ikarugaブログ(いかるがぶろぐ)

山をこよなく愛するサイクリスト、ikarugaの自転車日記。山・峠・激坂が大好きな坂バカです。各地の激坂に挑む激坂ハンターもやっています。ロングライドイベント、ヒルクライムレースにも時々出ています。

最近の出来事(2017年1月)

最近100kmを超えるようなロングライドに走りに行けていません。

 

1月の上旬か中旬あたりに、雪がドカッと降りましたよね。

その影響もありますが、最近はローラーや午前中のみのライドで済ましております。

 

そういえば去年の11月頃から始めたローラーで毎週LSDを行うトレーニング。

コツコツと毎週必ず1時間~2時間のLSDを続けてきた結果、ついに合計時間が15時間、そして日数としては10日目を迎えました。

トレーニング効果を信じて、まだまだ続けていきます。

 

そして、雨沢峠。

今年に入ってもう3回も登りました。(笑)

1回目は1月9日でタイムは20:16。

2回目は1月21日でタイムは19:42。

3回目は1月28日でタイムは21:13。

2回目に登った時の写真はコチラ。f:id:ikarugasan:20170131205421j:image

3回目(2回目から1週間後)に登った時の写真はコチラ。f:id:ikarugasan:20170131205508j:image

ちなみに1回目は写真撮っていません(;´^_^`)

 

3回とも、毎回全力でTTしてます。

久しぶりに峠でアタックをすると確実にタイムが悪いです。

特に平坦ばかり走った後というのはそれが顕著に表れます。

毎度のことですが、登り方を体が忘れてしまっているんだと思います。

3月末の菰野ヒルクライムからヒルクライムレースのシーズンが始まるので、それまでにヒルクライムのレベルを全盛期の頃まで戻さなくてはなりません。

ということで近いうちに30分~40分かけて登れる峠、大多賀峠まで行ってヒルクライムの練習をしようかなと計画中です。

ここは冬でも積雪や凍結が少なく、比較的安心して登れる数少ない峠のひとつです。

心配なのは以前降った時の残雪状況ですが、最近行った方の話によると問題なく登れるレベルまで雪が無くなっているそうです。

 

 

 最近の出来事といえば、こんな感じですね。

 

 

あ、まだあとアレがありました。

 

 

ヒント画像はコチラ・・・f:id:ikarugasan:20170131205304j:image

実はレッドウィンドは現在、セトシナノサイクルさんのところに預けてあります。

もうすぐ更にカッコよくなって帰ってきますので楽しみにしててください・・・(*´∇`*)

 

ホイール関連の話だとまだあります。

 

これはつい最近撮った私の愛車の写真。f:id:ikarugasan:20170131213303j:image

・・・何かいつもと違う感じがしませんか??

 

何がいつもと違うのかといいますと・・・ホイールが違います。

以前からお借りしていたキシリウムSLSではなく、私の所有しているレーシング3になっております。

 

キシリウムSLSはどうしたのかといいますと・・・

借用期間が満了となり、昨年の年末にご本人様に返却致しました!!(^o^)/

 

お借りして約2000kmほど走らさせて頂きましたが、軽量で反応性がよく、たいへん素晴らしいホイールでした♪

次にヒルクライム用の軽量ホイールを買う際の参考にさせていただきます。(貸していただいたご本人様には感謝感激です!m(_ _)m)

 

 

さて、最後に最近のブログについてちょこっと書いていこうと思います。

まずはいつも当ブログを読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

最近は色々な方からコメントが寄せられるようになりました。

・・・このコメントに関することなのですが、ぶっちゃけますと、コメントがつくとめちゃくちゃ嬉しいです。(笑)

色々な方が読んでくださっているんだなという気持ちにさせてくれます。

これからもたくさんコメントをくださいね!ということが言いたかったのではなく、結論としては、私個人の素直な感想を伝えたかっただけです・・・(;´^_^`)

 

そしてコメントといえば、今年こそ一緒にライドしたいという声をいくつか頂きました。

私としては嬉しい限りであります(*´∀`*)

新規さんのライド参加、いつでも大歓迎ですので気軽にどうぞm(_ _)m

 

ちなみに次回のライドは2月11日(土)に計画しています。

コースなどはまだ何も決めておりません。

参戦表明があれば相談して色々決めていこうかと考えていますが、特になければいつものようにソロでトレーニングしようかと思ってます。

 

 

そういえばブログ名とか、ちょこっと変えてみました。みなさん気づきましたかね。

その名もikarugaブログ(いかるがぶろぐ)。

カッコ内に親しみやすそうな(?)ひらがな表記を入れてみました。

さらに色々な方にブログを覚えてもらいやすくなるかなぁと思って試してみた次第です。

 あとは、なんとなく語呂やリズムが良かったのでこの名称を採用しました。

いかるがぶろぐ・・・みなさんから見たらどんな風に聞こえるんでしょうか。

 

 

そんな感じで最近を振り返ってみました。

今後ともikarugaブログをよろしくお願いします。

木曽川堤防エンデュランス走

 1/7(土)は木曽川堤防でエンデュランス走をしてきました。f:id:ikarugasan:20170119183333j:image

この日は1人での走行です。

 

今回のトレーニングの目的は最近実践している筋肉の使い分けができるようになること。

 

最近強い人たちと走ることで、自分の弱点が明らかになってきました。

それは、足が長持ちしないということ。

 

峠でのTTや勝負のことをいっているのではなく、そのあとに発生している問題のことをいっています。

全力を出し切ったあとというのは、他の人よりも回復が遅く、悲しいほどに足が回らなくなってしまうのです(;´^_^`)

 

長持ちしない原因は大体分かってます。(違っているかもしれないけど、自分はコレが原因だと考えています)

それは、ポジション乗り方がマズイのです。

 

今のバイクのセッティングというのは、サドル高が高く、前に突き出しています。

そして、乗り方に関してはかなりの前乗り。

 

この乗り方というのは、瞬発的には物凄い力が出しやすくなる代わりに長持ちしないという特徴があるのです(><)

(逆にいえば全く正反対のポジションにすると瞬発力が減少する代わりに持久力が上がる傾向にあります)

今のポジションは言ってみれば極端なスプリンター向けのセッティングなんです(;´^_^`)

 

弱点を克服するには、セッティングを変えればいい話ですが、セッティングを変えると乗り方も変わるため、順応にたくさんの時間がかかることになります。

個人的には今のポジションはすごく気に入っているため、なるべく変更せずに弱点克服を試みたいところ。

 

ならばどうするのか?という話になるのだが・・・

答えは簡単。ポジションは変えなくとも乗り方を変えれば良いのです。

 

ここでいう乗り方とは、骨盤を立てるか否かのことを指すことにします。

 

今までは骨盤は寝かせる乗り方で乗っていましたが、これだとどうも瞬発力はあるが持久力に乏しい大腿四頭筋をメインで使うこととなり、長持ちしない傾向にあるんだそうです。

 

そこで今回、骨盤を立てる乗り方をマスターすることにしました。

 

骨盤を立てるとどうなるかというと、持久筋のひとつであるハムストリングスを使いやすくなり、長時間のライドでも足が長持ちするようになるといいます。

 

ハムを使ったペダリングができるようになれば、大腿四頭筋を温存させることができます。

エンデューロレースなどでも、ハムを使ったペダリングで足を温存させ、ここぞという時に大腿四頭筋を使ったペダリングで強力なアタックを仕掛ける・・・なんてこともできるようになります。(なると信じてます(;´^_^`))

ヒルクライムでもそれは同じこと。ハムで山を登れるようになれば、更にタイムを縮めることができるようになる・・・はず。

 

ということで、骨盤を立てたポジションで意識的にハムを使えるようになるため、木曽川堤防でエンデュランス走を行います。

 

ちなみにエンデュランス走とは、AT値(最大心拍の約80%のことを指します)をわずかに下回る心拍数で長距離を長い時間かけて走るトレーニングのことです。

 

さて、いつものコースを走り、いつものように犬山城を通り過ぎます。f:id:ikarugasan:20170124204909j:image

心拍160bpm付近(MAXの約80%)を維持して木曽川堤防を32km/hくらいで快走します。f:id:ikarugasan:20170124205526j:image※誰かが撮ったように見えますが自撮りです。

 

ディープリム+エアロポジションで走行すると心拍が80%以下の状態で32km/h付近の速度で走れるため、とても気持ちいいです。

個人的にディープリムを買ってホントに正解だったと思います。

 

138タワー近くでミニストップ休憩を挟み、ひたすら堤防を走り続けていると馬飼大橋が見えてきました。f:id:ikarugasan:20170124205701j:image木曽川の水面にくっきり堰堤が映っています。

くっきり映るということは、風がほとんど吹いていないということ。

ほぼ無風ということは、行きも帰りも同じような一定ペースで走ることができます。

エンデュランス走をする上で、ほぼ無風というのはこれ以上ないほどに好条件です。

常に一定ペースで走れるため、全体の平均速度向上が期待できます。

ゴールした時のアベレージが楽しみですね。

 

馬飼大橋を渡る際、右手に目をやると御嶽山がキレイに見えました!f:id:ikarugasan:20170124210437j:imageその左にも、何やら雪をかぶった大きな山が。

方角的にあの山は乗鞍・・・になるのかな。

 

乗鞍岳・・・2016年は3回行ったけど、今年は何回行くことになるんだろうか??

 

馬飼大橋を渡って背割堤へと進みます。f:id:ikarugasan:20170124210557j:imageいつもここを通る度にこの景色撮影しています。

一種のこだわりというヤツですね(笑)

 

ゲートの横をすり抜け、背割堤がスタート。

全力TTをやろうと急加速したが、追い風ではないため速度が思うように出ず、TTをやっても良いタイムが出せないと思い早々に諦めモードに入る。

そうして再びエンデュランスモードに復帰。

 

今日の風向きと強さ。f:id:ikarugasan:20170124210710j:imageホントにほぼ無風ですね。

いつもは吹き荒れる風のせいで勢いよく泳ぐ背割堤の鯉のぼりですが、今日はお休みのようです。

 

南側のゲートについたら引き返して距離を稼ぎます。

合計で1往復して20km稼ぎ、ちょうどいい時間になったのでいつものカツ屋でお昼ご飯にします。

レッドウィンド、車体にピッタリですね!f:id:ikarugasan:20170125192914j:imageレッドウィンド=赤い風という名前も中二病らしさを醸し出しててカッコイイです・・・!!(笑)

性能面でも予想通り巡航速度が上がって大変気持ちが良いです。

 

ここまでで約95kmを走行。この時点でサイコンのアベレージ表示を見てみると・・・!f:id:ikarugasan:20170125193119j:imageおおっ!30km/hを超えています!

単独でアベレージが30km/hを超えたのは今回が史上初。自分の中では快挙です(笑)

家に帰るまでなんとしてでもこのアベレージは維持したいところですね~!

