ikarugaブログ(いかるがぶろぐ)

山をこよなく愛するサイクリスト、ikarugaの自転車日記。山・峠・激坂が大好きな坂バカです。各地の激坂に挑む激坂ハンターもやっています。ロングライドイベント、ヒルクライムレースにも時々出ています。

かんぢさんお別れライド

ikarugaブログには欠かせないメンバーの1人、かんぢさんがなんと転勤で関東の方へ行くことが決まりました゚(゚´Д`゚)゚

走れなくなる前に最後の思い出作りをしようということで、10/1(日)はかんぢさんお別れライドをしてきました!f:id:ikarugasan:20171004064207j:imageこれは二ノ瀬を登り、最後の記念にと撮った写真です♪

参加者は自分、かんぢさん、リンさん、アディさん、ゆけさん、メイシーノさん(途中参戦)、ショウスケさん(途中参戦)という豪華メンバーが揃いました!

(本当はShojiさん、のりたまさんも参加予定でしたが、都合が合わずキャンセルとなりました(><))

 

場所は背割堤と二ノ瀬峠。

2つのコースでタイムを測り、順位を競います。

背割堤には順位に応じてボーナスタイムが設けられ、1位は3分、2位は2分、3位は1分獲得することができます。(二ノ瀬で勝てない平坦屋のための救済措置です)

二ノ瀬にはボーナスタイムはありません。山では各々の力の差によって、タイム差がハッキリと出るからです。

 

さてさて、9:00に春日井の落合公園近くにあるローソンで待ち合わせ、時間通りみなさんと合流です。f:id:ikarugasan:20171004200624j:image

ほかの方々とは別の場所で待ち合わせをしています。

それじゃあさっそく出発~(ノ°∀°)ノf:id:ikarugasan:20171004200815j:image

いつも二ノ瀬に行く時に通るルートで、まずは馬飼大橋を目指します。

踏切ストップ(1回目)f:id:ikarugasan:20171004200834j:imageここで引っかかるのは珍しいな~。

ひたすら西に進み、待ち合わせを予定していた場所でゆけさんと合流!(ゆけさんが撮ってくれてました!)f:id:ikarugasan:20171004201338j:imagef:id:ikarugasan:20171004201009j:image

どんどんトレインを大きくしながら馬飼大橋に向かいます。f:id:ikarugasan:20171004201619j:image

踏切ストップ(2回目)f:id:ikarugasan:20171004201859j:imageここが一番長かった・・・(→←→という3コンボ)

踏切ストップ(3回目)
f:id:ikarugasan:20171004201443j:image奥田駅のところでもストップ。今日はよく引っかかるなぁ(笑)

ダンシングしてるところを後ろから撮られてた。f:id:ikarugasan:20171004201315j:image

馬飼大橋が近づいてきて、橋の少し手前にあるファミリーマートが見えてきました!f:id:ikarugasan:20171004202155j:image

ここでアディさんと待ち合わせの予定です。

ファミマに入ると、アディさんがカメラを待ち構えてくれてました(^o^)/f:id:ikarugasan:20171004202350j:image

ということで待ち合わせをしていた方々とは全員無事合流です。途中参戦の方は、途中から来ます!

ファミマを出発し、馬飼大橋を渡って背割堤へ。f:id:ikarugasan:20171005070015j:imagef:id:ikarugasan:20171005070137j:image

車が来ないので、みんな楽しく走ります。f:id:ikarugasan:20171005070304j:imagef:id:ikarugasan:20171005070409j:image

背割堤突入。f:id:ikarugasan:20171005070507j:image

タイムを測るのは1回試走をした後です。なので、一度コースをみんなで往復します。

夏場は草ボーボーです・・・f:id:ikarugasan:20171005070609j:image

エアロフォームの話で盛り上がったり、f:id:ikarugasan:20171005070829j:image

また別の話題で盛り上がったりします♪f:id:ikarugasan:20171005070931j:image

途中、前方からショウスケさんがやってきて突然の合流!!f:id:ikarugasan:20171005071011j:imageこの日はモリコロパークエンデューロレースがあり、それを走った後に駆けつけてくださいました!(ありがとうございますm(_ _)m)

背割堤を南下し終えてトイレ休憩。f:id:ikarugasan:20171005071427j:image

休憩を終えたらまた北上し、タイム計測のスタート地点へと戻ります。

背割堤の途中にある段差で、横を通過する時に草ボーボーで通れない場所があったので、なんとか押し倒して通れるようにします(笑)f:id:ikarugasan:20171005071548j:image(ボランティア活動・・・??)

