読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ikarugaブログ(いかるがぶろぐ)

山をこよなく愛するサイクリスト、ikarugaの自転車日記。山・峠・激坂が大好きな坂バカです。各地の激坂に挑む激坂ハンターもやっています。ロングライドイベント、ヒルクライムレースにも時々出ています。

佐渡ロングライド210 後日編

この記事は佐渡ロングライド210 当日編 弐ページ目の続きになります!

そして佐渡ロングライド最終章にもなります!(ようやくです(><)長かった・・・)

といっても、今回は佐渡ロングライド要素ほぼゼロですが・・・(笑)

月曜日。

休暇なので安心して朝も起きられる。
ホテルの食堂は7:30から。
自然と5:00に起きてしまったが、まだ余裕もあるため何度か寝直した(笑)

とまあ、食べる前にある程度適当に支度。

f:id:ikarugasan:20150525072046j:plain

目覚めの朝。部屋からの撮影。

f:id:ikarugasan:20150525072118j:plain

そして、朝食をとり、7:55ごろホテルをチェックアウト。

ホテルの専用の自転車置場にて自転車とまた再会を果たす。
(一番左に見えるのが私の愛車♪)
f:id:ikarugasan:20150525072342j:plain

同じ場所に自転車を置くサイクリストが他にも何人かいた。
YONEXのロードが(存在は知っていたが・・・)置いてあったのには少し驚かされた・・・実物を見るのは初めてです♪(写真の最も手前の右手に見えるのがYONEXのロードバイクのようです!)

8:00にはホテルを出た。
ホテル万長さん、ありがとうございました~m(_ _)m

近くにある見たことのないコンビニ(セーブオンという名前のコンビニ)で今日の昼ごはんを買ってリュックに入れ、佐渡島に来たもう一つの目的を果たすべく、ある場所へ向かった。

佐渡島に来た理由としてはもちろん佐渡ロングライドがメインなのですが、実はもう一つあり、前々から来たかったトコロがあるのです。

その場所へ行くことこそが、[佐渡ロングライド 前日編]でちょびっと紹介した、大会会場からわざわざ遠いホテルを選んだ理由になります!(ホテルからその場所まで、近いから(笑))

それじゃあある場所へ向けて、出発!

あ、ちなみにこの日は小木港を11:50に出航予定の高速カーフェリー「あかね」に乗って帰宅するつもりです。
なので、11:00ごろには小木港に到着しないと、恐ろしいことになってしまいます(笑)
まあ、予定では十分間に合う筈なので心配はあまりしてませんが・・・。
もう一つ付け加えるとこの日の島の中の移動は全て自走になります(笑)
昨日の疲れは・・・多少あるけど、走れないレベルではありません。(ヒリヒリしたケツの痛みは一晩寝れば痛みがなくなるけど、それとは別でサドルに210km乗っていた分の痛みはやはりある(^^;))

目的地は本当にすぐ近くにあります。
ただちょっとプチヒルクライムしますが・・・(笑)

途中、橋にて。
(朝撮った写真に写ってるあの橋です!)

f:id:ikarugasan:20150525074243j:plain

左手の方に、今回お世話になったホテル万長さんが見えます♪

橋の反対側。

f:id:ikarugasan:20150525074327j:plain

海側は相変わらず美しい。

f:id:ikarugasan:20150525074346j:plain

f:id:ikarugasan:20150525074358j:plain

目的地への入口は、橋のすぐ手前にあります。

今回行こうとしている目的地とは・・・
そう、ここです!!

f:id:ikarugasan:20150525074449j:plain

二ッ岩大明神!

聞いたことがない人の方が多いかな?一部では知っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

この先の道は、かなり走りにくいところです。小石はコロコロ転がってるわ、一部では強烈な激坂のくせに路面が最悪でデコボコ・・・
なんとか車体を安定させて激坂をクリアし、(なんとなく15%は超えているように感じた(笑))いよいよ二ッ岩大明神へ。

f:id:ikarugasan:20150525203049j:plain

すぐ隣には確実にもう使われていなさそうなバス停が・・・

f:id:ikarugasan:20150525203127j:plain

二ッ岩大明神とは、なんぞや?!
という人のために、解説です!