そのためには、まずはエネルギー補給。

いつもの味噌ロースカツ定食でエネルギーチャージです!f:id:ikarugasan:20170126210817j:image

食べ終えたらまた背割堤から堤防をひたすら走り、犬山城を目指します。

帰りのコースは若干の向かい風に変わり、心拍160bpmで32km/h巡航できていたところが、168bpm近くまで上昇してようやく同じ速度という感じになりました。

なんとしてでもアベレージを維持したいため、ここは心拍のリミッターを外して思いっきり回していきます。

 

エアロポジションで心拍リミッターを解放させて走り続けること数時間、138タワーまで帰ってきました。

この時点で走行距離は128km、アベレージはなんとか30km/hを保っています。f:id:ikarugasan:20170126211340j:image

あとは家まで全速力で帰れば・・・アベレージ30km/hは達成できるはず!

ちなみに足はかなりヤバイ状態です。

冒頭に書いた骨盤を立てる乗り方でハムを酷使し続け、もう充分といえるくらいボロボロになっています(笑)

しかし、真のトレーニングというのは、疲れてからが本当の始まりである。

ここからさらに足を追い込んでいきます(*´∇`*)

 

堤防をとにかく歯を食いしばって走り続け、犬山城に到着。

ここからは市街地走行になる。

アベレージが落ちぬよう、毎回発進は急加速してトップスピードまで持っていきます。

そのため、乗り方を変えていつもの骨盤を寝かせる乗り方にチェンジ。

温存していた大腿四頭筋を解放させ、圧倒的パワーで爆走します。

 

さすがは大腿四頭筋、150km近く走ったというのに物凄い力が発揮できます。

これが筋肉の使い分け・・・ということなんでしょうか。

 

そうして無事帰宅。

全行程で164kmとなりました。

果たして気になる平均速度は・・・!f:id:ikarugasan:20170127064127j:image

30.27km/h!

やりました、家に帰るまでなんとか30km/hを維持することができました!

ちなみに上の画面はシグマのサイコンのデータを管理できるソフト、データセンターになります。

 

過去最高の平均速度は地獄のフルビワイチの時の31.30km/h。距離が194kmでコレだから頭一つ抜けています(笑)

平均心拍も164bpmと、80%を優に超えてしまってます。

(レースも含むとしたらモリコロが過去最高記録になるんですけどね。あくまで普段のライドの枠の中でです。)

 

 

今回はアベレージが高く、大変気持ちの良いライドとなりました。

めでたしめでたし。

 

【今日の記録】

走行距離・・・164.57
走行時間・・・5:26:15
平均速度・・・30.27
最高速度・・・49.55
平均ケイデンス・・・91
最大ケイデンス・・・130
平均パワー・・・126
最大パワー・・・335
平均心拍・・・160
最大心拍・・・183
累積標高・・・438
最高標高・・・117
最大勾配・・・7

 

 

そろそろヒルクライムの練習を始めていきたいので、1/28(土)は雨沢峠へ行ってきます。

2017年初ライド・西濃サイクリング

1/2(月) は新年初ライドということで、西濃を走ってきました~♪f:id:ikarugasan:20170119182926j:image

募集してみたら、メイシーノさん、アディさん、ゆけさん、shojiさんが参加して下さいました!

よろしくお願いしますm(_ _)m

 

まずは7:10に犬山橋でメイシーノさんと合流。

成田山の前の道ですが、車が全く走っていません!Σ(゚д゚;)f:id:ikarugasan:20170112073037j:imageさすがは三が日・・・といったところでしょうか。

予定よりも10分早い7:00、犬山橋到着。f:id:ikarugasan:20170112073444j:image

いつもならここへくるまで1時間はかかるが、快調にとばしてきたせいで50分でついてしまった。

メイシーノさんはまだ到着していないようで、少し遅れるとのこと。

メイシーノさんが来るまで、たまたまそこにいたハトでバードウォッチングして時間をつぶします(笑)f:id:ikarugasan:20170112073826j:image

待つこと十数分、メイシーノさん到着です。f:id:ikarugasan:20170112074013j:image

次は138タワーでゆけさん、shojiさんと合流のため、いつものように木曽川堤防のサイクリングロードを走ります。

そして138タワーへ到着し、ゆけさん、shojiさんと合流。

記念にいつもの集合写真を撮ります。f:id:ikarugasan:20170112074118j:image

お次は木曽川橋でアディさんと合流予定。

サイクリングロードを軽快にとばしていきます。f:id:ikarugasan:20170113064735j:image

木曽川橋の手前でスプリント勝負が勃発し、息がゼエゼエになりながらアディさんと合流!f:id:ikarugasan:20170113064800j:image

全員集まったところでいつものセルフィー!f:id:ikarugasan:20170113065032j:image(そしていつも必ず顔半分が切れる。)

木曽川橋を渡って岐阜県突入。

落ち着いたペースで街中を走行です~f:id:ikarugasan:20170113065426j:imagef:id:ikarugasan:20170113065444j:image

ミニストップで休憩。通り過ぎざまに止まって申し訳なかったです(笑)f:id:ikarugasan:20170113065610j:image

色々雑談しながらイートスペースで補給。

ストラバの区間を調べていると、途中に出てくるトンネルの手前の坂にはセグメントがあるようだ。

このセグメントでメイシーノさんと2人でKOMを狩るという話に(;´^_^`)

これは燃えてきました、頑張ります。

ミニストップを出発し、華厳寺を目指して走り出します。

現在7℃、冬にしては暖かく快適な気温だ。f:id:ikarugasan:20170113070248j:image

景色がいいので気持ち良いです。f:id:ikarugasan:20170113070009j:imageこのコースは個人的にかなり気に入ってます♪

さて、さっきミニストップで言ってたトンネル手前の坂が見えてきた。f:id:ikarugasan:20170113070544j:image信号を超えてカーブを曲がったところから区間が始まります。

メイシーノさんに先を譲り、自分はそれにくっついて猛ダッシュ!!

結構な負荷だが、なんとかついていけるレベル。

最後はギヤと腰を上げてさらに加速し、全力スプリント!!

その結果、ギリギリでメイシーノさんを追い抜いてトップで通過することができました!

やりました・・・!メイシーノさんに坂で勝つことができました!

タイムが気になるところですが・・・家に帰ってからタイムを見てみると1秒差でメイシーノさんに負けてKOMを逃していました・・・ザンネン(;´^_^`)

みなさん続々と登り終えます。f:id:ikarugasan:20170113221235j:imageここは後ろの背景もキレイなのでなかなかオススメな場所なのです(^-^)/

登り終えたらトンネルを超え、下りとアップダウンの道が少し続く。

華厳寺が近づいてくると、突然目の前に、車の大渋滞が発生しておりました(;´^_^`)

これは、初詣に訪れる人で溢れかえっている・・・ということでしょうか。

信号の交差点を超えたところからも、車がずっと並んでいます・・・Σ(゚д゚;)f:id:ikarugasan:20170113221514j:image

なんとか歩道からいつも停めている場所まで進みます。

しかし、そちらはすごい人混み。自転車を停められそうな場所もない。

ということで、広場?みたいなところに自転車を停めることに。f:id:ikarugasan:20170113222033j:image

先ほどミニストップで補給したばかりで、そこまでお腹も減っていない。

なので、ここでは軽食をどこかで取ることにします。

広場?から駐車場を見渡しますが、普段はこんなに車はいません(笑)f:id:ikarugasan:20170116200833j:image

いつもならガラガラのこの場所も、今日は激混みです・・・f:id:ikarugasan:20170116201033j:image

とりあえず歩いていって、ぶらぶらと見ていきます。f:id:ikarugasan:20170116201222j:image

ここで近くにいたおじいさまにシャッターをお願いして、みんなで記念の集合写真!f:id:ikarugasan:20170116201245j:imageイイ感じです(^-^)/

これより先へは行かず、折り返して軽食が食べられるところを探します。

イイところ発見!f:id:ikarugasan:20170116201455j:image

軽食の中では定番中の定番、五平餅を注文。f:id:ikarugasan:20170116201756j:image食べながらまったり休憩です。

休憩を終えて、自転車が停めてある広場?に戻ってきます。

ゆけさんと私のバイクでダブルディープリムです。f:id:ikarugasan:20170116201935j:image

やはり迫力があって何度見てもカッコイイです・・・。

さて、お次は道の駅池田温泉でお昼ご飯の予定。

そこまで頑張って走ります♪(^-^)/

ゆけさんにバッチリ撮られていました(笑)(;´^_^`)f:id:ikarugasan:20170116202147j:imagef:id:ikarugasan:20170116202237j:image

距離の短い坂を終え、東ノ山トンネルをくぐったら本コース最大のビューポイントにつきます!f:id:ikarugasan:20170116202329j:image長い下りを終えると・・・見晴らしの良いド平坦が出てきます!!f:id:ikarugasan:20170117074426j:image車通りも少なく、最高に気持ち良いです。f:id:ikarugasan:20170117074837j:image
気温は10℃。f:id:ikarugasan:20170117075021j:image

天気も気温も何もかもが素晴らしいです♪f:id:ikarugasan:20170117075224j:image

そうして平坦路を30km/hオーバーで気持ち良く駆け抜けます。

池田温泉まで続く直線道路に出たら、メイシーノさんが前に出て強度を上げて走行。

自分とアディさんがついていきます。

あまり覚えていないが、速度は38km/hくらいだった。

ディープリムでこれくらいの速度域の風よけを受けると、今までよりもめちゃくちゃラクに付いていくことができます。空気抵抗が減っていることがスゴく実感できますね。

そんな感じで高速巡航し、一瞬で池田温泉へ。f:id:ikarugasan:20170117075933j:imageこんなに池田温泉って近かったっけと思えるくらい一瞬だった。

道の駅の方ではなく、旅館の池田温泉の方でお昼ご飯を食べることにします。f:id:ikarugasan:20170117080100j:image

バイクラックも完備されております(^-^)/f:id:ikarugasan:20170117080212j:image

謹賀新年!f:id:ikarugasan:20170117080245j:image

レストランは2Fにある湯の華というところです。f:id:ikarugasan:20170117080555j:image

今回は唐揚げ定食を注文。

いただきます♪f:id:ikarugasan:20170117080349j:image

食べてお腹いっぱいになり、次はおちょぼさんを目指します。

池田温泉から小さな峠を越えて、大垣方面に走ります。

・・・が、途中で状態異常【頻尿】になり、頻繁にトイレに行きたくなってしまいます(;´^_^`)

15分に1回トイレに行かないとヤバイくらいの頻度でした・・・。

なんでか、色々食べてエネルギーをチャージすると、体内の乳酸とかが処理されて尿がたくさん出るようになる?気がするんですよねー・・・。

ただ単に寒い外に出たから頻尿になる・・・というわけではなさそうです。

止まったセブンでみなさんが雑談していたので、記念に撮ってみます(笑)f:id:ikarugasan:20170117080759j:imageお揃いポーズまでしていただきありがとうございます(^-^)/

頻尿に耐えながら、おちょぼさんを目指して走ります。

時間が経てば経つほどその頻度は回復傾向に変化していき、やがて正常な状態まで回復することができました・・・(・∀・;)

ライド中に補給をすると時々頻尿になるんですよね。

こういうのって対処法とかないんでしょうかね・・・。(水を飲まない・・・とか??)

さてさて、気を取り直して走ります。f:id:ikarugasan:20170117212002j:imagef:id:ikarugasan:20170117212026j:image

おちょぼさんの近くまで来て、もう到着だ~・・・と思った矢先!!

大渋滞が発生しております!!Σ(゚д゚;)f:id:ikarugasan:20170117212103j:image

え!?え!?!?

