山を登りて戻り来よ

坂バカ・ikarugaの自転車日記。ハードな山岳ロングライドが大好きです。

フロント変速その他諸々復活。が、膝は・・・

1/6(土)は再びたて輪へ訪れ、フロント変速を見てもらいました。f:id:ikarugasan:20180109073418j:image

前回話をしたフロント変速の不調ですが、たて輪で見てもらったところ原因が判明しました。

で、なにが悪かったのかというと・・・

スキットプレートの脱落でした!!f:id:ikarugasan:20180109073554j:image

スキットプレートってなんぞやって方は、これを見てください。f:id:ikarugasan:20180109073731j:imageこの赤で囲った部分についてる黒いヤツがスキットプレートです。  

自分の自転車にシマノのフロントディレイラーがついてる方は、自分の自転車を見てみるとよく分かると思います。(SORAからDURAまでついてるらしいです)

このパーツ、プラでできたツメで引っかかっているだけなのでよく脱落するんだそうな。

自分はお店に持っていって、このスキットプレートの存在を初めて知りました(^_^;)

これがないとガイドプレートの厚みが減り、変速の調整幅に限界が出てきます。(ワイヤー調整だけでは絶対にベストな位置に持っていくことができなくなります。症状としてインナー時の音鳴りが激しくなる、もしくはシフトアップしにくくなる。まさに今回の私と同一の事象でした)

お店でスキットプレートを取り付けてもらい、再度調整をしてもらってフロント変速は完全に復活。よかったよかった・・・。

ちなみにスキットプレートはシマノからスペアパーツとして出てるので、入手自体はそんなに難しくないそうです! 

みなさんもフロント変速が急に悪くなったら、スキットプレートを疑ってみてください。

 

変速を見てもらった時、フロントのシフトが重くなってるという事だったので、シフトワイヤも一緒に交換してもらいました。

バーテープを剥がすので、これを機にリアのシフトワイヤも交換しました。

さらに、ブレーキワイヤも見てもらいました。しかし、状態は良かったので交換はせず、アウターケーブルの継ぎ目の手入れをやってもらいました。

さらにさらに、ブレーキシューが大分消耗しているようだったのでシューも交換してもらいました。

さらにさらにさらに、前々からリアディレイラーのプーリーケージが歪んでる気がしていたのでそれも見てもらいました。結果、やはり少し歪んでいたので修正してもらいました。

さらにさらにさらにさらに、最近自転車に乗る度膝に痛みがあったので、膝も一緒に診てもら・・・いはしませんでしたが、痛みの相談をしました。

痛みの原因としてバロックギヤを若干疑っていたのですが、多分それは違うとのこと。逆にバロックギヤは膝に優しいようです。

となると、残る原因としてはペダリングクリートの位置くらいかなぁ。 

いずれにせよ、これ以上乗ると悪化するばかりなので今後は回復するまで自転車に乗るのは控えようと思います。膝を治すには、自転車に乗らないことが一番の近道・・・ということか。

 

最初はフロント変速を見てもらうだけだったのですが、こんなにたくさんの事に気づいてくれて良い状態に調整手入れしてくださいました。たて輪さまの技術力には驚かされるばかりです。整備してくださってありがとうございましたm(_ _)m

 

お店をあとにして家まで帰るまでの間、より良い状態になったRIDE4000に乗ってみた感想としては、まるで新車に乗ってるような感覚になりました(笑)

ブレーキのタッチはすごく軽いわ、変速はスパッスパッと決まるわで今までのガチャガチャガチャ・・・とは天と地の差があると言っても過言ではありません。

 

・・・しかし、膝はというと相変わらず痛い。

家からたて輪までの往復、行きも帰りもどちらも乗ってて痛かった。

ここまで痛みがあるということは、本格的にマズイ。

このまま乗り続けていたら、治らないばかりか、ますます悪化していってしまう。

 

・・・仕方ない!!

 

痛みが完全に治るまで、しばらくライドは休止することにします!

 

いつ復帰するかは未定です。なるべく早く復帰したいところではありますが、焦っては治るものも治らなくなるので、まぁ大体二~三週間は乗らないでおこうかなと思ってます。

 

「乗れない間、ブログはどうすんの??」

 

もちろんそこもちゃんとネタを考えてあります(笑)

 

何を書くかというと、次回から新章『ikaruga自転車物語』を書いていこうと思います。

 

どういった内容なのかというと、ikarugaがロードバイクを始めるまでの経緯、始まってからの初心者奮闘記・・・等々を書くつもりです。

今となっては懐かしい赤い自転車がたくさん登場するので、皆さん楽しみにしていてください!

 

それでは!f:id:ikarugasan:20180109204052j:image