さらに北上し、スタート地点を目指しますが・・・今度はとある事件により、リンさんとショウスケさんにメカトラ発生(><)

ショウスケさんはもともとカメラ撮影のために来ていただいていたので、途中の定点で留まることに。

リンさんの方は、とりあえずは無事のようですが、ハンガーがやや曲がってしまったようです(T_T)

走れなくはないため、このままライドを続行する模様です。お二人にご迷惑をおかけし、申し訳なかったです・・・(。>_<。)

 

気を取り直して、 スタート地点へ。

スタート地点にてメイシーノさんと合流し、いよいよ背割堤のタイム計測がスタートです!f:id:ikarugasan:20171005071824j:image

出走順はじゃんけんで決め、ゆけさん→ikaruga→リンさん→アディさん→かんぢさんの順番となりました!

ゆけさんが出発し、約1分後に自分も続いてスタートです。

エアDHバーを握り、ほぼ最高の空力性能を誇るフォームを維持して時速40km/hで堤防道路を駆け抜けます。

ちなみに本日のコンディションとしては、風はほぼ無風でどちらかと言うとやや追い風という感じです。

・・・全速力で突き進むが、平坦のTTはしばらくやっておらず、ペダリングが定まらず息がかなり苦しい。山ばかり行っていたのがアダとなったか・・・??

中間地点を通過したあたりからようやくペダリングが安定し始め、息も整ってきた。

だが、後半に向けて徐々にペースを上げようと試みるも前半で足をかなり使いすぎたようで正直かなり苦しい・・・。

ゴールが近づいてくると、先に出走していたゆけさんの姿を前方に発見!

最後は追いつくつもりで全力でスプリント!!

結局ぎりぎりで追いつかず、ここでゴールです。f:id:ikarugasan:20171006071831j:imageめちゃくちゃキツかったです・・・正直、峠のTTをやっていた方がまだ楽です(;´Д`)

その約1分後にはリンさんの姿が!f:id:ikarugasan:20171005212749j:image

そしてアディさんもゴール!f:id:ikarugasan:20171006071522j:image

ラストはかんぢさん・・・とメイシーノさん!?f:id:ikarugasan:20171006071605j:imagef:id:ikarugasan:20171006072007j:imageメイシーノさんは今回途中参戦なのでタイム計測はせず、撮影係を担当すると聞いていましたが・・・まさかかんぢさんと一緒にフィニッシュするとは!

そして、背割堤タイム計測の結果はこんな感じになりました!

1位 リンさん・・・・・・ 14:59

2位 かんぢさん・・・・ 15:00

3位 ikaruga・・・・・・・ 15:15

4位 アディさん・・・・ 16:05

5位 ゆけさん・・・・・・ 16:07

 

ボーナスタイム(1位:3分 2位:2分 3位:1分)を加算し、トップとのタイム差を表示すると・・・

1位 リンさん・・・・・・・ 0:00

2位 かんぢさん・・・・ +1:01

3位 ikaruga・・・・・・・  +2:15

4位 アディ・・・・・・・・ +4:05

5位 ゆけさん・・・・・・ +4:07

ざっとこんな感じになりました。

 

・・・エアロパーツ(シューズカバー、リアディープリム)を装備していながらこの結果は・・・ちょっと情けないです(T_T)

いくらエアロに特化していようと、結局は足の強さで勝負が決まるところがあるので、仕方ありませんね・・・orz

 

(しかし、このあと奇跡が起きる・・・・・・!?)