これ全部、おちょぼさんに入ろうとしている車!?

華厳寺であれだけの人だったのだから、おちょぼさんなんてもっとヤバイだろうな・・・という予想は立っていたのですが、まさかこれほどまで正確に的中するとは・・・(><;)

とりあえず狭い路地から進んでいって、おちょぼさんの東側にあるでっかい鳥居のところまでたどり着くことにする。

グーグルマップで細かな道を確認しながら、狭い路地を抜けていきます。

そうしてたどり着いた先は・・・・・・

ナンテコッタイ\(^o^)/f:id:ikarugasan:20170117213251j:image

何なんだこれは。自転車はおろか、人が入れるスペースすらない。

 

なんというカオスな状態なのだろうか(笑)

まあ、普段からここは人が多いし、三が日にここへ訪れること自体が間違っているような気がしなくもないのですけどね(`д´;)

 

なんとか東の大きな鳥居に出て、駐車場にあるトイレで用を足す。f:id:ikarugasan:20170118073200j:image

おちょぼさんはとてもじゃないけど入れるような状態ではないため、これにて帰路につくことにします(;´^_^`)

信号で止まった時、近くの側溝を歩く謎の生物を発見!!f:id:ikarugasan:20170118073432j:imagef:id:ikarugasan:20170118073507j:image

なんでしょうかね?ヌートリア

残念ながら謎の生物にはすぐ逃げられてしまいました。

気を取り直してコンビニで休憩です。

ノンストップで家まで帰れる分を補給をしたら走り出します。

しかし、なぜかたまたま信号ではぐれてしまう。

その間に、向こうとこちらでお互い撮り合います(笑)f:id:ikarugasan:20170118073759j:imagef:id:ikarugasan:20170118073914j:image

信号が青に変わって合流し、再スタート。

馬飼大橋を渡ります。f:id:ikarugasan:20170118074056j:image

体をくねらせて、頑張って背割堤へと続く道を撮ってみます。f:id:ikarugasan:20170118074208j:image

さてさて、木曽川堤防に到着。

ここからは犬山城方面に向かってひたすら堤防を走行します。

30~32km/hを維持して走るが、心拍がMAXの80%以下の状態でこの速度域が実現できている。

80%以下だと何がいいのかというと、有酸素運動の領域なので、緩いランニングとかと同じで理論上は疲れることなくずっと運動し続けられる負荷レベルということである。

ディープリムのおかげで速く・ラクに走行できようになっているようですね。素晴らしい効果です。

先頭を引き続ける私。f:id:ikarugasan:20170118181250j:imagef:id:ikarugasan:20170118181307j:imageちなみにかなりのエアロポジション(前傾姿勢)をとって走行しています。

空気抵抗の少ない姿勢をとることで、心拍数を下げて高速で走ることができるのです。

・・・さてさて、138タワーが近づいてきました。

メイシーノさんが前へあがってきて、ずっと前を引き続けたことに対するねぎらいの言葉をかけていただけました。f:id:ikarugasan:20170118181534j:imageそして、138タワーフィニッシュを狙っていることを告げ、火花バチバチモードに(笑)

以前池田山ヒルクライム大会をやった時の帰りも同じような状況となり、その時はメイシーノさんが138タワーフィニッシュを獲得しておりました。

今回はその時のリベンジ。絶対に負けられません・・・!!(真剣) 

サイクリングロードを走行しますが、牽制はもう始まっており、お互い睨みきかせています(笑)

アディさんが先頭に立ったので、自分らもそれに続いてついていきます。f:id:ikarugasan:20170118182507j:image

メイシーノさんに動きはまだない模様・・・。

メイシーノさんのことだから、スプリント以外の方法で勝利を狙っていることだろう。

となると、得意の坂でのアタックや逃げ切りに気をつけた方がいいだろうな・・・。

 

そうして対策をアレコレ考えていると、高架下をくぐった先にある唯一の登り坂で、メイシーノさんが予想通りアタックを仕掛けてきました!!

引き離されまいと、すかさずアタックに反応して追撃体制に入ります!!

 

強力なアタックに耐え、なんとか逃げられる前に追いつくことができました。かなりキツかったけど・・・。

 

ここまで来たら、あとはフィニッシュ地点まで平坦オンリーの直線道路です。

歩行者がいるところなどでは減速して安全な速度でパスしていき、いよいよ最終局面を迎えます。

 

と、ここでアディさんが後ろからアタック!!

 

メイシーノさんが反応してついていきます。

 

自分は少し反応が遅れ、数メートルほど差が開いてしまいます。

 

バイ!!このままもし全力で逃げられたら、追いつくことは不可能だ!!

そう思い、本気で回して追いかけ、またしても逃げられる前に追いつくことに成功する。

 

ふう、ここまできたらあとはスプリント勝負で勝敗が決まることだろう・・・!!

 

ラストはメイシーノさんと2人だけになり、スローペースでお互い牽制状態に入ります。

 

ゴールが近づいてきて、相手の出方を伺い・・・ここぞというところでいよいよスプリント開始!!

メイシーノさんもすぐに反応して食らいついてきます。

 

しかし、レッドウィンドの反応性と持ち前の爆発力を生かして一気に加速しメイシーノさんを引き離して、ついに138タワーフィニッシュをゲットしました!!

やりました、リベンジ達成です!

 

とりあえずいつものところで休憩です。f:id:ikarugasan:20170119074659j:image全力スプリントだったので息が切れてます(;´Д`)

アディさんやshojiさん、ゆけさんとはここでお別れになります。

最後に記念写真を撮って解散します(^-^)/f:id:ikarugasan:20170119124917j:imageまた私の顔が切れてますね(笑)

みなさんとても楽しいライドでした、ありがとうございましたm(_ _)m

 

さて、ここからはメイシーノさんと犬山城まで二人旅。f:id:ikarugasan:20170119125025j:image

色々話をしながら帰ります。

 

そういえばメイシーノさんと初めて一緒に走ったのも今日と大体同じようなコースでした。

というのも、実は今回のコース設定の裏には、原点回帰をテーマにしていて、初めて一緒に走った最初の頃を思い出そう!ということを軸に置いたコース設定なのでした。

私のことを昨年のベストパートナーと言って下さったメイシーノさん、色々またご迷惑をおかけするかもしれませんが、また今年も一緒にたくさん走って頂けると嬉しいです・・・m(_ _)m

 

そんな感じでサイクリングロードを終え、犬山城を少し南下したところの信号で開催します。

ありがとうございました~!!

 

自分はまっすぐ平坦路を走って無事帰宅したのでした。

 

めでたしめでたし。

 

【今日の記録】

走行距離・・・185.08
走行時間・・・7:09:04
平均速度・・・25.88
最高速度・・・52.12
平均ケイデンス・・・85
最大ケイデンス・・・132
平均パワー・・・100
最大パワー・・・760
平均心拍・・・147
最大心拍・・・190
累積標高・・・733
最高標高・・・119
最大勾配・・・7

走り納め in チタイチ

12/30(金)はうっささん主催のチタイチに参加し、走り納めをしてきました~!f:id:ikarugasan:20170108221222j:image

mixiでうっささんがチタイチで走り納めをすると呼びかけていたのでそれに参加。

結果、総勢12名(自分含む)という大所帯でのライドとなりました(^-^)/

 

今回のライド、実は前回走ったチャレンジライド(まんま亭ライド)から1日しか経ってません。

どういうことかというと、水曜日にまんま亭まで走って、木曜日の深夜1:00に帰ってきて、その翌日の金曜日に今回のチタイチを迎えております(笑)

なので、走れるかどうかかなり不安でした(;´^_^`)

結果的に大丈夫だったので良かったんですけどね・・・。

(唯一の休養日だった木曜はひたすら食べて寝てを繰り返すことで思った以上に回復することができたようです。)

 

 

8:00に東海市の元浜公園に集合のため、朝5:30に家を出る。

まだ真っ暗ですね~f:id:ikarugasan:20170109175338j:image

道中、東山公園の近くでいい写真が撮れた(笑)f:id:ikarugasan:20170110072413j:image

4分くらい遅刻して8:04、元浜公園到着。途中のミニストップでの休憩で時間使いすぎたかな^^;

もうみなさん集まっています。f:id:ikarugasan:20170110072533j:image久しぶりに会う人もいてとても懐かしいです。

全員集まったところで出発です。f:id:ikarugasan:20170110072622j:image

少し走ってセブンイレブンで休憩。
f:id:ikarugasan:20170110073146j:imageみんなと自転車談義。これだけいると話が尽きません(笑)

また再スタート。

しばらくすると海が見えてきます。f:id:ikarugasan:20170110073355j:image初めて海が見える瞬間が個人的にチタイチの好きなところです。

走っていると、次の休憩場所であるぽんかふぇという喫茶店に到着します。f:id:ikarugasan:20170110073817j:image

ここでお店の人にお願いして、恒例の集合写真を撮ります(笑)
f:id:ikarugasan:20170110074229j:imageもう1枚♪f:id:ikarugasan:20170110074309j:image(ちなみにこの写真はぽんかふぇさんのFacebookに載りました(^-^)/)

美味しいポン菓子が食べられます!f:id:ikarugasan:20170110074452j:image

まったりのんびりしていて、とても楽しいです。

最近は自転車の上で自分を追い込むことが多くなりましたが、たまにはこういうのもいいですねぇ~~(*´∇`*)

十分くつろいだら再スタートです。f:id:ikarugasan:20170110211145j:image

ぽんかふぇから次の休憩場所までそんなに距離がなく、すぐに目的地へ到着!

知多半島の先端にある食事処で休憩です。f:id:ikarugasan:20170110211310j:image当初は二葉屋というところを予定していましたが他のサイクリストや一般の方々が大勢居たため、急遽お隣の味里というところでお昼ご飯を食べることに。

自転車を停めてレッツゴー。f:id:ikarugasan:20170110211732j:image

海鮮料理が食べられます。

自分はしらす丼を注文。f:id:ikarugasan:20170110211827j:image

向こうのテーブルではタコ?イカ?の踊り食いでワイワイやってます(笑)f:id:ikarugasan:20170110211928j:image

お昼ご飯を食べ終えたら、先端まで行ってまたしても集合写真の撮影会が行われます!