「説明しよう!二ッ岩大明神とは、
f:id:ikarugasan:20150525203221j:plain

f:id:ikarugasan:20150525203233j:plain
である!」

え?省略しすぎだって?(笑)

それでは、簡単に説明します・・・(笑)

むか~しむかし、佐渡島には団三郎狸という老狸がいました。
この狸は、佐渡島に住まう狸たちの総大将で、神格化されたれっきとした大妖怪。日本三大狸のひとつとしても数えられています。
時には人を化かしたり、時には困っている人にお金を貸してやったりして人々の生活に馴染んで暮らしていました。
そして、いつの日か、人を化かすことはなくなり、二ッ岩大明神として信仰され、現在に至る・・・。
という話が伝えられています。

それでは早速ですが探索していきましょう!
自転車は入口のここへ置いておきます。

f:id:ikarugasan:20150525220303j:plain

周りにはもちろん、人っ子一人いません。車も自転車もバスも通ることはないです(たぶん)
なので、ここへ置いておきます(鍵もしてません(笑))
戻ってきたら自転車が神隠しにあってたりして・・・
(※自転車がなくなるフラグではありませんよ!)

神隠しといえば、神隠しではありませんが(意味不明)この二ッ岩大明神、今ではいわく付きの神社として一部では知られているようです。
なんでも、入ってすぐの連なる鳥居を歩く際に、後ろを振り向いてはいけないんだとか・・・
振り向くと、白い着物がみえたり・・・するらしいです(笑)
どっかで聞いたような、聞いてないようなレベルの話なので、自分は今回完全スルーでいきます。
バシバシ写真撮って、ガンガン振り向きました。(置いた自転車が心配で)

それでは入っていきましょーう!

f:id:ikarugasan:20150525221225j:plain

f:id:ikarugasan:20150525221236j:plain

先ほど言ってた連なる鳥居。

・・・と、ここで愛用のデジカメが機能停止!!

なんだなんだ!?まさか、霊的な何かか!?

と、ブログを盛り上げてみましたが、実際にはただ単にデジカメが容量オーバーとなってしまっていただけのようです(笑)

写真撮りすぎたかな・・・
似たような余分な写真は削除して、気を取直して出発進行!

f:id:ikarugasan:20150525221533j:plain

けっこう、鳥居の道が続きます。
意外と鳥居の背が低いので、身長176では頭をぶつけてしまいます。

f:id:ikarugasan:20150525221635j:plain

赤い鳥居が見えてきました。

f:id:ikarugasan:20150525221659j:plain

赤い鳥居のすぐ左手に、なにやら小屋が急に現れた・・・。

色々置いてあるな(^^;)

よくわからなかったので、写真撮ってスルー。(ポケモンのぬいぐるみとか、色々ありました(笑))

辺りを見渡すと、道のすぐ右手に、お手洗いが!

f:id:ikarugasan:20150525221833j:plain

あんなとこどうやって行くんや・・・そして用を足す者などいるのだろうか・・・
とか一人ツッコミを済ませて、先へ進む。

f:id:ikarugasan:20150525221918j:plain

赤い鳥居を抜けると、丘に出る。

写真にはちょっと写ってませんが、地面には焼け跡のようなものが点々と転がっています。
・・・実はここ、昔小屋があったのです。
聞くところによると、平成25年の9月ごろに(以前どなたかのブログを読んで知りました!ブロガーさん情報ありがとうございます!(勝手))火事があり、小屋はなくなってしまったそうです。