 

ショウスケさんは全員の走りを見届けたあと帰ると聞いていたので、これにてお別れです。

レースの後なのにも関わらず来ていただいて本当にありがとうございました!m(_ _)m

 

背割堤で熱い走りをした後は、みんなで熱い記念撮影です!

イエイ(*^^)vf:id:ikarugasan:20171006071801j:image(バーレーンメリダ風に撮ってみたが、伝わっただろうか・・・)

写真を撮った後は橋を渡ってお昼ご飯!

いつものかつ郎に行きます。f:id:ikarugasan:20171007202554j:image・・・が、結構並んでいるようだったのでお隣にある道の駅 立田ふれあいの里へ。f:id:ikarugasan:20171007202834j:imagef:id:ikarugasan:20171007202916j:image

食事処で牛丼をいただきます!f:id:ikarugasan:20171007202955j:image

食事を終えたら次なる目的地・二ノ瀬峠へと向けて出発!f:id:ikarugasan:20171007203706j:image

二ノ瀬へは揖斐川堤防から向かいます。f:id:ikarugasan:20171007203755j:imagef:id:ikarugasan:20171007203815j:image
途中からメイシーノさんが前に出てきて、先頭を引っ張ります。f:id:ikarugasan:20171007203837j:image

カメラを向けられたらポーズを取らざるを得ない(*^o^*)f:id:ikarugasan:20171007203912j:image

 

・・・・・・そんな穏やかなライドもここまで。

 

ここへきてついに、メイシーノさんが牙を剥く!!!!!!!

 

ド平坦で鬼引きが始まり、かなりの速度で突き進みます。

(アディさんとゆけさん大丈夫かなぁ・・・)

 

途中まで行ったところでかんぢさんとリンさんが後ろからアタック!!

 

やはり来たか。しかし、二ノ瀬の為に足を温存するべく、追走はしない。(正直な所、本当は追いかけたいが。)

2人が遠く離れていく・・・f:id:ikarugasan:20171007203954j:image

 

・・・・・・やっぱりガマンできない!!!!

 

ここでメイシーノさんの後ろから勢いよく飛び出し、2人を猛追!!

 

心拍はMAXの94%近く。全速力で追いかけ、少しずつ差を縮めていく!

 

だが、向こうは2人でローテーションを行い、効率よく逃げ続ける。こちらは単騎で追いかけているため、分が悪い。

 

結局、二ノ瀬へ行く時に通る青い橋に着くまでの間に追いつくことはできなかった・・・ザンネン。

一旦全員揃うまで待ちます('∀`)f:id:ikarugasan:20171008093514j:image

青い橋からは真っ直ぐ西に向かって走る。

鬼引きは、これで一旦落ち着いたかのように見えたが・・・鬼軍曹は暴れ足りないらしく、鬼引き再開(笑)

 

ヤバイ速度でとばしていきます。自分は2番手についていましたが、引き離されることなく張り付き続けます。

信号でストップ。f:id:ikarugasan:20171007204749j:image

あまりに激しい走りをしていたせいか、アディさんからこの4人の事を四天王と呼ばれる始末(^_^;)

でも四天王って、なかなかいい響きかも・・・(笑)

 

二ノ瀬のスタート地点の少し手前のところで一旦集まります。f:id:ikarugasan:20171007204154j:image

ここまで高負荷で走ってきて、せっかく体が温まっているということで、特に休むことなく二ノ瀬がスタート!!f:id:ikarugasan:20171007204815j:image

この4人で二ノ瀬を登るのは初めて。

まとまって登り、限界に達した者がどんどん脱落していくこのスタイル・・・メイシーノさん、かんぢさんの3人で峠をよく登っていたあの頃に戻ったような感じだ。

原点に戻ったようなライド!これぞ最後のライドに相応しい!!こんなに楽しい二ノ瀬は初めてだっ!!!

そんな感じで気持ちを高ぶらせながら、二ノ瀬を着々と登っていきます。

序盤からメイシーノさんが先頭を牽引。

このペースなら、正直まだ余裕を残してついていける。

途中で休むダンシングも交えながら、なるべく力を温存させて登る。

 

・・・と、ここで早くもかんぢさんが脱落!!