オートバイの方にお願いして撮ってもらいました(^o^)/f:id:ikarugasan:20170110212017j:image(それにしてもスゴイ人数・・・(笑))

お次はうっささんが師崎へ来たら必ず撮るという、スペシャルなステージへ・・・(笑)f:id:ikarugasan:20170110212217j:image

びくびくしながらうっささんについていきます(;´^_^`)f:id:ikarugasan:20170110212420j:image

「え!?ここで撮るの!?」

と思ったそこのアナタ。

そうなんです、ここで撮るんです!(о´∀`о)

ぞろぞろと・・・f:id:ikarugasan:20170110212639j:image

みんな並んだところでセルフィーしてみます。f:id:ikarugasan:20170110212728j:imageただいまこんな感じの状況です(;´^_^`)(笑)

整列中!f:id:ikarugasan:20170111072336j:image

うっささんが門のところにカメラをセッティングし・・・f:id:ikarugasan:20170111072451j:image

イエイ!!f:id:ikarugasan:20170111072600j:image(一番左の唯一自転車持ち上げてるのが私です(笑))

ここで撮影するとは、なんともユニークな発想ですよね(^-^)/

さて、撮影を終えたら危ないので退散します。f:id:ikarugasan:20170111072808j:image

今度は自転車を並べて撮影(笑)f:id:ikarugasan:20170111072946j:image

ゆけさんが私のRIDE4000を持ち上げてます(;´^_^`)f:id:ikarugasan:20170111073059j:imagef:id:ikarugasan:20170111073120j:image

今度はうっささんのバイクを・・・f:id:ikarugasan:20170111073256j:image

「いいな~」f:id:ikarugasan:20170111073331j:image

「おお~軽い軽い!」f:id:ikarugasan:20170111073356j:image

・・・重量挙げもとい、軽量挙げで自転車の軽さを堪能したら今度はみんなのバイクを物色。f:id:ikarugasan:20170111073442j:image今日はエアロロードやディープリムが多かったですね。みんなが迫力あります(笑)

 

さて、帰路につきます。

行きは追い風だったので、帰りは当然のように向かい風。

そんな向かい風の中、ゆけさんが前を引いてくれます。f:id:ikarugasan:20170111073850j:image

足が温存できてとてもありがたいです。

時々先頭交代します。f:id:ikarugasan:20170111074250j:imagef:id:ikarugasan:20170111074319j:image

・・・気がついたら自分ら3人だけになっていた(笑)
f:id:ikarugasan:20170111074035j:image

と、ここで後ろに控えていたhanaさんが猛ダッシュ!

すぐさま反応してついていきます。

野間灯台までの全力疾走かな・・・?そう思い、こちらもアタックをかけて応戦。

最後は心拍185bpmまで上がって全力ダッシュ終了(笑)

野間灯台に到着です。f:id:ikarugasan:20170111074445j:image

みんなが到着するのを待ちます。f:id:ikarugasan:20170111074813j:image

hanaさんとは今日初めてお会いしましたが、めちゃくちゃ速いですね。

強い人に会うと燃えてきます(笑)

みなさん続々と到着します。f:id:ikarugasan:20170111114650j:imagef:id:ikarugasan:20170111114802j:image

愛車を撮ってみますが、やっぱりディープリムはカッコよいですね。f:id:ikarugasan:20170111114904j:image

さて、みんな集まったらまたまた恒例の集合写真!f:id:ikarugasan:20170111115054j:image

逆光だったので角度を変えてもう一度♪f:id:ikarugasan:20170111115135j:image

写真だけ見れば楽しそうですが、実際にはこの時冷たい風にひたすら耐え続けるというかなりツラい状況が続いていたのでした・・・(笑)

さてさて、出発です~♪f:id:ikarugasan:20170111115217j:image

少し走って、ココテラスというお店に到着。f:id:ikarugasan:20170111115535j:image

ここではとれたてたまごを使った美味しいデザートが食べられるそうです。

今回はたまごいっぱいプリンを注文。f:id:ikarugasan:20170111120103j:image初めて来ましたが、めちゃくちゃ美味いです!!

ただ、ボリュームがちょっと少なかったので、次の休憩場所である新舞子までカロリーが持つか不安・・・(;´^_^`)

 

さて、走り出します。

走っていると、またいつの間にか先ほどと同じ3人だけの集団になっていました(`д´;)f:id:ikarugasan:20170111120749j:image

新舞子到着で~す(^-^)/
f:id:ikarugasan:20170111120832j:imagef:id:ikarugasan:20170111120851j:imagef:id:ikarugasan:20170111120913j:image

ここで補給ができると聞いていたが・・・なんと・・・

やってませんでした(´;ω;`)f:id:ikarugasan:20170111121043j:image

今持っている補給食は緊急用のおにぎり1つだけ。

このまま補給ができないと、カロリー切れを起こしてしまいます・・・。

と、ここでhanaさんがカロリーメイトをひとつ分けてくれました。

あ、ありがとうございます!!( ;∀;)

これでなんとか持つかと思います。

 

これからジャンキーストレート。次の信号までフリー走行という話なので燃えてきます!

・・・が、スタート前にちょっとトイレへ行きたくなったのでトイレへ直行。

トイレから戻ってくると・・・誰もいなくなっておりました(笑)

さっきトイレへ行く前に「あとからきっと追いついてくるから先にスタートしてても大丈夫」とみんなが話していたのはこの事だったんですね。

・・・というわけで1人全力ダッシュ開始(;´^_^`)

橋を下って緩いカーブを曲がった直線の先に豆粒のような小ささでかすかに走っている姿がいくつか見えます。

あそこまで追いつく必要があるなと思い、ディープリムでは初となるTTモードでジャンキーを爆走する。

しかし、奈良での疲れがやはりまだ残っているせいか、スムーズに足が回らなかった。

それでも、心拍は90%を超えていたため、かなりの負荷で走れているのは間違いないみたいです。

信号までの間に何人かに追いつき、なんとかぎりぎりでうっささんのところまで追いつくことができました(;´^_^`)

ゴール地点ではゆけさんらが待っておりました(^-^)/f:id:ikarugasan:20170111122855j:image(さすがにゆけさんたちには追いつけなかったですね(`д´;))

息たえだえの私です。。。f:id:ikarugasan:20170111123034j:image

みんな到着した所で、揃って元浜公園まで戻ります。

ゆったりめのペースでしばらく走行し、元浜公園へと帰ってきました~!

最後にぶるほんさんが集合写真を撮ってくれます!f:id:ikarugasan:20170111123335j:image

これで皆さん解散。ありがとうございました~(^o^)/f:id:ikarugasan:20170111123524j:image

途中までは帰る方向が同じのため、ゆけさん、わっかーさんと共に帰路につきます。

R248との分岐点でお二人ともお別れ。

ありがとうございました~!

その後はサイコンのナビゲーションを頼りに、ややハイペースで街中を走行。f:id:ikarugasan:20170111123719j:image

レッドウィンドの転がりがとにかく気持ち良いです。

そうして無事帰宅したのでした。

めでたしめでたし。

 

【今日の記録】

走行距離・・・168.21
走行時間・・・7:04:21
平均速度・・・24.35
最高速度・・・52.25
平均ケイデンス・・・81
最大ケイデンス・・・134
平均パワー・・・87
最大パワー・・・340
平均心拍・・・139
最大心拍・・・185
累積標高・・・825
最高標高・・・44
最大勾配・・・7

チャレンジライド2016 聖地・奈良のまんま亭へ!

これは昨年のお話になります。

 

12/28(水)は毎年ブログで年末に行っている、チャレンジライド2016を走ってきました!f:id:ikarugasan:20170101192606j:image

目的地は奈良県にあるまんま亭!(上の写真)

多くの有名選手が訪れ、今や自転車乗りの間では聖地と呼ばれているこの場所に、往復自走で走ります。

 

予定しているコースはこんな感じ。f:id:ikarugasan:20170103183002j:image関ヶ原から滋賀県に入り、琵琶湖沿いを南下。

南湖も南下していき、アップダウンを超えて奈良県へ入ります。

帰りは三重の方からR25~R1という感じで愛知を目指します。

 

家から往復自走しようとすると350km以上にもなります。

この超困難なチャレンジ・・・果たして無事達成することができたのだろうか!?

 

 

前日は超久しぶりに寝れない病が発症し、寝付くのに苦労する。

奈良まで自走で行くなんて、楽しみでしかないからだ。

 

なんとか眠りについて1:50起床予定のところ、1:30に目が覚める。(相変わらずおかしな時間ですね)

起床予定時刻までまだあるし、もうちょっと寝ていようかなとも思ったが、とにかく早く出発したいという気持ちが強かったため、すぐに起きて準備に取り掛かる。

そうして2:17、家を出発!!f:id:ikarugasan:20170103165859j:imageサイコンのバックライトも以前使っていたサイコンと比べて断然調子がいい。

愛知県はR155~木曽川橋の最短ルートで走り抜ける。

そして4:07、長良大橋を通過。
f:id:ikarugasan:20170103170018j:image

家を出発してからここまでずっと向かい風。同じ方向のため、ここからもずっと向かい風。

ペースが上がらないが、ムリに踏んでも絶対にあとから足に来るのでかなり抑えたペースで走る。

去年のチャレンジライドで走ったアツイチでは、向かい風の中直線約40kmを頑張って踏んだせいでかなり苦しめられたのをよく覚えている。

 

途中大垣のミニストップで1回補給を入れ、再出発。

 

5:51、今度は関ヶ原のサークルKに到着。

いつものグミを食べて早めの乳酸処理を試みる。f:id:ikarugasan:20170103171011j:image

休んだら出発するが、さっきからポツポツと暗闇の夜空の中から何か降ってきている。

 

これは・・・雪だ!(°д° )

 

さらに若干強風ということもあり、吹雪のような天候に。

路面はもうベタベタ、いきなり悪天候という困難が襲いかかります。f:id:ikarugasan:20170103175813j:image

事前に天気予報はよくチェックしていた。

その予報によれば、今日の天気は晴れ時々曇りだったはず。

まさか雪が降ってくるとは・・・(予報には書いてありませんでした・・・orz)

しかし、この程度では私は止められません。

一度行くと決めた以上、雪が降ろうと槍が降ろうと、絶対に走り通すのです!!(槍が降ったらさすがに考えます)

 

関ヶ原からはR21をガンガン進んでいきます。

そうして6:54、ついに琵琶湖到着!
f:id:ikarugasan:20170103180558j:image今日の琵琶湖は荒れ模様。

強風のため、白波が立っていました(;´^_^`)

そして相変わらずひどい風と雪。

関ヶ原の時よりも強くなってきてます(笑)

しかし、ここからは琵琶湖沿いの道を南下だ。

走る方向が変わるのである。

走る方向が変わるということは、つまり・・・追い風になるということだッ!!

新ホイール・レッドウィンドのディープリム効果も相まって、追い風でらくらく40km/h巡航が始まります。

素晴らしい回転性能も作用しているおかげか、足を止めても全く速度が落ちません。ホイールの性能に感動です。

 

・・・が、雪で路面がベタベタに濡れており、そのせいで跳ね返ってきた水がシューズに当たり、シューズはもうベタベタ。

さらにそのシューズも高速巡航や吹き付ける風によって急激に冷やされ、足先の感覚が完全に無くなります・・・。

これはツライ・・・。

さらに追い打ちをかけるかのごとく、風向きが今度は横風に変わります。

湖沿いの道を進んでいくうちに、走る方向が若干変わったことにより、追い風が横風に変化したようです。

ディープリムにとって横風は大いなる脅威。

強風のため、かなり煽られてしまいます。 

初めてディープリムの横風による洗礼を受けたような感じです(゚ー゚)(。_。)ウンウン

って、そんな感心してる場合ではありません。

右側の湖から吹き付ける風によって蛇行運転になってしまい、かなり危ない状態なのです。

道路の左端はなぜかガタガタで、ある程度左端から距離を保ちながら行くしかない。

かといって左端を避けて中央寄りを走行していると、トラックにピーと鳴らされ・・・そのトラックによって巻き起こされた風にも煽られ・・・湖岸道路は修羅場と化しています。

ハンドル取られるわ車も危ないわで今とんでもなくピンチな状態です。

これは本当にヤバイかもしれません・・・。

 

とりあえず一旦近くにあったコンビニへと駆け込みます。f:id:ikarugasan:20170103181241j:image
自転車もベタベタ・・・。・°°・(>_<)・°°・。f:id:ikarugasan:20170103184011j:image

店内のイートスペースでおにぎりを3個補給し(本日のおにぎり計8個目突入)

外の様子を見ていると・・・なんだか天気が回復してきたみたい!

