山を登りて戻り来よ

坂バカ・ikarugaの自転車日記。ハードな山岳ロングライドが大好きです。

リトルワールド サイクルミーティング初参戦

4/1(日)はリトルワールドで開催されているサイクルミーティングに初参戦してきました。f:id:ikarugasan:20180403185533j:image

前々から出場予定はなかったのですが、ひょんなことから参戦することになりました。

サイクルミーティングとありますが、要は周回制のサイクルロードレースになります。

クラスはビギナー、スポーツ、エキスパートの3つの中から選べますが、中間クラスのスポーツで参加しました。

エントリーは当日の朝のみで、料金は1500円。

リトルワールド開館前にレースが開催される関係上、6:30から受付が始まり、6:30~6:50が試走可能時間。7:00からビギナー、7:20からスポーツ、エキスパートがレーススタートします。・・・つまり、朝がけっこう早いです。

コースはビギナーで2.5kmを3周回する7.5km、スポーツは7周回の17.5km、エキスパートは15周回の37.5kmでレースをします。

コースプロフィール的には完全平坦とは言い難く、基本アップダウンが最後まで続くとのことです。

 

朝は3:38に起きて自走していき、6:01には会場に到着しました。f:id:ikarugasan:20180403190934j:image

メイシーノさんも今回一緒に参加するため、会場に到着するのを待ちます。

待っていると、nakashima兄弟とお会いしました。

nakashima兄弟とはストラバでコメントをやり取りしたり、ブログを読んでいただいたりしていましたが、お会いするのは初めてです。

今回同じスポーツクラスに参戦するとのことなので、またよろしくお願いします(^O^)

そして、一宮競輪場バンク体験会で知り合った可児バイシクルガーディアンズの代表の方ともお会いし、色々お話をさせていただきました!

大会会場で知ってる方とお会いできると嬉しいものですね♪(今度参加するGF東濃もたくさん知り合いが参加するため、楽しみです!)

ずっと待ってるのもアレなので、先に受付を済ませることにします。

自分は初めてなのでさっぱり分からなかったので、近くにいた係の人に訪ねて色々聞きます。

聞いた話によると、駐車場のところでエントリーシートを1500円で買って、受付会場でエントリーシートを記入し、ヘルメットカバーを受け取る・・・というような流れでした。

言われた通りに受付を済ませ、ヘルメットカバーを受け取ってエントリー完了です。

メイシーノさんが来るのを待ってましたが、6:40になっても姿が見えなかったので連絡だけ入れておき、先に試走することに。

 

事前にYouTubeでコースを予習し、ある程度は風景を把握していましたが、やはり実際にリトルワールドのコースを走ってみるとカーブの具合とか勾配のキツさ加減がよく分かりました。

とりあえず、下った先に出てくる鋭い直角カーブだけは警戒したいところ・・・。

レースとはいえ、ケガなく安全に終えることが第一目標ですので、危険な箇所については特に用心していきたいです。

 

結局試走は2周だけして、スタート地点で待機します。

ここでようやくメイシーノさんと合流し、色々喋って時間を潰します。

nakashima兄弟、メイシーノさん、私の自転車。f:id:ikarugasan:20180404071609j:image

nakashima兄弟はクロモリバイク。でも、有り得ないくらい早いです(; ・`д・´)

 

7:00になり、ビギナークラスがスタート。f:id:ikarugasan:20180404071751j:image

スポーツクラスがスタートする7:20まで、ビギナークラスのレースを眺めて待ちます。

 

ビギナーのレースが終了して7:20となり、いよいよスポーツクラスもスタート地点に並びます!f:id:ikarugasan:20180404071901j:image

前に並んでいる黒いヘルメットカバーの方々はエキスパートクラス。同時刻のスタートですが、30秒の時差スタートとなってます。

 

エキスパートクラスがスタートしてから、スポーツクラスもレーススタート!!

スタートしてからすぐに登りが始まります。

先頭でアタックが頻発し、物凄い勢いでペースが上がります。

あまりにも高強度過ぎてついていけません。というか、体自体が全然動きません。

少しずつ遅れていき、登りを終えた時点で集団から若干離れてしまう。

下りに入り、さあ復帰するか・・・と冷静に考えていたのだが、ペースが早すぎて全然差が縮まらない。

「これは・・・まずいのでは??(^_^;)」

やがて徐々に集団の姿は小さくなっていき、7周あるうちのまだ1周目だというのに、集団が見えなくなるくらいにまで引き離されてしまった。

集団から一度でも千切れたら、復帰するのは至難の業。

ここからikarugaの一人旅が始まったのでした。

とりあえず、急激に負荷をかけすぎたせいで体が限界を迎えている。まるで安全装置が働いたかのように動かなくなってる。

息がかなり荒れた状態のまま、一人で周回をこなしていると、3周目あたりからようやく体が高負荷に慣れ始め、呼吸も整い始める。

そこからようやく息を吹き返し、いつものハイペースを刻み、ポツポツと集団から脱落した選手たちをパスしていく。

最終的に数名を追い抜き、レース終了。

 

正確な順位は不明。上位陣しか順位は発表されないらしいです。予想では、大体32?人中の25位付近だと思われます。

 

メイシーノさん、nakashima兄弟は先頭集団でゴールしたようです。先頭集団は結局集団スプリントになり、人が多すぎて前へ出れなかったんだとか。それでも、先頭集団に残るのはさすがです。

 

自分は今回全く勝負に絡めず、かろうじて周回遅れにはならなかったといったという残念な結果に。

足も正直言ってまだ残っており、全然追い込めていません。

とにかくスタート直後の登りでガツンとペースアップされた時が一番キツかったです。

引き離されまいと、必死になって踏んでました。

その結果、フォームはかなり崩れていたし、心拍も全く上がらなかった。 

昔からスロースタートなところがあり、いきなりガツンと上げられるのがどうしても苦手ですね・・・。

 

リトルワールドのリベンジは・・・個人的にはもういいかな(^_^;)

もともと出る予定では無かったし、無事にレースを終えることができたので良かったと思っています。

 

全く気づかなかったのですが、ゴールの瞬間をメイシーノさんが撮ってくれていました。アリガトウゴザイマスm(_ _)mf:id:ikarugasan:20180404123336j:imagef:id:ikarugasan:20180404123323j:image

 

・・・とりあえず、せっかくみんな集まっているので記念撮影をすることに!f:id:ikarugasan:20180404122536j:imageお疲れ様でした~(^O^)♪

 

そして解散!

 

【データ】

走行距離・・・18.29
走行時間・・・0:33:16
平均速度・・・32.99
最高速度・・・56.38
平均ケイデンス・・・94
最大ケイデンス・・・115
平均パワー・・・161
最大パワー・・・410
平均心拍・・・175
最大心拍・・・185
累積標高・・・285
最高標高・・・512
最大勾配・・・6
キツさレベル・・・7 (10段階評価)

 

 

 

実はレース後にメイシーノさんとライドに出かけており、まだまだお話は続きます・・・が、今回はここまでにして、次回の記事へ書くことにします・・・!

 

つづく!f:id:ikarugasan:20180404123737j:image