 

揖斐川堤防で力を使いすぎたのかな・・・?

(そういえばメイシーノさんが道中で鬼引きしていたのは、二ノ瀬までの間に少しでも足を削るためだったんだとか・・・!)

 

ともかく、残るは3人!この中から勝者が生まれる!

 

かんぢさんが脱落した後、メイシーノさんが少し後ろに下がっていったので自分が先頭に出て一定ペースを刻む。

これで離れてくれれば嬉しいのだが・・・後ろを振り返ると一定の距離を保ちながらついてきている。まあ、そんな簡単にちぎれる訳ないよなあ。

 

相変わらず自分が先頭を走り続ける。

道中のメイシーノさんの鬼引きによって自分も確実に足が削られていたので、いつ足が止まるか分からない恐怖と戦いながら登ります。・・・とにかく、今は自分を信じて登るしかない!

 

9%近くの坂が出てきても、バロックギヤのおかげで比較的楽に登っていける。バロックギヤほんとすごい。

ここでライバル達の様子を見るために、休むダンシングからの軽いシッティングアタック発動!腰を降ろすと同時にハイケイデンスで加速します。

 

メイシーノさんは相変わらずついてくる。

リンさんは、どこでちぎれたのかはあまり覚えていないが、いつの間にかいなくなっていた。

 

ここからはメイシーノさんとの一騎打ち。

ようやく力尽きて脱落した・・・かと思いきや、先頭に出て少しペースを上げたりと、メイシーノさんはゾンビ走法で翻弄してきます。

こちらは休むダンシングで応戦し、攻撃の機会を伺う。

 

登っていると、メイシーノさんの息遣いがいつもより荒くなっていることに気がつく。それに対して、自分はまだ余裕があるように思える。

とはいえ、経験上自分の足はいつ止まるか分からない状況にあるため、決して油断はできない。

 

結局最後まで激しい攻防が続き、お互い全くちぎれること無く勝負は最終局面へ・・・!!

 

最後のカーブに差し掛かったところで、メイシーノさんは確実に先に仕掛けて逃げ切り体制に持ち込んでくるはず!

やはり予想通り、カーブのところで一気にペースを上げてきた!!

自分はそれに対応し、後ろに張り付き続ける!!

ここで絶対にちぎれてはいけない!!!そして、勝つためにはさらにギヤを上げてメイシーノさんを追い抜く必要がある!!

もっと早く・・・もっと早く!!そう自分に言い聞かせ、ギヤを上げてスプリント体制に入る!!!

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッッ!!!!

しかし、メイシーノさんも対抗してギヤを上げ、スプリント体制に!!!!

今回ばかりは全然差が広がらない!

メイシーノさんの気合の入った一声に呼応するかのように、自分も雄叫びを上げさらに加速する!!!

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ッッッッッッッッ!!!!!!!

 

先にゴールラインを通過したのは・・・ikaruga!!

 

よっしゃあぁぁぁ!!!!

メイシーノさんに・・・・・・初めて勝てたァァァァ!!!!!

 

メイシーノさんに山で勝てたことが何よりも嬉しいです!

思えば、今まで山で数々の勝負をしてきて、勝てたことは一度もない。(勝ちになるかは分からないが、唯一置き去りにできたのはメイシーノさんがポジションをかえて本調子じゃなかった時ぐらいである)

それだけに、勝てた時の喜びが半端じゃありません。

 

・・・それにしても、あれだけ道中とばしておいて、まだこれだけ踏めるとは・・・。

メイシーノさん、本当にヤバすぎます。本当に強い。強かった。

 

その後、リンさんがゴール。(写真撮り忘れました、ゴメンナサイ゚(゚´Д`゚)゚)

かんぢさんも続いてゴールです!f:id:ikarugasan:20171007204906j:image

メイシーノさんはアディさんとゆけさんを撮るために?また下って行かれました(笑)

アディさんとゆけさんがゴール!!f:id:ikarugasan:20171007204957j:image最後だけ熱いスプリント勝負!(*^o^*)

ん?メイシーノさんが帰ってこないぞ???