・・・と思いきや、すぐに雪が降り出して、またしても吹雪のような状態に(;´^_^`) f:id:ikarugasan:20170103184343j:image店内から写真を撮っています。

ちょっと分かりにくいですが、外はただいま物凄い吹雪です(笑)

このまま進もうか天気が回復するのを待とうか少し悩んだが、雪は午前中だけとのこと。

ここで待っていても時間だけが過ぎてゆくため、ここは気合い&根性で突き進むことに!

 

そうして再スタート。

 

うおおお!!寒すぎる!!!

 

そりゃあ雪の降るような日なんだ、気温も2℃くらいしかない。

でも寒いのは最初だけ。ぐっとこらえて体が温まり出すまで回し続けます。

途中、思い出のローソンを発見f:id:ikarugasan:20170103184639j:imageここは地獄のフルビワイチで登場した休憩地点のひとつ。

ゲッソリしたみんなの顔が忘れられません。自分も含めて。

 

10:01、途中で見つけた道の駅「草津」でトイレ休憩。f:id:ikarugasan:20170103191655j:image

まだまだ先は長いな・・・。

 

相変わらずの寒さの中、再スタート。

途中から少しずつ晴れてきて、雪も止んできました。

遠くに真っ白な雪をかぶった山も見えました!f:id:ikarugasan:20170103191737j:image方角的に比叡山の方かな。

南湖を抜け、街中に入ってきたあたりからようやく風が収まってきて、通常の巡航ペースを取り戻す。

黄色い橋のところまでたどり着いて、やっとここまで来たか、という気持ちになる。f:id:ikarugasan:20170104133320j:image

そして10:50、サイクリストのオアシス・茶丈藤村に到着!f:id:ikarugasan:20170104133624j:image

自転車乗りは珍しく自分だけ。f:id:ikarugasan:20170104133654j:imageこんな極寒の日には誰も走っていないのかな?

 

店内に入ると、お店の方が暖かく迎え入れてくれます♪

凍える寒さに耐えて走ってきた自分にとって、ここはまるで天国のような場所です( ;∀;)

 

7月に一度ここへ来ており、その際にある店員さんとストラバを登録し、年末に訪れるということを伝えてありました。

そして、お店に入った時は気づいていない様子だったのでストラバの私ですと伝えると、7月に来たことを思い出してくれました(^-^)/

何度かストラバでコメントを交わしていたり、半年ぶりに来るので色々な話で盛り上がります♪

寒い中やってきたので、ほんとに心温まります・・・(笑)

 

お尻がベタベタに濡れているから座布団じゃなくていいですよと言ったが、わざわざ座布団との間に敷くものを持ってきてもらいました(><)f:id:ikarugasan:20170104134732j:image

さらにカイロを貰ったり、足元の暖房をつけてもらったりと至れり尽くせりです・・・。f:id:ikarugasan:20170105072636j:imageホントにありがとうございますm(_ _)m

寒いので温まる白玉おぜんざいをいただきます!f:id:ikarugasan:20170105072920j:image

さらに補給食までいただいてしまいましたΣ(゚д゚;)
f:id:ikarugasan:20170105073001j:image結構腹が減っていたのでその場で食べてしまったんですけどね(;´^_^`)

食べ終わったあとはお店の外で恒例の写真撮影!f:id:ikarugasan:20170105213205j:image(なお、この写真は茶丈藤村さんのFacebookにもあがっています。)

その後、お店の方に見送ってもらって出発です!

たくさん元気をもらいました、ありがとうございました~(´∀`*)ノシ

 

ここからはアップダウンが始まります。 

通るルートは毎月岐阜県からカレー補給ライドを行っているあるお方のルートを参考にしました!

峠道を突き進みます。f:id:ikarugasan:20170105073335j:image

・・・ん?なんか降ってきたぞ・・・f:id:ikarugasan:20170105073741j:imageこの白い粒のようなもの。雹か霰か何かかな??

その得体の知れない白い悪魔は勢いを増していき・・・

めっちゃ降ってきたΣ(゚д゚;)f:id:ikarugasan:20170105073902j:image

かなり激しめのヤツみたいです。(笑)f:id:ikarugasan:20170105073932j:image

峠を下り始めてからもまだ降り続き、速度が出ていることから顔面にコツコツと当たって痛いです(TдT)

奥へ進むにつれて次第に普通の雨へと変わっていき、固体から液体になったことで今度はベタベタ・・・。

そして峠を抜け、ようやく街に出ます。峠を抜けたら晴れてきて、嵐を抜けだしたような気分です。f:id:ikarugasan:20170105074304j:image13:35、京都の木津川市にある加茂駅というところへ到着。

とりあえず近くのローソンで一旦休憩。

距離を見てみると、ここまでで184kmだった。f:id:ikarugasan:20170105074329j:imageようやく全行程の半分まで来たという感じである。

 

今回チャレンジライドへ挑戦する前に、ブルベを走ったブロガーさんたちの記事を参考に、長距離の走り方を予習しておきました。

それによると、心拍は70%を超えないようにして走るとのこと。超えたとしても、75%が限界。

そうすることで、乳酸を溜めることなく温存に徹して走り続けられるのである。

それを実践してきた結果、184km走った今でもまだまだ足は大丈夫なようです!

 

あとはペースが上がってくれれば最高だが、まあここはムリをせずに一定ペースで走ることにする。

 

さて、奈良までもうすぐ。がんばります!

 

途中、ずっと前から気になっていた「あの人」に会いに行きました♪

「あの人」は、ここら辺にいると聞いていたが・・・。f:id:ikarugasan:20170105074802j:image

おお、あれは・・・!!!f:id:ikarugasan:20170105203245j:image

ようやく「あの人」に会えました!!f:id:ikarugasan:20170105203345j:imageそう、「あの人」とは、この強烈なインパクトを誇る飛び出しネーチャンの事だったのです!!(*゚◇゚*)

ナイスなボディーと個性強めなお顔がたまりません。(笑)

 

初めてその存在を知ったのは、先ほどの茶丈藤村のお店の方がストラバにこの飛び出しネーチャンの写真をアップしていたのを見つけたことがキッカケ。

初見だった当時は、その凄まじいインパクトに大笑いしておりました(;´^_^`)

いつしかその姿を生で拝んでみたいと思うようになり、今日この場所へと立ち寄った・・・というわけなのです。

(この場所もお店の方に教えてもらいました♪)

せっかくなので、セルフタイマーをセットして記念に1枚撮っていきます。

さあ、一緒に飛び出そう!!(ダメです)f:id:ikarugasan:20170105204009j:image

ちなみに看板の反対側も同じ姿ですよ!f:id:ikarugasan:20170106072903j:image

・・・お遊びタイムはここまでにして、そろそろ出発します(笑)

 

下りに差し掛かり、奈良まではあと少し!!

 

途中でカロリーが切れかけてきたが、まんま亭まであと少しということで頑張って走ることに。

そしてついに奈良県突入!f:id:ikarugasan:20170106073137j:image

自走で奈良なんて初めてです。ちょっと感動。

まんま亭は奈良公園のすぐ近くにあるため、先に奈良公園で一息つくことに。

おお!鹿がいる!!f:id:ikarugasan:20170106073626j:image鹿を生で見て、またしても感動する。

奈良公園へ来るのは10年ぶりくらいだ。だから鹿を見るのも10年ぶりくらい。

結構人います。f:id:ikarugasan:20170106074115j:imagef:id:ikarugasan:20170106073803j:image

シカさんそっぽを向いてます・・・(;´^_^`)f:id:ikarugasan:20170106074404j:image

まんま亭目指して走っていると、ここでしか見られない?貴重な道路標示を発見。f:id:ikarugasan:20170106074446j:image

いいですよね、こういうの。奈良に来た感があります。

そしてそして、細い路地を抜けた先に・・・ついに!!今回の目的地・まんま亭が現れる!!
f:id:ikarugasan:20170106074626j:image

やった・・・やったぞ!!15:03、目的地であるまんま亭に到着しました!f:id:ikarugasan:20170106195926j:image
朝2:00頃出て15:00にまんま亭についたのだから、行くだけで合計13時間かかったことになる。凄まじい遠さですね(;´^_^`)

こんなにかかったのは、ほとんど向かい風だったのもあるが、一番の原因はコース設定にある。

関ヶ原を越えて琵琶湖沿いからまんま亭を目指すと遠回りになるのである。

最短ルートで行こうとすれば、三重の方から往復するのが最も近い。

しかしそれでは同じ道を通ることになり楽しみに欠けるため、あえて滋賀県の方から走ることにしたのです。

まあ、そういうわけなので、帰りは行きよりも早く帰れる・・・はずです(笑)

 

早速お店に入ります。お客さんは自分だけでした。

お店に入ると、明るいママさん(通称まんまママ)が出迎えてくれます。

愛知から自走してきた事とか色々お話を交わします。

険しい道を乗り越えて聖地に到達したという達成感と、落ち着いて休むことが出来る場所にたどり着いた安堵感で、茶丈藤村に引き続きとても癒されます・・・(*´∇`*)

店内には自転車モノがズラリと並んでおります。f:id:ikarugasan:20170106200505j:imagef:id:ikarugasan:20170106201126j:imagef:id:ikarugasan:20170106201145j:imagef:id:ikarugasan:20170106201208j:imagef:id:ikarugasan:20170106201229j:image

さて、今回はチキンカレーを注文。

自分、感覚が普通の人よりもあまりにも敏感なため、辛いのが食べられません。(熱いのもてんでダメです)

なので、ハチミツとミルクを投入した甘口カレーを注文します(;´^_^`)

かなり腹も減っていたため、大盛りで注文。

やってきました!f:id:ikarugasan:20170106201425j:imageいただきます!

思ったよりも量が多く、食べるのに結構時間がかかっちゃいました(;´^_^`)

しかし、味はピカイチ、大満足です♪

 

お腹いっぱいになるまでカレーを食べました。

ここから家までまだあと150km近くある。

さあ頑張ってまだまだ走るぞー!