・・・先へ進みます。

f:id:ikarugasan:20150525222354j:plain

丘を越えたら、やや下りの道。
鳥居をいくつもくぐって、姿を現したのは・・・

f:id:ikarugasan:20150525222441j:plain

無残にも左半分が壊れているようにも見える小屋を発見。どうやら本殿みたいです。

もちろん!中へ・・・おじゃましま~す・・・

f:id:ikarugasan:20150525222607j:plain

扉を開けると、太鼓やら千羽鶴やら鳥居やら、色んなものが置かれていました。

f:id:ikarugasan:20150525222733j:plain

左手には、どうやら噂の二ッ岩なるものが存在するようです。
祠のようにもなっていて、中にも鳥居がありました。

f:id:ikarugasan:20150525223357j:plain

部屋の中には、二ッ岩大明神と書かれた札?も。

f:id:ikarugasan:20150525223517j:plain

さらに奥にもう一つ部屋があり、そちらにも行きました。

f:id:ikarugasan:20150525223552j:plain

なんだかここの場所は外の世界と空気感がまるで違ってました(窓でバシバシ暴れるミツバチがうるさかったけど(笑))

f:id:ikarugasan:20150525223656j:plain

時計もかけられていました。
意外にも、この時計は現在時刻と同じ時間を示していました!現在8:40ごろです!

f:id:ikarugasan:20150525223816j:plain

二ッ岩大明神。
鳥居はたくさんあるけど、どこか儚い様子。

f:id:ikarugasan:20150525223854j:plain

!?
こんなところにまで侵攻していたとは・・・
梨の妖精おそるべし。

ということで、二ッ岩大明神はこれにて終了です。
それでは帰路につく~

f:id:ikarugasan:20150525224025j:plain

特に何も起きることなく、無事帰ることができました。自転車も神隠しにあってないし、めでたしめでたし♪

f:id:ikarugasan:20150525224112j:plain

それではここから、小木港を目指して出発!
予定では2時間かけて11:00には着く予定。

途中、大会会場のある佐和田地区とホテルのある相川地区を結ぶ山道で、昨日の参加者と思われる方と何人かすれ違った。
今から何処へ行くのだろう?佐渡金山?まさかスカイライン

そして、昨日まで大会会場だった小学校を通り過ぎる。

f:id:ikarugasan:20150526072434j:plain

ここは佐渡ロングライドスタート&ゴール地点だった場所。
ステージがあったグラウンドも、今日は普通の日なので体育の授業をやっていました。

大会本部もここにあったようで、小学校横にある公園で佐渡ロングライドスタッフたちがゴミを拾ったりしていました。
スタッフの方々、ありがとうございました!

佐渡ロングライド参加者は二泊三日(もしくはそれ以上?)してる人が多く、月曜日のこの日でもサイクリストをたくさん見かけました。
港へ向かう人、岸でたたずむ人、観光する人・・・
佐渡ロングライドのイベントはまだ終わってしまいましたが終わった感があんまりないですね(笑)

そして、10:50ごろ小木港に到着!
船に乗るとき自転車は来る時と同じように輪行袋に入れないといけません。

f:id:ikarugasan:20150526112451j:plain

ということで輪行作業開始。
f:id:ikarugasan:20150526112244j:plain

せっかくなので、輪行作業TTをやってみる(笑)
何度も解体組立を繰り返し、今ではもう手馴れたもの!好タイムが期待できる。

ガチャガチャ・・・

f:id:ikarugasan:20150526112702j:plain

よし!完成!タイムは・・・

16分!!

ベストタイムです!
・・・と、喜んでる暇はない(^_^;)
時刻は11:20。そろそろ船に乗らねば・・・
急いで乗って、出航を待つ。

f:id:ikarugasan:20150526112510j:plain

そして・・・出航~!

f:id:ikarugasan:20150526112522j:plain

さようなら、佐渡島・・・!

f:id:ikarugasan:20150526112534j:plain

また1年後くるぞー!!

直江津港へ到着し、タクシーで直江津駅、そこから電車で愛知まで帰りました。

今回の旅は初めてのことだらけで、イベントも完走でき、すごく思い出に残りました。

また、こういう滅多にできないことをやりたいですね!
人生初の挑戦みたいな感じで!

ここまで長いブログを読んでくださってありがとうございました!

それでは、また!

にほんブログ 村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村