と思っていたら、やって来ました(*^_^*)

スポンサー(?)のキャノンデールをアピールし、ゴール!!(笑)f:id:ikarugasan:20171007205035j:image

みんながゴールした後は、二ノ瀬をランで登ってきていた人(!)にカメラ撮影をお願いして、記念撮影♪f:id:ikarugasan:20171007205045j:imageとってもいい写真が撮れました(*^o^*)

写真撮影の後はベンチに座ってゆっくり休憩します。

バイクラックには自分ら6人のバイクしかかかっていません。f:id:ikarugasan:20171007205155j:image

今回の二ノ瀬のタイム計測の結果を集約してみました。(ストラバのセグメントにて計測)

1位 ikaruga・メイシーノさん・・・22:05

3位 リンさん・・・・・・・・・・・・・・・・・・23:25

4位 かんちざん・・・・・・・・・・・・・・・・24:13

5位 アディさん、ゆけさん・・・・・・31:36

 

背割堤も含め、最終的なタイムレースの結果としては・・・

1位 リンさん・・・・・・・  0:00

2位 ikaruga・・・・・・・・ +0:56

3位 かんぢさん・・・・  +1:49

4位 アディさん・・・  +12:17

5位 ゆけさん・・・・・  +12:19

となりました!

総合1位はリンさん!おめでとうございます!

背割堤の時点でかんぢさんが2位でしたが、二ノ瀬でかんぢさんに対して2分の差をつけて自分がゴールしたため、逆転して自分が2位となったようです。 

最後の最後で、かんぢさんにもなんとか勝つことができました。

笠置山ライドを境に、山ではかんぢさんに負けっぱなしでしたので、こちらも嬉しい出来事です。

 

楽しいひとときを終えて十分休んだら、二ノ瀬を下ります~f:id:ikarugasan:20171007205234j:image

リンさんと共に先頭でダウンヒル

リンさんは下りが圧倒的に早いです!f:id:ikarugasan:20171007205309j:image素晴らしきエアロフォーム。

2人だけ先に信号に到着し後ろの方々が来ないなあと思っていたら、上から2人でダウンヒルしているところを撮ってくれていましたf:id:ikarugasan:20171007205348j:imagef:id:ikarugasan:20171007205405j:imageまるでツールのワンシーンです♪

みなさんダウンヒルを終えてやって来ました~!f:id:ikarugasan:20171007205430j:image

全員揃ったら、30km/hチョイの速度で先頭を牽引し、途中でコンビニ休憩です。f:id:ikarugasan:20171007205525j:image

コンビニで補給し終えたら再び先頭を引っ張り、東海大橋!f:id:ikarugasan:20171007205650j:image

東海大橋を渡ったところでメイシーノさんとアディさんは木曽川堤防から帰るとのことなので、これにてお別れです。

メイシーノさんたちがかんぢさんと会うのはこれで最後。

最後に、友情の証です(笑)(*^o^*)
f:id:ikarugasan:20171007205902j:image

そして、四天王が揃うのもこれで最後。

最後に四天王だけで記念撮影!f:id:ikarugasan:20171007210032j:imageかんぢさんが関東へ行くことで、四天王は1枠空いてしまうことになります。

───────────────────────

一緒に四天王をしてみませんか?元気で明るい四天王、募集です!問い合わせは、ikarugaまで。───────────────────────

・・・冗談です(笑)

 

最後にまた記念撮影!(記念撮影に回数制限は無い)f:id:ikarugasan:20171008113223j:image

・・・それじゃあ、そろそろお別れの時間です。

お疲れ様でしたー!f:id:ikarugasan:20171008140858j:image

自分らも帰路につきます。f:id:ikarugasan:20171007210050j:image

踏切ストップ(4回目)f:id:ikarugasan:20171007210414j:image

踏切ストップ(5回目)f:id:ikarugasan:20171007210451j:image

今日は尋常じゃないくらい踏切に捕まります。

結局家を出発して帰るまでの間に6箇所中5箇所の踏切で止まりました(笑)