 

まんま亭様、美味しいカレーありがとうございました~(^-^)/

 

さてさて帰路につきます。

ここからはナイトラン(日没)となるため写真が激減します。

申し訳ないですが、文章のみでお楽しみくださいm(_ _)m

 

帰りは県道80号線~R25~R1という感じで帰る予定。

初めの県道80号線はいきなり8%前後の長い登りから始まった。

 

まだまだ足はあるので大丈夫だが、勾配もそこそこあるので割とキツイ。

なんとか歯を食いしばって峠を越え、下りに入る。

レッドウィンドの力で、下りでは急激に加速し始める。

うまくコントロールしないとなかなか危険である。

(ディープリムホイールは下りで真価を発揮します。なぜならば、下りのような速度が一気に上がる場面では空気抵抗も大幅に増えるため、空気抵抗の少ないディープリムホイールでは急激に加速するようになるのです)

 

三重県伊賀市突入。f:id:ikarugasan:20170108122038j:image日が落ちて真っ暗闇のため、ライトで照らして撮りました。

 

完全に闇夜の峠道を下ります。

遠くの方に街の光が見えてきました。

伊賀の街でしょうか。

 

R25を進むと市街地に到着。

次は鈴鹿山脈を超える長い道のりのため、事前に一旦ここで補給をしておきます。

18:20、三重県伊賀市にあるミニストップで休憩。f:id:ikarugasan:20170108123755j:image

まんま亭でお腹いっぱいになるまで食べたカレーも、ここまで走った道のりだけで全て消費されてしまいます・・・。

 

この時点で、さすがにかなり疲れの色が見えてくる。

時刻は18時半だが、未だに伊賀にいる。

本当に家に帰れるか不安になる・・・が、自分の足で走らなければ帰れない。

心を強く持とう、きっと大丈夫のはずだ。

 

そうして休憩後再び出発。

相変わらず走り出しの寒さは厳しい。

何度も味わっているが毎回本当にツライ。

 

ある程度走ると体が温まり出す。

 

峠が近づくにつれ、車の通りが少なくなってきた。

 

たった1人、何にもない田舎道をひたすら走り続ける。

ブルベをやっている人や、世界を旅する人たちもこんな感じなのかなぁ・・・。

 

空を見上げると満天の星空でとても美しい。

春日井じゃ絶対に見られない光景だ。

ちょっと感動し、ちょっとだけ元気になる。

 

さて、いよいよ峠道へ。

非名阪とも呼ばれるR25。一部では酷道とも呼ばれ、ほとんど使われることのない国道のひとつだ。

 

道を照らす街路灯もなく、自転車のライトを消すと暗黒の世界となる。

もしここでライトが切れたら・・・と思うとゾッとする。

 

峠道といってもかなり緩やかな坂となだらかな下り坂があるだけで難易度は決して高くない。

しかし、周囲が暗闇ということでより一層難易度が高く感じられる。

 

長い下りに入り、全く知らない土地ですごい速度で下る。

こんな山奥で、自分は一体何をしているんだろう・・・と時々頭の中で思う。

 

 

・・・そんな感じで思考を巡らして走っていると、ようやくR1に出た。

よし、ここから愛知までは一本道だ!

一本道ということで少し頑張れる気持ちになる。

 

しかし、そろそろカロリーを補給しておかないと走れなくなってしまう。

ということでまたミニストップで休憩。

ここまでかなりのものを食べてきたせいか、胃もかなり疲れている。

胃に負担はかけたくないが、食べなければ走れなくなるためとにかく嫌でも食べる。

 

さて、そろそろ出発しよう。

今、亀山市にいる。まだまだ家まで遠い。

しかし、絶対に帰ってやるんだ!

強い意志を持ち、再び走り出す!

 

ここからのR1はほとんど下り基調。

レッドウィンドの力で少しでも楽に速く走ることができる。

こういう場面になると、レッドウィンドを履いてきてホントに正解だったと思う。

 

しかし、再び困難は訪れる・・・。

 

・・・・・・眠い!!(。´-д-)。o〇

 

今度は睡魔が襲いかかってきたのだ。

原因はおそらく、先ほど食べたおにぎりの所為だろう。

疲労した胃に固形物を投下すると、消化するのに多くの血液が必要となる。

そうなると、胃に血液が集中して眠くなってしまうのだ!

 

これもチャレンジライドに挑戦する前に事前に調べておいた知識のひとつ。

眠くならないようにするには、胃に負担の少ないゼリー状の食べ物を摂取すると良いらしい。

 

・・・そんなことを知っておいて、あえておにぎりを食べるという大馬鹿者がわたしです(笑)(;´^_^`)

 

さて、なんとか眠気に耐えてR1を爆走。

(四日市市あたりではホントにヤバかったです・・・。)

 

桑名に入ったあたりで、ようやく食べたものがエネルギーへと変わり、眠気も少しずつ消えて復活してきました。

が、凄まじい距離を走ってきたせいで足は信じられないくらいボロボロ。

足の裏とかめちゃめちゃ痛かったです。

 

ここら辺で肉体的にも精神的にもとうとう限界を感じ始め、最終手段である救助要請を使おうか悩み始める・・・。

 

救助要請を使ったら自分に負けたことになるし、チャレンジライドを達成したことにはならなくなる。

しかし、そんなこと言ってられるほど余裕など無いのも事実。

どうしようか走りながら葛藤した結果、救助要請を出すことに(;´^_^`)

 

せめて愛知まではたどり着くと決め、愛知と三重の境でもある木曽川近くのコンビニでお願いしますと伝えてそこまで頑張って走ります。

 

そうしてひたすらペダルを回し続け・・・

 

22:49、ついに目的のコンビニへとたどり着きました。f:id:ikarugasan:20170108151342j:image

ここまでの走行距離は320.95km。f:id:ikarugasan:20170108151825j:imageこれで最長記録を4kmだけ更新することができました(;´^_^`)

 

猛烈に冷える外を避け、お店のイートスペースで待機させてもらって救助が来るのを待ちます。

座って待っていると、今までの疲れがどっとのしかかり、凄まじい睡魔が襲ってきます。

コックリコックリしながら待っていると・・・自分に声をかける人物が・・・。

ハッと目が覚め、気がついたら救助をお願いしたあの人が目の前に立っていました!

どうやら救助に駆け付けてきてくれたようです!!

うおー、嬉しすぎるー!!!。゚゚(*´□`*。)°゚。

ちなみにあの人とは、普段からよく一緒に走っているあの人です!2016年ベストパートナー賞もあの人から貰いました。

ここまで迎えに来てくださって、本当に申し訳ないです。そしてありがとうございましたm(_ _)m

 

自転車を車に積み込み、暖かい車の中に入ります。

その暖かさはまるで天国のようでした・・・(*´∇`*)

 

そうして家まで送ってもらい、1:09無事帰宅することができましたー!

送っていただきありがとうございました、本当に助かりました。

感謝してもしきれないくらいです(╥ω╥`)

 

 

救助要請をせずそのまま頑張って走って帰っていたら、おそらく帰宅時刻は2:00を回っていたことだろう。

正直ここまで遅くなるとは思っていませんでした(;´^_^`)

どこかで時間を使いすぎたこともないし(各休憩場所ではテキパキと行動してました)原因はやっぱり向かい風でしょうか。

 

それにしても、完走ができなくてとても悔しいです。

よくよく考えてみれば、2年連続でチャレンジライド失敗してます(笑)

(2015年・・・アツイチで300km走るつもりが275kmで終了

2016年・・・途中でリタイア)

いや、チャレンジライドには失敗もくそもないのかもしれません。

困難に挑戦することに意味があるのでは、と勝手に思っています。

 

往復自走まんま亭ライド、またいつかリベンジしたいですねー。2017年の夏にでもまた行こうかな?

そして、2017年のチャレンジライドも、どこを走ろうかまた考えなくてはいけません。

みなさん楽しみにしててくださいね。

 

 

(今回のまんま亭ライド、実は11月の終わりに仲間と郡上へ走りに行った時、お昼ご飯を食べている最中に思いついたのは秘密・・・(笑))

 

   【今回の記録】

走行距離・・・320.95
走行時間・・・13:43:00
平均速度・・・23.38
最高速度・・・54.87
平均ケイデンス・・・83
最大ケイデンス・・・116
平均パワー・・・87
最大パワー・・・320
平均心拍・・・139
最大心拍・・・167
累積標高・・・2438
最高標高・・・457
最大勾配・・・14

 

 

2017年、始動!

あけましておめでとうございます!

また今年もよろしくお願いします。 

f:id:ikarugasan:20170101174619j:image

 

さて、本来今回の記事は年末(昨日)に書きたかったのですが、ディープリムに熱が入りすぎて時間がなくなり書けなくなってしまったため、これからちょっとだけ書いていきます。(ちょっとで収まればいいのですが)

 

まずは、2016年を振り返ってみます。

 

【1月】

メイシーノさんと一緒に走るようになり、凄まじい激坂・明王山の存在を初めて知った月でした。

【2月】

初めて裏明王山の30%の激坂を制した記念すべき月。 

そして、ショウスケさんの東海シクロを応援しに行き、初めて背割堤追い風TTに目覚めた月でもあります(笑)

【3月】

毎年恒例イベント・びわ湖一周ロングライドへ参加しました。

相変わらずの寒さでしたが、1年前よりも大分早く走れるようになったと感じました。

そして翌月に控えるヒルクライムレースのデビュー戦・伊吹山ヒルクライムに備え、ひたすら大多賀峠と雨沢峠を登った月です。

不調だったヒルクライムも、雨沢峠を4本登ることで完全復活を果たし、数ヶ月ぶりに自己ベストを叩き出せました。 

【4月】

ついにヒルクライムレースデビュー。伊吹山ヒルクライムでは1:00:12とぎりぎり1時間が切れず悔しい思いをしました。

中旬にはブログでメンバーを募集した笠置山ライドがありました。

この笠置山ライドが、かんぢさんとの初ライドとなりました!今となってはお互いに物凄く強くなっています。

そして、月の終わりにはOGPさん主催のビワイチがありました!

凄まじい速さの人と出会い、とても良い経験をさせてもらいました(^-^)

【5月】

5月はイベントシーズン。

最初はグランフォンド東濃に参加。初めてメイシーノさんと一緒に出たイベントとなりました。

・・・しかし、ショウスケさんの強烈な引きによって、イベントとは思えないほど過酷な1日となりました(;´^_^`)

翌週は佐渡ロングライド・・・のはずが、仕事の都合で断念。お金も払ったのに悲しいです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

その翌週には、佐渡の不満を晴らすかのごとくAACR(アルプスあづみのセンチュリーライド)に初参加!

かんぢさんとそのお友達の方と楽しく走りました。白馬エイドでの絶景は今でもよく覚えています♪

ちなみに初めて雨沢峠を19分切ったのもこの5月。クリート位置を変えたら一気に速くなった月でした。

【6月】

6月はショウスケさんに誘われて初参加となった富士ヒルクライムがありました!

シルバーを目指して奮闘しましたが、惜しくも届かず無念の結果となりました。

ちなみにリンさんと初めてライドしたのも6月。二ノ瀬のタイムを大幅に更新した時でした。

月末には金色のビッグプーリーが仲間になりました。今では最高の相棒です!

【7月】

7月は忘れもしない地獄のフルビワイチの月(笑)

ショウスケさん、かんぢさん、メイシーノさん、自分の4人でローテーションしながら走ったのですが、平均速度が軽く30km/hを超えるという超ハイペースなライドとなり、最後の最後でちぎられてしまったのはいい思い出です・・・(-∧-;)

【8月】

8月は乗鞍へ2回も行った月です。月のはじめに輪行でメイシーノさんと行き、月の終わりにはレースで乗鞍に行き・・・とにかく乗鞍大好きな月となりました(笑)

また、中旬には地元へ帰省中のかんぢさんと共に渋峠を走ってきました。

とにかく絶景ばかりだったことを覚えています。2017年もまた行ってみたいですね。渋峠

【9月】

9月の初めには究極の試練と称して2つの過酷なライドを走りました。

1つ目は往復自走ビワイチ。このライドで史上最長距離となる316kmを達成することができました。

2つ目は乗鞍センチュリーチャリティーライド。

わずか52名という参加人数の少ないイベントでしたが、160kmの4000mアップ(実際は3500mアップ)を走りきった時の達成感は凄まじかったです!

