様でした!

先頭で足を使い過ぎて疲労困憊なのでちょっと休みます・・・(;´Д`)f:id:ikarugasan:20180411072549j:image

しかし、雨雲からはどうやらうまく逃げきれたようだ。よかったよかった・・・。

少し休んだら帰路を走って無事帰宅。

 

 めでたしめでたし。

 

【記録】

走行距離・・・4:26:53
走行時間・・・129.76
平均速度・・・29.17
最高速度・・・62.61
平均ケイデンス・・・86
最大ケイデンス・・・121
平均パワー・・・126
最大パワー・・・395
平均心拍・・・157
最大心拍・・・187
累積標高・・・712
最高標高・・・414
最大勾配・・・10
キツさレベル・・・8