朝合流した信号でゆけさんともお別れです~f:id:ikarugasan:20171007210555j:imagef:id:ikarugasan:20171007210429j:image

ありがとうございました~(^^)/f:id:ikarugasan:20171008141223j:image

ちょっとカロリー補給するためにコンビニへ。f:id:ikarugasan:20171007210641j:image

最後の補給を済ませ、すっかり暗くなってしまった街中をとばしていきます。

庄内川堤防もずっと先頭で引き続け、松河戸の交差点でいよいよかんぢさんともお別れ。

今まで・・・本当にありがとうございました!f:id:ikarugasan:20171007210724j:image今まで楽しいライドばかりでした。関東へ行っても、頑張ってくださいね!!

さようなら!!かんぢさん!!また逢う日まで!!f:id:ikarugasan:20171007210753j:image

こうして帰宅。

めでたし、めでたし。

 

【記録】

走行距離・・・148.23
走行時間・・・5:32:55
平均速度・・・26.72
最高速度・・・57.83
平均ケイデンス・・・85
最大ケイデンス・・・126
平均パワー・・・118
最大パワー・・・460
平均心拍・・・147
最大心拍・・・195
累積標高・・・636
最高標高・・・420
最大勾配・・・9

 

【かんぢさんとの思い出】

せっかくなのでかんぢさんとの思い出を振り返ります。

 

思い返せば、全ての始まりは2016年の4月。

mixiでかんぢさんからマイミク申請(友達登録的な機能)が来たのがきっかけ。

その1週間後に笠置山ライドをしたのがかんぢさんとの初ライドでした。

その時の参加メンバーは、自分、かんぢさん、メイシーノさん、ゆけさん、ヒサシさん。f:id:ikarugasan:20171008142549j:image

みんなでワイワイと、楽しい思い出しかないライドでした。f:id:ikarugasan:20171008143416j:image

笠置山では全力ヒルクライムバトルを行い、かんぢさんに初勝利。(もちろんメイシーノさんには勝てなかったが・・・) 

ここからかんぢさんとの熱いヒルクライムバトルが始まったのでした。

 

その年の5月には初めてAACRに出場し、かんぢさんとひたすら爆走した記憶があります(笑)f:id:ikarugasan:20171008143559j:image

 

6月はメイシーノさん、かんぢさんの3人で鳥越峠へ。f:id:ikarugasan:20171008144040j:image

この頃からこのメンバーでライドをすることが多くなりました。

鳥越峠でも熱いヒルクライムバトルが行われ、ここでもかんぢさんに勝利。もちろんメイシーノさんには敵わなかったのは言うまでもない。

 

7月は地獄のフルビワイチ。200km近くをAVE30km/hオーバーで走りきるという、地獄以外の何でもないライドです。f:id:ikarugasan:20171008143751j:image

 

8月はいつもの3人メンバーで愛知一と言われる激坂、千人塚ライドをしました。f:id:ikarugasan:20171008144609j:imageこの写真は体を使って文字を表す神々の遊びである。「塚」の文字はハードル高い(^_^;)

 

同じく8月の後半には長野の渋峠をかんぢさんと2人で走りました!f:id:ikarugasan:20171008144929j:image

ちなみにブログの表紙を飾っているこの写真は、渋峠ライドで撮ったものです!(撮影者はかんぢさん!)f:id:ikarugasan:20171008145519j:image後にこのポーズを「シブポーズ」と呼ばれることになったりならなかったり・・・(笑)

 

9月は往復自走ビワイチ。かんぢさんは道の駅にトランポして、途中からの参戦でした。f:id:ikarugasan:20171008145745j:imageいわゆる四天王が初めて揃ったライドです(笑)

 

10月はメイシーノさん、かんぢさん、自分の3人でモリコロで開催の2時間エンデューロレースに出場しました。f:id:ikarugasan:20171008150129j:image3人が獅子奮迅の活躍を見せ、71チーム中4位という初出場にしては素晴らしい結果で終えることができました!