また、日本各地から集まった色々な人と知り合えるとても良いイベントでした(^-^)/ 

【10月】

10月はなんといってもモリコロ2時間エンデューロ(チーム3名)が盛り上がりました。

あそこまで熱くなれたのも皆さんのおかげです。

ブログも個人的には自信作です(笑)

そして、同じ月に悲しい出来事・落車がありました・・・。

奇跡的にバイクも身体も無事で、本当によかったです。

でも落車のおかげで良いサドルを手に入れることが出来ました(笑)

【11月】

11月は自身のブログ主催の池田山ヒルクライムレースがありました。

全然勝負に絡めず、無念の結果で終わってしまいました・・・。

【12月】

12月はサドルを新しくしたことに伴って、ステムを10mm長いものに変えました。

そして、今まで頑張ってきた自分へのご褒美のとして、新サイコン&新ホイールを手に入れました!

ライド関係では、とにかく年末は頑張りました。

1年の集大成のようなことが出来たと思います。

 

年末は怒涛のロングライドを走っていたと以前ブログに書きましたが、一体どんなライドをしていたのか?

 

これから年末までの激しい1週間を振り返ってみます。

 

【12/24(土)】

木曽川堤防&背割堤で143.7km

【12/25(日)】

レッドウィンドのテストで32.7km

【12/27(火)】

ローラーLSD20km(カウントしていいのか?)

【12/28(水)】

チャレンジライド2016・まんま亭ライドで320.9km

【12/30(金)】

走り納めのチタイチで168.2km

 

※このうち、まんま亭ライドと走り納めのチタイチはまだ記事に書いていません。

 

合計すると年末までのこの1週間で685.5km走ったことになります。

Festive500が開催されていたというのもあって、この1週間はかなり頑張りました(^-^)/

 

さて、2016年を振り返ると本当に色々なことがありました。

 

とにかく辛くてキツかったのはグランフォンド東濃と地獄のフルビワイチですね。

どちらも圧倒的なパワーを持つショウスケさんに引き倒されたライドになるんですけどね(笑)(;´^_^`)

 

ブログの読者様とも時々走ったりもしました。

色々な人と一緒に走ることは、個人的にとても大切なことだと思っています。

一緒に別の誰かと走れば、自分の知らない考え方や自転車の楽しみ方を知ることができるからです。

今後もみなさまの参戦表明、お待ちしております!(^-^)/

(といっても、最近はめっきり次回予告ライドをしてなかったんですけどね・・・スミマセンm(_ _)m)

 

最後はこれまでの走行距離を見てみます。

 

2016年:9297km

2015年:9198km

2014年:3754km

合計走行距離:22249km

 

となりました!!

去年よりも約200kmほど増えています。

が、10000kmには届かず。

おそらく今の環境のまま走っていたら、絶対に年10000kmは達成できないことでしょう。

ローラーの稼働頻度を上げれば、もしかしたら達成できるかもしれません。

とりあえず去年を上回っているのでヨシとしましょう!

 

 

さてさて、1年を振り返ったら、次にすることといえば、新たな目標設定です!(^-^)/

来年の目標。

たくさんあります。

眠くならないよう注意してください。

★雨沢峠18分切り

★二之瀬峠21分切り

伊吹山ヒルクライム1時間切り

★ザ・ピークスの制限時間内完走

★富士ヒルクライムの1時間15分切り(シルバー獲得)

★地獄のフルビワイチで一番最初にちぎられないようにする

★乗鞍エコーラインTT(長野側です)で1時間15分切り

★往復自走フルビワイチの制覇

暗峠の制覇

 

こんな感じです。

雨沢峠の18分切りは、実は2016年に立てていた目標。

しかしながら、18:20までタイムを縮める事ができたものの見事達成は至りませんでした。

雨沢峠は一番思い入れのある峠。絶対に今年こそ18分のカベを超えてみせます!

 

最後の方に、往復自走フルビワイチとあります。

2016年に往復自走ビワイチは達成したものの、往復自走フルビワイチはまだ達成していませんでした。

今年も果敢に挑戦して、最長距離更新を目指します!

 

そして最後に、暗峠の制覇。

暗峠といえば、ご存知の通り日本最強の激坂として有名な場所です。

今年はあの最強の坂に挑みます!!

もちろん、一緒に戦ってくれるチャレンジャー様も大募集中です!!

さあ、共に戦おう、命尽きるまで!!(爆)

 

・・・と、そんな感じで今年も頑張っていきますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

【次回予告ライド】

久しぶりに次回予告ライドです。

次回は明日1月2日(月) 。(唐突でスミマセン・・・)

コースは犬山城をスタートして木曽川堤防を走り、西濃方面を走ろうと考えています。

谷汲山華厳寺まで行って参拝して、美味しい飯を食べて楽しく走るつもりです。

興味のある方は声をかけていただけると嬉しいです。(必要とあらばコースリンク貼ります。)

それでは、また!

 

 

 

新ホイール【FULCRUM RED WIND XLR】登場!!

12/24(土)の夜。

 

ついに!!  

 

新ホイール・FULCRUM RED WIND XLRが届きました!! 
f:id:ikarugasan:20161231181336j:imagef:id:ikarugasan:20161231181406j:image

去年の10月(2015年の10月です^^;))くらいからずっと欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい・・・と願い続けた憧れのホイールです。

 

 

そして、初のディープリムホイールになります!!

前々からブログに時々出ていた〇〇〇〇〇〇とは、ディープリムの事だったのです(^^)/

 

 

注文したのはサイコンを注文した時と同じ12/9(金)。

それから15日間かけてようやく届きました。

注文はサイコンの時はBIKE24でしたがコチラはEVANS CYCLESというイギリスの海外通販サイトで行いました。

コチラも英語オンリーの通販サイト。自転車パーツの海外通販を紹介しているサイトを参考にして注文しました。

ホントはもっと早く届くはずだったのですが、悪名高いDHL関係のトラブルで届くのが少し遅れました・・・。

まあ、届いたのでヨシとしましょう。今となっては憧れのホイールが届いたことが嬉しすぎてトラブルの事はかなりどうでもよくなってきてます(笑)

 

 

さてさて、早速新ホイールを紹介していきます!

 

まずはこのRED WIND XLRの基本性能について。

★アルミクリンチャーホイール(リムはアルミとカーボンのコンポジットリム)

★重量1590g(公称値)

★リムハイト50mm

★CULTベアリング搭載

リムテープ不要

簡単にこんなところですね。

 

まずディープリムといえば重さがネックになってくるため、チューブラーのモデルが多いのですが、このレッドウィンドというホイールはクリンチャーホイール。

しかもカーボンクリンチャーではなくアルミクリンチャーなのでブレーキのかけ過ぎに気をつける必要がありません。

普段使い万歳仕様ですね。

 

そして、重量が公称値で1590g。アルミクリンチャーのディープリムの中ではかなり軽量な部類に入ります。(大体のアルミディープリムは1700~1800gくらいいくとのことです)

 

リムハイトは50mmあります。あらゆるシーンを走る上では絶妙なリムハイトです。空力性能も抜群。

 

RED WIND XLRはCULTベアリングが搭載されています。f:id:ikarugasan:20161231201345j:imageこのCULTは何なのかというと、CERAMIC ULTIMATE LEVEL TECHNOLOGYの略で、カンパニョーロが誇る究極のベアリングの事です。(フルクラムはカンパニョーロの子会社なので同じパーツを使っているのです)

セラミックの玉とクロニテクトスチールという特殊加工された金属をボールレース(受けの部分)に用いることで圧倒的な回転性能を誇るベアリングになるんだそうです。

セラミックは通常の金属よりも硬いため、セラミック玉に通常仕様のボールレースを使用しているとレースが削れ、いずれベアリングが破損してしまいます。

ベアリングが破損しないようにするためにも、セラミックの硬さに耐えうる受けの部分が必要となってくるわけで、その耐えうる素材というのがクロニテクトスチールという素材になるのです。

通常のベアリングだとグリスが要りますがこのCULTベアリングはグリス不要。

高い精度と硬さで凄まじい回転性能を引き出しているのです。

その回転性能は鉄球の9倍は回るといいます。

 

ちなみに余談になりますがCULTベアリングのワンランク下にはUSBベアリングというものがあります。

こちらはULTRA SMOOTH BEARINGの略で、CULTと同じくセラミックボールを使っています。

では、CULTと何が違うのかと言われると、使っているボールレースが違います。

CULTはクロニテクトスチールですがUSBは通常仕様のボールレースを使っています。

先ほどセラミックボールに通常のボールレースを使用しているといつか削れて使い物にならなくなってしまうと説明しましたが、実はUSBではまさにそれが起こることがあるのです。

そのため、USBベアリングだとメンテナンスの頻度が増え、しっかりメンテナンスしないと寿命が短くなるという話をよく耳にします・・・。(CULTと違い、グリスも必要です)

ネットで調べてみると、メンテナンス頻度を減らしたいという人向けに、ベアリングのダウングレードサービス(USB→鉄球)をやっているところもあるくらいでした(;´^_^`)

そんな感じで、カンパニョーロ(フルクラム)のベアリングには色々と特徴があるのでちょっとでも知っておくと良いかもしれません。

 

話を戻しますが、最後にこのホイールはリムテープが不要ということで、 チューブが接する面は樹脂?のような加工がされておりスポーク穴は塞がれています。
f:id:ikarugasan:20161231210538j:image

 

とりあえずRED WIND XLRの基本性能についての紹介は以上。

ちなみに、名前の最後にXLRと付いていますが、これは何かというとCULTかそうでないかの違いになります。

RED WINDには通常の鉄球仕様の「RED WIND」とCULT仕様の「RED WIND XLR」がラインナップされているのです。

(中間のUSB仕様もあった気がしますが・・・見た記憶がありません(・∀・;))

 

 

カンパニョーロとフルクラムはそれぞれ同等性能のホイールがラインナップされていますよね。

例えばレーシングゼロとシャマルウルトラ、レーシング3とゾンダというような感じに。

それと同じように、レッドウィンドにも対のホイールが存在しており、それがバレットというホイールになります。
f:id:ikarugasan:20161231211613j:image

ちなみにバレットにも鉄球、USB、CULT仕様の3種類がラインナップされています。

USBとCULTはバレットウルトラという名前になるんだそうで、とてもややこしいです。

(その代わり重量は200g近く違います。レッドウィンドも同じでXLRとノーマルバージョンでは重量に差があります。ベアリングだけの重量の違いとは少し考えにくいのでリム自体の重量が違うのかも?)