 

同じく10月の中旬はかんぢさんと2人で笠置山へ。(シブポーズ!)f:id:ikarugasan:20171008150907j:image

笠置山でまたしてもヒルクライム勝負を申し込むが、大差を付けられて敗北。これが初めてかんぢさんに山で負けたライドでした。

このライドを境に、山ではかんぢさんの方が一枚上手となりました。

 

11月は池田山でヒルクライムレースをやりました。f:id:ikarugasan:20171008152337j:image結果は敗北。個人的にかんぢさんの笠置山での結果が嘘ではないことが証明されたライド・・・という印象が強かったです。

 

同じく11月にはかんぢさん、Shojiさんの3人で片知渓谷へ。f:id:ikarugasan:20171008152830j:image

ここではかんぢさんとの勝負には絡まず、Shojiさんとヒルクライム。相変わらず片知渓谷は絶景でした。(片知渓谷の後の鬼引きは・・・いろんな意味で楽しかったですね(^_^;))

 

 12月は大多賀峠でまた全力バトル。f:id:ikarugasan:20171008155259j:image結果は限界ギリギリのスプリント勝負で勝利。笠置山以来勝てておらず、久々の勝利に歓喜しました。

 

同じく12月の下旬には背割堤で珍しくTT勝負。f:id:ikarugasan:20171008155400j:image1位、2位、3位は見ての通りなのだが、この並び順・・・どこかで見たことあるような・・・?(お別れライドの時の背割堤と全く同じ順位です(笑))

 

そして年が明け、2017年。

いきなり少し飛びますが、3月は2人で三ヶ根山を登りました。f:id:ikarugasan:20171008160135j:imageここでの勝敗はというと、敗北。かんぢさんの圧倒的なパワーに力負けし、中盤あたりでちぎられたことを今でも鮮明に覚えています(^_^;)

 

3月末は菰野ヒルクライムチームTTf:id:ikarugasan:20171008161723j:image四天王が再び揃い、まだかなり冷え込む鈴鹿スカイラインにて表彰台(6位以内)をかけた熱いヒルクライムバトルが繰り広げられました。

結果、目標タイムは達成したものの、周囲のレベルが高かったことから8位。主に自分が足を引っ張っていました、スミマセン・・・。


4月の頭には年明け後の初二ノ瀬へ!f:id:ikarugasan:20171008160905j:image個人TT形式で二ノ瀬を登り、タイムでかんぢさんに敗北。

いなべへ下ってからが色々楽しかったライドでした♪(サガンハリボーとか(笑))

 

7月は毎年恒例イベント、地獄のビワイチへ。f:id:ikarugasan:20171008160948j:image160kmを33.6km/hで駆け抜けるそれはまさに地獄。最後の生き残りをかけた激走は今でも忘れられません。絶対に負けない!という思いがあったからこそ、歯を食いしばってついていけたのだと思います。

 

8月はかんぢさん企画のピークス ラウンド1 再現ライド!f:id:ikarugasan:20171008161003j:image結局かんぢさんと一緒に走れたのは序盤の短い区間だけでしたけどね(;´^_^`) 

 

そして最後のライドとなる、10月1日。かんぢさんとのお別れライドです。

背割堤での平坦勝負では負けましたが、二ノ瀬のヒルクライムバトルでは最後の最後でかんぢさんに勝つことができました!

 

 

このようにかんぢさんとは今までのライドの中で、壮絶なヒルクライムバトルを繰り広げてきたのです。

個人的にかんぢさんの素晴らしいところは、負けた相手に対しても紳士な対応を見せる、スポーツマンシップがあるところだと思っています(笑)

ちょうど自分と同じくらいの早さだからこそ、こうして勝ち負けを繰り返すことのできる、良きライバルなんですよね。

 

関東へ行っても、自分たちと走った思い出は忘れないで下さい。

そして、ヒルクライムの修行を積んで、またいつの日か、全力のヒルクライムバトルをしましょう!!

 

最後に一言だけ。

かんぢさん、今までありがとう!

また逢う日まで!!

f:id:ikarugasan:20171008161045j:image