 

さらに突っ込んでいくと、レッドウィンド、バレットには50mmハイトだけでなく80mm、105mmハイトまでラインナップされているそうです(笑)

これはレッドウィンドXLRの80mm。
f:id:ikarugasan:20161231212742j:image

こっちはバレットの80mm。(ウルトラじゃないので鉄球ベアリングの仕様)
f:id:ikarugasan:20161231212835j:image

ただでさえ種類が豊富なリムハイトなのに、ベアリングの仕様までもバリエーションに加わります。ここまでくるともう訳が分からなくなります(笑)

そんな圧倒的な迫力と空力性能を持つ80mmのスーパーディープですが、実は50mmと80mm、どっちを購入しようかギリギリまで悩んでいました(;´^_^`)

というのも、どうせ買うなら直線番長ができて、80mmという凄まじい存在感を放つホイールにしてみんなを驚かせてみたいという気持ちがあり、最後まで候補に残っていたのです。

しかし、初めてディープリムを履くのだから80mmを履く前に50mmで横風に慣れておく必要があると思ったのと、山も行くのであればオールラウンドにいける50mmの方が適しているだろうという判断から、50mmを購入するに至りました。

(ちなみにここまでラインナップに詳しくなれたのも、80mmと50mmで購入を悩んでいたことが一因しています(笑))

 

 

RED WIND XLRにはカラーリングがブライトラベルとダークラベルの2種類あり、自分はダークラベルの方を選びました。
f:id:ikarugasan:20161231224301j:image

写真の暗い印象のデザインの方です。

何故こちらにしたのかというと、最初は明るいブライトラベルを買って派手にいこう!と考えていたのですが、このブライトラベル・・・ハブが白いんですよね・・・。

レーシング3と同じように、真っ白ハブ。

それに対して、ダークラベルの方はハブが真っ黒。

レーシングクアトロと同じように、真っ黒なんです。

フレームカラーと合わせようとすると、どうしても黒基調にする必要があるため、ホントはブライトラベルが良かったのですがカラーリングの協調を意識してダークラベルを選びました(;´^_^`)

これも謎のこだわりのひとつ?なのかもしれません・・・。

(のちにこのダークラベルは進化します!今後の報告を楽しみにしててください(^-^)/)

 

 

さてさて、RED WIND XLRについての紹介はこの辺にしておいて、そもそもディープリムを履くとどんな効果があるのか?というところについて説明していきたいと思います。

 

まず第一に、空気抵抗が減って巡航速度が上がり、速度の維持が楽になります!

 

何故ディープリムだと空気抵抗が減るのか?

簡単にホイールの空気抵抗に関する理論を説明すると、ホイールは回転している最中、スポークが空気をかき乱して空気抵抗となっています。

そのスポークの空気と触れる部分を少しでも減らしてやれば空気抵抗は減るのです。

つまり、順番に説明すると、スポークと空気に触れる部分を減らす→スポークを短くする→リムハイトが高くなる→ディープリムになる!ということなのです。

スポークを減らすという点で究極の姿になったのがディスクホイールです。

ディスクホイールは、スポークがない・・・というか、1枚の面になっているため、空気抵抗となるものが何もありません。

なので最も空力性能に優れているのです。

 

巡航速度が上がると書きましたが、実際にその恩恵が得られるのは大体30km/hを超えてからといわれています。(恩恵を感じるかどうかは個人差があります。)

というのも、自然界には決して抗うことのできない法則というのがありまして・・・

空気抵抗は速度の二乗に比例して増えていきます。

そのため、速度がある程度乗った30km/h付近からでないと、恩恵を得ることができないのです。

(その代わり35,40,45km/h・・・とどんどん速度が上がって空気抵抗が増えるたびに恩恵も大きくなっていきます)

 

以上のことから、最低限単独で30~35km/hで走ることができないと、ディープリムの恩恵はあまり得られないといいます。

 

二つ目の特徴として、ディープリムは剛性が高くなる傾向にあります。

剛性が高いということは、踏んだ時の反応性が良くなります。

軽いディープリムなら山もガンガン登れてしまいます。

ただし、重いディープリムだと反応性の良さはあまり感じられず、漕ぎ出しが鈍く感じられるそうです。

なぜ高剛性になるのかというと、スポークが短くなることが一因しているそうですね。(この辺あんまり詳しく知りません、違ってたらすみません…)

剛性アップということは路面からの衝撃も増すということなので、空気圧の調整等でうまく衝撃をいなして快適に乗りたいところです。

 

三つ目の特徴としては、見た目がめちゃめちゃカッコよくなります。

バイクによってはゴツく見えたり、戦闘機のように見えたり、見え方はその人次第ですが、とにかくリムハイトがあるとインパクト(迫力)があり、存在感が強くなります。

これを目当てにディープリムを買う人も多いとよく聞きます。

自分も少なからずその中の一人であるということはここだけの秘密・・・(笑)

 

 

そんな感じでディープリムには色々とメリットがありますが、もちろん反対にデメリットもあります。

 

まず、重量が重くなるので登りで不利になります。

山ではリムの軽さがモノをいう世界。

ディープリムのようなリムに重りがたくさんついたホイールだと山を登る時にローハイトなホイールに比べてたくさんの力を必要とします。

ただ、それはアルミクリンチャーのディープリムに当てはまることであり、軽量化を追求してきたカーボンクリンチャーやチューブラータイプのディープリムだと軽量なものが多く、山も平坦もいける万能なメンツばかりです。

 

第二に、たいへん高価であること。

重いホイールというのは本当に進まない。

重量が増してしまうディープリムでは、いかに使えるレベルまで軽量化するかが大事であり、軽量化するために高価な素材をふんだん使って高いリムハイトを成形しています。

そうなると、どうしてもお値段がお高くついてしまうのです(; ・`д・´)

安心できるメーカーから買うとしても、最低でも10万円はかかると思います・・・。

シマノのRS81-C50-CLや先ほどのバレット、レッドウィンド(それぞれ鉄球)だと定価で10万円、海外通販ならタイミングが良ければ8万円付近で買えたはずです。

ちなみに私の買ったレッドウィンドXLRは定価で22万円(笑)  (今の愛車・RIDE4000を完成車で買った時が22万9000円だった事を考えると面白くなってきます(笑))

これを海外通販で買ったらほぼ半額の11万円で買えました(^-^)/

EVANS CYCLESで買ったのは、数ある通販サイトの中で最も安かったからなのです。

 

第三に、横風に弱いということ。

横風が吹くと、もろにハンドルが取られます。

ある程度慣れも必要だと思いますが、フラフラして下手すると大事故にもつながるおそれがあります。

本当に横風には気をつけねばなりません。気をつけようがありませんが。

 

 

そんな感じで、ディープリムにはメリット・デメリットがあるのです。

 

 

さて、ディープリムの長い長い解説を終えたらそろそろホンモノを触ります(;´^_^`)f:id:ikarugasan:20161231235005j:image

まずは重量を測定。(クイックリリース、タイヤ、チューブは無し)

フロント:730g

リア:930g

合計:1660g(シマノフリー)

公称値:1590g(カンパフリー)

公称値に対して70g増。いくらシマノフリーとはいえ、今回は少し重めでした。

 

バルブ穴には振動による音鳴りを防止するキャップ?がついています。f:id:ikarugasan:20170101000235j:image

外すこともできるようです。f:id:ikarugasan:20170101000604j:image

ディープリムで悩んだのがチューブの問題。

リムハイトが高いため、ショップで一般的に売られている60mmロングバルブのチューブでは実は空気が入れられないのです。

(空気入れの先端がつっかえてハマらないのです(;´^_^`)

一般的にリムハイト+15mmはバルブが長くないと空気入れがハマらないんだとか・・・。)

 

方法としては2つ。

1つ目はバルブエクステンダーを使う方法。

バルブエクステンダーとは、短いバルブにアタッチメントのようなものを付けてバルブ長を延長させて空気を入れられるようにするというもの。

2つ目は、80mmという超ロングバルブのチューブを使う方法。

 

1つ目のバルブエクステンダーは、調べると空気を入れる際、漏れて全然空気が入れられずストレスフルだった・・・そんな記事を沢山見かけたのでやめました(;´^_^`)

(バルブエクステンダーに使えるバルブ?も決まっているようで、それだとバルブが限定的になってしまう為やめました)

 

2つ目の80mmバルブについては、単純に超長いバルブを使うというもの。

私は今回コチラの手段を選びました。

ただ、80mmという超ロングバルブのチューブは一般的には売られていません。

通販サイトで買うか、在庫を持っているショップを探す必要があります。

自分の場合、ニコーへ行った際に大量の80mmバルブが置かれているのを発見して「コレだ!」と思い即買いました(笑)

 

買ったのはこれ、ヴェンデスティンという聞いたことのないメーカーのチューブ。f:id:ikarugasan:20170101000634j:image

1本800円と超安い。

他メーカーだとスペシャライズド、シュワルベなどが80mmバルブを展開している。

個人的には、この超ロングバルブは簡単に手に入りさえすればなかなかおすすめです。

長さも測ってみました。f:id:ikarugasan:20170101000621j:imageんん~??

なんか短いような・・・。キャップを付けるとちょうど80mmになりそうな感じです。

もしかしたらこの80mmは、キャップの先端までを含めて80mmと言っているのかもしれません(笑)

 

タイヤは小次郎さんからGF東濃で頂いたコンチ グランプリ4000sからチェンジしてパナレーサー レースA EVO3にしました。f:id:ikarugasan:20170101000650j:image前からちょっと試してみたかったタイヤです。赤いデザインがレッドウィンドともマッチするかなと思って選びました。

グランプリ4000sはこれにて役目を果たして仕事終了です。

その証拠に綺麗な台形ができあがっておりました。

いやはや、全く以て素晴らしいタイヤでした。

色んなタイヤを試してますが、やはり1番いいのはグランプリ4000s2になりそうです(笑)

(4000sであれだけの性能だったのだから、4000s2はさらに良いはず!)

 

はめてみました。f:id:ikarugasan:20170101002413j:imageバルブの長さも凄くいい感じ。

80mmバルブで正解でした。

音鳴り防止キャップはバルブの径にかなりピッタリで作られているような感じで、はめるのにキツキツで苦労しました(笑)

 

いよいよバイクに装備です。f:id:ikarugasan:20170101002719j:imageカカカカッコよすぎる!!!(。>∀<。)b

真横から見ると極太なのに正面から見たら細いというエアロホイールが、バイクにゴツく力強い印象をもたらしてくれます!

 

ニコーまで庄内川を軽く走ってみましたが、スゴイです!このホイール!!

今までだと29km/hくらいの巡航が、31km/hにまで速度が上がる、そんなホイール。

CULT効果なのか速度も全然落ちていかない。

踏めば踏むほどどんどん加速していく、とんでもない力を秘めているような、そんなホイール。

とにかく素晴らしい!!

最高のホイールを手にしたような気分です。

横風についてはこの日はあまり受けなかったのでなんとも言えないが、また風の強い日にインプレしたいと思います。

剛性はやはり想像してたとおりに高めで、路面からの突き上げも結構きます。

ただ、反応性はなかなかいいです。全然重さを感じません。

かといって、かなり軽量で加速が早いというわけでもありません。

 

全体的に、かなりバランスのとれた良ホイールだと感じました。

 

そんな感じで簡単にインプレッション終了。

 

 

ビッグプーリーのように、これからとってもいい相棒になってくれそうです。

 

 

おわり。

 

 

 

ブログ書いてる途中で新年迎えちゃいましたが、また今年もikarugaブログをよろしくお願いしますm(_ _)m

楽しい記事、頑張って書いていきますよ~!(о´∀`о)